リアルタイム閲覧者数:25人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】プラントエンジニアリング業界・志望動機など

 日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング、東芝プラントシステム、 日立プラントテクノロジー、三菱重工業、三菱電機プラントエンジニアリング、 東レエンジニアリング、神戸製鋼所、三菱化学エンジニアリング、 JFEエンジニアリング、新日鉄住金エンジニアリング等 

 プラントエンジニアリングとは、簡単に言えば工場を建てる仕事。 日経新聞では頻出なプラントエンジニアリング業界であるが、普通に生活していてまずお目にかかることはない。

・・・というのは思い込みで、実は各種インフラ設備(ごみ焼却による発電、水道設備など) を作っているので、知らず知らずのうちに関わっている業界。

 プラントエンジニアリングは民間相手の仕事ももちろんですが、国や自治体を相手にした仕事も多いです。 まさに社会をつくる業界です。モノづくりを支える業界でもあります。

 バイオプラント、医薬品製造機械、浄水設備、ごみ焼却施設など、工場に設置する機械を民間会社に販売します。 事務系で入社しても技術的な知識は必要になります。

 

プラントエンジニアリングの営業

 プラントエンジニアリング営業は、競争入札により工事を受注するのが仕事。 行政への営業では国土交通省や農林水産省、県庁、市役所などを回って発注予定工事の調査、ヒアリング。 高速道路会社や電力会社、ガス会社、水道局への営業では接待もある。

 海外への営業は、国を相手にするものもあれば日本のODA案件に乗っかる場合もある。 技術系の人とチームを組んで活動する。技術開発の依頼をしたりする。わりと外で働く。 海外勤務では世界中を飛び回る。

 国内営業でも新幹線や飛行機をつかいまくりです。女性社員もちゃんといます。 鉄鋼メーカー系列の場合、リクルーター面接を行っています。回数もとても多く、10回程度行われます。 仕事が非常に忙しい一方で平均年収は高額です。

 行政相手の営業は、私企業への営業と違って「買ってください」と土下座すればいい世界ではないので、 媚びへつらう必要はありません。むしろそういうことは行政にとって迷惑なので、してはいけません。 プライドという点ではかなり恵まれた仕事です。

 電力会社やガス会社、鉄道会社をお客さんにする場合は大変温厚です。というのもお金はお客さんではなく、 国が支払うからです。自分の懐が痛まないので、下請けを叩かなければならないなんてことはありません。 なのであまり叩かれません。

 しかしゼネコン相手の営業は全く別です。 ゼネコンは、プラントエンジニアリング会社がどれだけすごい会社であっても、 「町の工場」のような扱い方をします。金払いもよくありません。ゼネコン相手の営業はしんどいです。

 「官積算」といって、行政が予定価格を決定するために算出している工事価格を当てる作業があり、 営業はこの「積算」で予定価格を当てることで競争入札で工事を受注しようとします。

 

プラントエンジニアリングの技術職

 設計や工場製作はさておき、工事現場に配置される人がもっとも給料が良いです。 工事現場に配置される技術者(監理技術者や現場代理人といいます)は、工事を取り仕切り、職人さんを動かし、時には客先と交渉し、現場のお金の管理をします。 さらに原則として週休1日で、毎日残業の嵐でもあります。その代わり月収は内勤の1.5倍以上になります。

 特に、新入社員の場合は事務系総合職に比べて高専卒で現場配属された人のほうが年収が倍多いなんてこともあります。 これは仕事がキツいこともありますし、その人がいないと会社自体が一切仕事をできないほどだからということもあります。

 設計や製作は残業が多く、家に帰れるのは日付が変わってから、なんて場合もあります。 建設業界はもともと談合が当たり前だったので、少ない人数で仕事をするのが当たり前だったせいもあります。

 今はお金の代わりにオーバースペックなほど高品質を求められるので、仕事も大変です。 多く雇ってしまうと公共事業が少ない時期に苦労するので、社員も少ないままです。

 工場の職人や現場作業員のとび職の方々に的確に指示を出し、事故を避け、 高品質な製品をつくることは大変です。

 国相手の仕事では「技術提案」という制度があり、請負価格を安くする代わりに、 「工事を高品質にしますよ」と技術的な提案をすることで競争入札に打ち勝ち、受注できる可能性が高まるのです。 技術職ではこの技術提案のために新しい技術を開発したり、行政がどんな技術を求めているか探る必要もあります。

 

プラントエンジニアリング業界への就活

 文系学生があまり知らない業界だからか、エントリシート締切りが遅いです。 リク面が非常に多く、全て通過してはじめて1次面接に進めます。 志望者が少ない?説明会も参加人数が少ないです。

 リク面は数をこなさなければならないので、1月中には説明会に参加しなければいけません。 早ければ早いほど有利です。

 プラントエンジニアリング業界は海外展開が前提の業界で、 中東やアジア諸国にプラント設備を建設したり、工場を建設したりします。 そのため英語のスキルはよく問われます。

 TOEICのスコアや英検の資格を持っていると有利ですね。 また、プラントエンジニアリングは建設業に当たりますので、 建設業経理士2級を持っているとウケがいいです。

 というのは、建設業経理士の資格を持っていると経理部に配属されるという意味ではなく、 建設業関係の資格を持っていると、国の会社に対する評価が高まるためです。 この業界ではこの資格を取得することが奨励されます。

 

プラントエンジニアリング業界の志望動機

 プラントエンジニアリング業界の志望動機の例を挙げていきます。

  • インフラ整備に携わり社会に直接貢献できること
  • 世界の現場で活躍すること
  • ダムや橋梁の施工による社会的貢献
  • 企業活動の基盤となる工場の建設にやりがいを感じるため
  • オリンピックなどを控え、日本経済発展の最先端にいること
  • 環境問題と密接に関連し、かつ世界を舞台に仕事ができること
  • 途上国・新興国の経済開発に携わること
  • スケールの大きなプロジェクトに携わること
  • 世界規模で活躍できる環境
  • ダイナミックさと社会への影響の大きさ
  • 地図に残る仕事がしたい

 プラントエンジニアリング業界のビジネスの特徴は、土木や建築に加えて工場建設が得意というものでした。 いろんな工事でも請け負い、下請け会社を取りまとめて工事を円滑に進めます。 ですから、プラントエンジニアリング会社に入社すれば、新たなビジネスの工場や倉庫に貢献できる可能性があります。

 高速道路や国道、県道などの道路建設に加え、河川関係の護岸工事や災害対策の施設など、 国民の命を守る経済基盤を支えるという非常にやりがいのある仕事も同時に携われます。

 ですから、志望動機では「社会インフラをつくる」「人の命を守る」「企業の事業を支援する」 などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 また、キャリアパークでは、 一流企業内定者のエントリーシートが無料配布されています。当然志望動機も載っており、 非常に参考になると思います。ぜひダウンロードしておきましょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」