リアルタイム閲覧者数:7人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

就活マナー【就活】

 社会には知らないマナーがあふれています。 そして社会人にとっては常識なので、教える以前にそれがマナーだという認識すらありません。 就活マナーも社会人にとっては空気のようなものです。 

 

就活メール例

 就活では会社宛てにメールを送ることも多いです。 プレエントリーすることで会社にメールアドレスを知らせ、会社は各種案内をメールで送ってきます。 座談会やOB訪問、会社説明会の案内もメールで来る場合があります。

 会社に対して送るメールを送る上でのマナーや例、書き方を解説しています。

 

お礼メール

就活ではお礼のメールを送ることもあります。 お礼のメールを送るのは主に、リクルーター面接の後や、会社説明会の後や、OB・OG訪問の後や、座談会の後です。

 お礼のメールは通常、就活生である自分のために、 社会人が時間を割いてくれたことに対する感謝の意味で書かれます。 「貴重なお話をありがとうございました」と述べるのです。

 

エントリーシート郵送マナー

 就活において、エントリーシートの郵送にあたって、マナーがあるとよく言われます。 エントリーシートは小さく折りたたまずにクリアファイルに入れて、 さらに送付状をつけろと言われることでしょう。

 しかしそのマナーは誰が言いだしたのでしょうか? 就活生はエントリーシート郵送マナーをどこまで守ればいいのでしょうか。

 

会社説明会マナー

 会社説明会マナーとは、就活の会社説明会で守るべきマナーです。 会社説明会マナーを守って、人事担当者に好印象を与えましょう。 逆に会社説明会マナーを守らないと悪印象を与え、悪い意味で名前を覚えられ、書類選考で落とされてしまうかもしれません。

 私が社会人になって初めて知った会社のマナーは、就活生だったころには全く想像もしないようなものばかりでした。 何も知らずに就活をして会社説明会に行くと、思わぬところで人事担当者に嫌われるかもしれません。 ここでは社会人目線で、会社説明会マナーを解説します。

 

電話のマナー

 就活電話マナーについて解説します。 就活の電話は「出れなかった」「留守電が入っていた」「不在着信があった」など、折り返しすることも多いです。 ましてや電話がかかってきてすぐに取った時など、就活の電話対応は緊張するものです。

 就活でも電話のマナーはとても重要です。というのも、電話は相手の顔が見えないからです。 声と言葉だけですべてを伝えなければならないのです。 ここでは社会人の視点から、就活の電話のマナーをあげていきます。

 

マスク着用マナー

 就活マスク着用していいのかどうかは、 よく聞かれる質問です。就活の服装といえばスーツにネクタイ、カバン、革靴、腕時計ですが、 そこにマスクを追加して着用してもいいのでしょうか。

 会社説明会や面接に、マスク着用して参加してもいいのかどうか検討してみました。

 

就活と名刺

 就活に名刺を作る人がいます。これで顔と名前を覚えてもらうなんて聞きます。 果たして就活名刺にそこまで威力があるのでしょうか? 残念ながら大した意味はありません。

 

就活とビジネスマナー

 就活に向けてビジネスマナー研修をやったり、ビジネスマナー本を読んだりする・・・ ぶっちゃけそんな必要はありません。

 

ビジネスマナーができないのは当たり前

 就活生にビジネスマナーがないのは当然のことです。 社会で働いたことがないんですから。

 そんなことは会社の人もわかっています。 1週間の研修で身につくようなものをもっていたところで、 たいした自慢にはなりませんし、評価にもならないでしょう。

 会社の人が新入社員に求めているのは、フレッシュさです。 おっさんだらけでくたびれてきた会社に若い風を起こすのも、 新卒を採用する1つの理由なのです。

 

元気があれば大丈夫

 私は一切ビジネスマナー訓練をしていませんでしたし、周りの友達にもビジネスマナー訓練を受けた人はいません。 共通して言うのは「大きめの声で話した」ということです。

 面接直前に人事の方からアドバイスを受けました。 「声がひっくり返ってもいいから入室するときは大声で『失礼します!』と言え」 そしてドアのノックは3回です。

 あとは面接で大きな声でハキハキと話すだけです。

 これが就活用ビジネスマナーです。

 

就活マナーとは

 就活に限らず社会一般におけるマナーではあるのですが、注意すべきところを挙げていきます。

 

携帯電話はマナーモード

 常時マナーモードです。誰かに着メロを聴かせるというのはマナーに反します。 年配の人だとときどきマナーモードではありませんが、下の人が文句を言えないだけで、 下っ端がマナーモードでなければ怒られること必至です。

 

建物に入るときはコートを脱ぐ

 コートは脱いで腕にかけるのがマナーです。コートだけでなく、マフラーや手袋もとりましょう。 社会人の正装はスーツであって、コートやマフラーではないのです。 就活生も同様に、正装はスーツです。

 

メモをとる

 就活マナーとして最も重要なものです。 上の人は下の人をあまり信用していません。 「本当にこいつ俺の話を聞いているのか?」と思われては困ります。

 記憶力に自信があってメモをとる必要がない人でも、メモをとって聞いているアピールをしましょう。

 

挨拶は立ち止まってする

 タイミングが難しいのですが、歩きながら挨拶をしてはいけません。 すれ違う少し前に立ち止まって、挨拶をしましょう。 これも就活マナーです。

 

電話ではまず名乗る

 いくら相手が非通知でかけてきたからといっても、名前は名乗らないといけません。 知らない番号からかけてきている方が圧倒的に悪いのですが、 名乗らないと「こいつマナーがなってねえな」などと勝手に勘違いされます。

 詐欺電話もよくあるこの時代に事前予告なく知らない電話番号からかけておきながら、 実に勝手なことを言うなと思いますが、就活中は我慢しましょう。

 

便利な言葉:ありがとうございました

 面接が終わって帰るとき、面接官が「お疲れ様でした」と言います。 ここでうっかり「お疲れ様でした」と返してはいけません。 「お疲れ様でした」は、先に帰る人に対して、まだ残る人がかける言葉です。

 就活でも同じです。しかし一緒に働いているわけではないので「お先に失礼します」も違います。 そんなときに便利な言葉があります。「ありがとうございました」です。 全く不自然でなく、就活マナーにも反していません。便利です。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」