リアルタイム閲覧者数:41人
 

既卒の就活

 既卒の就活について書いていきます。 現在、既卒を第二新卒として扱うように厚生労働省からお達しが出ています。 つまり既卒でも新卒就活と同様に就活ができるのです。 

 「第二新卒とは言っても新卒と並べられたら第二新卒は落とされるんじゃないか」 という不安があるでしょう。しかし、既卒の就活と就職留年や浪人、留年経験と何が違うのでしょうか。 私の会社には1浪2留、2浪のような人がたくさんいます。

 既卒・留年・浪人と並べて既卒だけが悪いと言える理由があるでしょうか。 いいえ、ありません。

 既卒の就活を始める前に、何かしておくといいと思います。 海外旅行へいく、国内を回る旅に出るなどして、「これがしたかったから卒業しないといけなかった。 でも就職したらこれができないので、新卒のときに就活をしなかった。」 と述べるのです。

 「卒業しなくてもできたんじゃない?」と聞かれたら、 「学生時代は4年間みっちり勉強し、単位を取り終えてから旅行にいくためにアルバイトをしてお金を貯めていました。 親に頼るということはしたくありませんでした。」と述べるのです。

 要は既卒になった理由をしっかり説明できればいいのです。 採用担当者を納得させる理由を作れれば既卒でも問題ないと思います。

 既卒を前提とした就活サイトもあります。 Re就活などがそうですね。既卒でも、一度も就職していなければ新卒として扱うという会社は増えています。 よく考えなくても、大学を卒業したか、来年卒業するかは、仕事ができるかどうかと関係がありません。 先進的な会社ほど既卒か、新卒かは気にしません。

 しかし古い会社への就活では既卒が不利になります。

 

既卒の就活が難しい理由

 なぜ既卒就活難しいのでしょうか。 浪人や留年経験があっても就活が難しいということはありません。 それなのに、既卒だけ新卒と異なり、就活がしんどいと思われているのです。

 既卒の就活がしんどい理由は、普通じゃないというところにあります。 普通の大学生は、大学3年生から就活を始めて大学4年生の間に内定をもらいます。 内定をもらえなかった大学生は公務員試験を受験したり、留年して翌年再度、就活をするのです。

 大学4年生で内定をもらう、あるいは就職留年するのが普通の大学生というわけです。 しかし既卒の場合は大学4年生の間に内定をもらっておらず、さらに留年せずに卒業しているわけです。 普通じゃない大学生です。

 会社の採用担当者にとっては、既卒の就活が難しいことを知りながらあえて既卒になった就活生を怪しく思います。 なぜ就職留年という手段をとらなかったのか、もしくは在学中に内定がもらえない就活生は何か問題があるはずだ、 というわけです。

 就活生に個性を求める一方で、普通じゃない大学生は採用したがらないのです。 いわゆる常識を持っていて、みんなと同じな就活生の自称個性=なんちゃって個性を求める会社の滑稽さが表れています。 個性といえば聞こえがいいので「個性」「個性」というのですが、本当に個性は求めていないのです。

 既卒の就活が難しいのは、大した理由ではないのです。卒業して空白の期間があるのが問題というわけではありません。 「なぜ既卒になったのか」を説明できればいいのです。

 在学中に内定がもらえなかった理由を考えるのはなかなか厳しいものです。 自分を再評価して、何が悪かったのかを述べなければなりません。

 一方で既卒になった理由は簡単です。就職のために留年して学費を払えるほどお金に余裕がなかったといえばいいのです。

 

既卒の就活の方法

 既卒就活をする方法は、卒業年度によって変わります。 まず、今募集している就活生は何年卒でしょうか。2016年卒なら、2014年卒までの就活生は、第二新卒として扱ってもらえます。

 大学を卒業してから、2年間は第二新卒として就活をすることができます。 第二新卒とは、「大学は卒業しているが新卒と同じように扱ってもらえる」制度です。 卒業した瞬間に経験者採用、あるいは中途採用でしか入社できないなんておかしな話ですからね。

 しかし新卒に比べて就職が厳しいのは心得ておきましょう。 会社はわざわざ既卒の就活生を集めなくても、新卒の就活生が入社してくれます。 上で述べたように「普通じゃない就活生」を採用するよりは「普通の就活生」を採用するほうがリスクも少ないのです。

 また、第二新卒で応募するには大学を卒業してから一度も就職したことがないことが必要です。 一度でも就職していたら、もう新卒採用では入社できません。経験者採用、あるいは中途採用です。

 既卒とはいえ第二新卒の資格があるなら、新卒向けの就活でよいのです。 今年度のリクナビ、マイナビを利用し、合同説明会や単独説明会に参加すればよいのです。 既卒のための就活があるわけではありません。

 もちろん既卒を対象とした就活サイトもあります。 しかし、今は第二新卒という制度があるのでわざわざ既卒枠を狙う必要はないのです。 大学生と同じように、学生時代頑張ったことや、志望動機を考えればよいのです。

 一つ異なるのは、既卒になった理由既卒になってから何をしていたかを言えるようにしなければなりません。 既卒になる理由は様々でしょう。就活に失敗した、公務員試験を受けていた、海外留学をしていた等です。 既卒の理由を聞かれた時に、かっこいいことを言いたくなるとは思います。しかし、重要なのはかっこいいことを言うことではありません。

 面接で問われた時にスラスラ言えることが最重要なのです。 既卒になった理由、既卒になってからやったことを整理し、何もしていないと思ったら何かを始めましょう。 ただの空白の期間にしてしまってはいけません。