リアルタイム閲覧者数:51人
 

大手病とは?【就活】

 大手病とは就活を台無しにし、新卒カードを無駄にする精神疾患です。 大手病意味は、大手病にかかった就活生は業界の大企業にしか興味がないことを指します。 大手病にかかると中小企業や中堅企業を回避して就活しようとします。 

 大手病の例は次の通りです。金融なら三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行しか認めない。 家電メーカーならソニー、パナソニックしか認めない。電力会社なら関西電力、中部電力しか認めない。 自動車メーカーならトヨタ、ホンダしか認めない。

 このように、各業界の大企業の中でも特に最大手企業、財閥系企業しか認めない状態を、大手病と表現します。

 大手病にかかる原因は、周囲の目を気にし過ぎなところにあります。 周りから褒められたい一心で勉強を頑張り、有名大学に入学した大学生ほど、 就活では大手病にかかります。

 「マーチを出たのに大手企業じゃない」「旧帝大を出たのに最大手じゃない」 という劣等感にかられたくないがために、大手企業にしかエントリーシートを提出せず、 最終的にどこからも内定をもらえないという事態を招いてしまうのです。

 大手病の就活生の就活の軸は、大企業に内定をもらって自慢したいというものです。 このような就活の軸では大手企業には入社できません。 「ゴールが入社」な就活生は、企業にとって必要ないのです。

 

大手病の基準

 大手病基準を解説します。 大手病は大手企業しか眼中にない状態を言いますが、 大手とはいっても大企業を志望しているからといって直ちに大手病とは言えません。

 大手病基準は、最大手企業以外へ就職することを恥だと考えているかどうかです。

 最大手とは言いましたが、「最大手群」も含みます。 倉庫業界なら三菱、三井、住友、安田の財閥倉庫のみ。保険会社なら日本生命、住友生命、明治安田生命のみ。 ガス会社なら東京ガスか大阪ガスのみ。

 このように会社選びの基準が「人に自慢できるかどうか」になってしまっている場合、 その就活生は大手病だと言えるでしょう。

 一方で「製鉄業界なら高炉メーカーがいい」「化学メーカーなら財閥系がいい」 「ファナック」「安田電機」「東京エレクトロン」「JFEエンジニアリング」のように、 あまり有名でない業界、会社を志望している場合はあまり大手病とは言われません。

 しかしどれも疑う余地のない大企業であり、最大手企業群です。 ここでも会社選びの基準は「最大手企業かどうか」になってしまっており、 「こういう事業がいい」「こういう社風がいい」といった選び方とはかい離しています。

 大手病になってしまうような会社選びの基準は、就活では圧倒的に不利です。 会社は夢を持ち、フレッシュな新入社員を求めています。 「大手がいい!」とだけ思っていても就活は失敗します。

 

マーチの大手病

 マーチは疑う余地のない高学歴な大学群です。 しかし、マーチなどの高学歴な大学生ほど大手病にかかってしまいます。 高学歴の大手病というものは厄介なものです。

 というのも、マーチや旧帝大など高学歴であればあるほど、 「大手企業に入社しなくてはならない」というプレッシャー、あるいは強迫観念が発生するからです。 大手病は「大手企業以外眼中にない」という状態ですので、まさに大手病ですね。

 この「大手企業に入社しなければならない」というプレッシャーは、 勉強を頑張って有名大学に入ったプライド、有名大学に在籍しているプライド、 両親や親戚が「有名大学だから良い会社に入れるだろう」と思っているプレッシャーから来ます。

 しかし各業界の最大手というくらいですから、それほど数があるものではありません。 旧帝大の同じ学年の学生だけで2万人もいるのですから、仮に旧帝大全員が就活をすると、 最大手の採用枠はすべて埋まってしまいます。

 もちろん旧帝大も例外ではありません。就活生は多いですので、 旧帝大を卒業したからといってすべての旧帝大生が最大手群に内定をもらえるわけではありません。

 旧帝大ですらそうなのですから、マーチならなおさらですね。 大手病にかかってしまうとエントリーシートを提出する会社がグッと減り、 持ち駒が少なくなります

 大手病にかかり、就活に失敗すると悲惨です。皆が内々定を得て遊んでいる間も就活をしなければなりませんが、 そのころにはもう大手企業の採用枠は残っていません。 プライドに反して就活をしても、身が入るわけもなくそのまま卒業して既卒になるか、 就職留年をしてもう一年就活することになります。

 昨年の失敗を取り戻すためにまたもや最大手企業ばかり狙い、 また失敗するという繰り返しになってしまいます。

 

大手病の末路

 大手病末路NNT(無い内定)です。 大手企業ばかりをえり好みし、最大手企業群以外に価値はないという極端な判断により、 どこからも内定をもらえないという状態を生み出してしまいます。

 悲惨なことに、大手病を克服しない限り、その年度の就活に失敗するだけでなく、 翌年度の就活にも失敗します。「もう1年就活すれば大手企業に内定がもらえるだろう」というのは甘い考えです。

 ずるずると就職留年するか、既卒になってさらに厳しい就職戦線を戦うことになります。 厳しい就職戦線というだけでなく、年を取るにつれて就職先はなくなっていきます。 こうしてニート状態になり、ますます就職が不可能になっていくのです。

 最終的にたどり着く会社はブラック企業だったり、まともな仕事じゃなかったりと、 大手病の末路は悲惨です。大手病でNNTのまま・・・なんて話もよく聞きます。

 「大手にしか興味がない」などと周囲に吹聴しているようでは、後に就活に失敗してメシウマされるのがオチです。 「大手に価値がある」という思考をやめなければ、大手企業から内定はもらえません。

 先にも述べたように、「大手企業に入りたい」ではなく「○○という仕事がしたい」という熱意をもって就活をするのです。 不思議なことに、大手企業を求めている間は大手企業に内定がもらえません。 大手企業を求めず、したい仕事を求めて就活していると、大手企業から内定がもらえるのです。

 就活のチャンスは短いものです。3月に説明会が解禁されたら即、参加しなければなりません。 4月、5月とスタートが遅れれば遅れるほど難易度は上がります。 海外留学組が帰って来たり、空いていた席が埋まっていったりします。

 そのため中小企業は大手企業の選考が終わってからでいいやと思っていると、 いざ大手企業に全滅したとき中小企業の席すら残っていません。 大手病を克服し、自分のための就活をしましょう。

 

大手病を克服する

 大手病克服しましょう。 大手病の、大手企業以外眼中にないという状態を解消しなければなりません。 大手病にかかってしまうと、克服しない限り内定がもらえる確率は低いままです。

 大手病を克服するには、まずは意識改革です。

 他人に自慢するために就活をしているのでしょうか?

 他人に自慢するという基準は捨てるべきです。 自慢できても、楽しく働ける会社でなければ意味がありません。 人生の満足度は下がる一方です。

 どの会社に入りたいかではなく、どんな仕事をしたいかで会社を選ぶのです。 楽しい会社を選ぶためには会社の雰囲気も知らなければなりませんし、 あらゆる業界、あらゆる会社から選ばなければなりません。

 大手病なら最大手の会社だけ見ていればいいので楽ではあります。 しかし母数が少なければ、自分に合った会社を見つけることなど到底不可能です。

 大手病の克服で、意識改革の次は、いろんな業界を知ることです。 自慢することが基準になっている場合、誰もが知っている有名企業しか選択肢にありません。 それでは就活は成功しません。

 そこで、様々な業界・種類を知り、 良い会社がたくさんあることを知ってください。 これにより持ち駒を増やすことにつながります。