リアルタイム閲覧者数:46人
 

つぶれない会社ランキング【就活】

 就活において心配なことは、会社がつぶれないかどうかです。 今は調子がいい会社でも、数年後にはつぶれているかもしれません。 就活ではメーカーが人気ですが、メーカーもつぶれない会社かどうかというと、あやしいところです。 

 

つぶれない会社ランキング

 1位:東京電力、関西電力、中部電力、九州電力、北海道電力、北陸電力、中国電力、東北電力、四国電力、沖縄電力

 電力業界はつぶれないというより、つぶしてはいけない会社ですね。 電力会社同士の食い合いも将来はあるかもしれませんが、各社の政界との強固な結びつきは計り知れません。 というのも、電気がないと生きていけない時代ですから当然です。

 2位:東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガス

 電力会社に比べると少し見劣りしますが、 停電リスクを考慮するとオール電化よりガスコージェネレーションのほうが魅力的だと感じた方も多いのではないでしょうか。 製造業にとって電気とガスは切り離せない重要な基幹産業です。

 3位:大林組、清水建設、鹿島建設、大成建設、竹中工務店など建設大手

 忘れがちなのが建設業です。スーパーゼネコンの他にも、道路、橋梁、河川など様々な会社があるので調べてみましょう。 誰よりも国土に詳しく、災害復旧にいち早くかけつけ、国家をつくる業界です。 公共工事を削減しても、建設業自体をつぶしてしまうともう、家もビルも建ちません。

 4位:新日鉄住金、JFEスチール

 鉄鋼メーカーはあらゆる製造業にとって不可欠の存在です。 これがなくては建設機械も鉄筋コンクリートも自動車もつくれません。 海外鉄鋼メーカーとの争いはありますが、技術力は圧倒的です。

 新日本製鉄と住友金属の合併が認められたように、国は製鉄業を重視しています。 法律を変えてでも守りにくるでしょう。

 5位:三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行

 つぶれないというより、つぶすと国家が崩壊します。 多額のお金を借りるには大手銀行しかなく、また預金者も大勢います。 大手銀行はまずつぶれかかることがありませんが、万が一そうなった場合は国が資金注入をします。

 アメリカでは投資銀行への資金注入をやめましたが、これらの銀行は投資銀行ではありません。 国の血液であるお金を回すのは銀行の役目です。

 6位:JR東海、JR東日本、JR西日本、東京メトロ

 手続きや待ち時間をあまり考慮せず、てっとり早く乗れる鉄道は移動手段として優秀です。 どこでもドアが発明されない限り、速くて安全で安い鉄道が廃れることはないでしょう。 もっとも不採算路線を多く抱える地方JRや、ライバル路線の多い私鉄はわかりませんが・・・

 首都圏が壊滅するだとか、国民すべてが東京に集結するなどしない限り、 私鉄もかなり安定しているでしょう。

 7位:NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、首都高速、阪神高速

 下道では何時間もかかるところを大幅に時間短縮してくれる高速道路は欠かせません。 都会ではあまり感じませんが、ぐねぐねして1台の車が通るのがやっとな山道に高速道路ができると、 利便性は大幅に向上します。大幅な時間短縮は、タイムマシンといっても過言ではありません。 車が空を飛ばない限り、つぶれることはないでしょう。