リアルタイム閲覧者数:47人
 

就活の基礎知識

 就活基礎知識を習得し、就活の対策を考えていきましょう。 大学受験や定期試験と異なり、就活はかなり「感情」「フィーリング」で決まる部分が多く、運要素が強いです。 就活実態を知り、勘違いしたまま就活しないように対策しましょう。 

 

就活の時期

 就活時期は就活の重要な基礎知識です。 就活は早い者勝ちであり、チャンスはそう多くはありません。 ぼーっとしていると一瞬で時期を逃してしまいます。

 会社説明会が解禁され、リクナビやマイナビなどの就活サイトから会社に個人情報を登録する「プレエントリー」 が可能になるのは大学3年生の3月からです。要は卒業の1年前ですね。 しかし、3月まで待っていたら既に遅れています。

 就活は早い者勝ちです。それは企業にとっても同じことで、いくら経団連の倫理憲章で「3月」と決まっていても、 優秀な学生を囲い込むには「抜け駆け」が手っ取り早い手段です。企業が率先して「抜け駆け」をするのです。 世の中は意外と汚いものです。

 そもそも倫理憲章によると面接は大学4年生の8月まで行ってはなりません。 しかし面接も抜け駆けが多く、面接を行ってはならない5月~7月に「1対1の質問会」と称して実質的な面接を行う企業がたくさんあります。 (リクルーター面接を参照)ルールがあっても、ルール通りに動いていないのが就活なのです。

 ではいつから就活が始まるかというと、大学3年生の6月から始まる夏期インターンシップです。 卒業の2年近く前になりますが、インターンシップで優秀な学生を見つけると、企業はその学生を優先的に採用しようとします。 リクルーター面接に呼ばれたり、一次面接を免除されたりと特典がいっぱいです。

 夏期インターンシップに参加し、活躍することで内定がグッと近づくのです。これに参加しない手はありません。 いくら経団連が「3月」からだと言っても、就活の時期は大学3年生の「6月」からだと認識しておきましょう。

 

会社はウソをつく

 就活基礎知識として、会社はウソをつくということを認識しておきましょう。

 「会社はしっかりした団体で、コンプライアンス(法令遵守)も守っており、 従業員の生活を守り、株主の利益も守り、社会に貢献している素晴らしい人たちだ」 などと思っていてはいけません

 「本音と建前」という言葉があります。思っていることを隠し、心にもないことを言うものです。 会社は「本音と建前」を当然のものとしており、「日本人なら本音と建前くらいあるだろう」と、 「建前」というウソを平気でつきます。

 例えばリクルーター面接。「1対1の質問会」と称し、就活生を喫茶店や会社に呼び出し、社員と1対1で面談を行います。 このとき必ず言われるのが

 「選考とは関係ありません。」

 就活関係のイベントで言われる「選考とは関係ありません」は全て建前です。 会場費用も、リクルーター面接に派遣する社員の人件費も、就活生に電話をかける費用もかかっています。 利益追求団体である会社が、タダで意味もないことをするわけがありません。

 インターンシップでも、会社説明会でも、少人数セミナーも、リクルーター面接も、すべて選考そのものです。 しかし、経団連の倫理憲章で「採用選考は8月から」と決められているため、 「選考とは関係ありません。」とウソをつくのです。この「ウソ」を「建前」と言い換えることで、 いかにも悪いことはしていないかのように振る舞います。

 他にも会社がつくウソはあります。例えば会社説明会。会社説明会の案内メールにときどき書いてあるのが

 「服装自由」

 就活関係のイベントで言われる「服装自由」も全て建前です。 「リラックスしてきてほしいから『服装自由』って書いただけで、本当に私服で来るやつなんかいないよな? 『建前』ってわかるだろう?」というわけです。

 なんと「建前」という名の「ウソ」を就活生にも要求するのです。 しかも「建前」がわからなかった就活生を落とすつもりで書いているのではありません。 「『服装自由』は就活生をリラックスさせるためだけに書いた建前である」ことは当然就活生もわかっている前提なのです。

 「建前」という名の「ウソ」が定着しすぎて、それが世の中の常識であり、 建前がわからない人は常識がないと、会社は思っているのです。 学生の常識からは考えられないことです。

 会社説明会の内容も「本音と建前」があり、人事や社員の言っていることが全て正しいとは限りません。 「風通しの良い社風です」はたいていウソですし、「女性の働きやすい職場環境です」もだいたいウソです。 「大学名は関係ありません」は完全にウソです。残業や休日出勤のことは聞いても教えてくれませんし、給料の話はむしろNGです。

 就活基礎知識として、会社はウソをつくことは覚えておいてください。 会社の言うことをすべて鵜呑みにしてはいけません。

 

学歴フィルターはある

 就活基礎知識として、学歴フィルターはあることを覚えておきましょう。 よく「学歴は関係ない」と言われることがあります。人事も「大学名に関係なく採用しています」と言います。 しかしこれも「建前」という名のウソです。

 大企業や有名企業には何千通という履歴書(エントリーシート)が届きます。 これら全てに目を通している時間はありません。人事部の採用担当者は2~5人程度しかいないのが普通です。 大学名を見ただけでエントリーシートを捨てるのが手っ取り早いため、当たり前に行われています。

 採用担当者が面接に呼ぶ学生を決めるときは当然、上司である人事部長に報告します。 人事部長に「面接に呼ぶ理由」を説明するとき、極端な話、東大生なら説明がしやすいのですが、 無名の大学だと説明に苦労するんですね。

 誰が見ても「優秀だ」と納得できるのはやはり「大学名」です。 エントリーシートは添削してもらっている可能性がありますし、 筆記試験をWEBで行っている場合は替え玉受験だって考えられます。 しかし、東大生なら「優秀だろう」と推定してもらえるのです。

 人事も手間暇かけて無名の大学の学生を上司に推薦している余裕はありません。 高学歴な学生を推薦すればすぐに終わり、別の仕事にとりかかれるのです。

 一方、学歴が高ければ就活に有利というわけでもありません。

 逆学歴フィルターがあるからです。

 優秀な学生を集めるため一定未満の大学を弾くのが「学歴フィルター」ですが、 「逆学歴フィルター」は一定以上の大学を弾きます。 一見不思議なフィルターですが、人事部の採用担当者の気持ちになってみればわかります。

 採用するということは、後輩を選ぶということです。 自分より優秀な後輩が入ってきたら、自分の立場はどうなってしまうでしょうか。 優秀な東大卒の後輩は、自分の指示に従ってくれるでしょうか。

 また、優秀な学生が本当に自分の会社に入社してくれるでしょうか。 本当はもっと良い会社を目指していて、面接の練習台として受験しているだけではないでしょうか。 内定を出したのに辞退されてしまっては「なぜ見極められなかったんだ」と上司に怒られます。 不安はいっぱいです。

 そうです。採用担当者は「自分の出世を脅かさない、自分よりちょっと能力が低いくらいの学生」 がほしくなって当然なのです。あんまり学歴が高いと遠慮してしまったり、 「どうせ余所の会社にいくんでしょ」と思ったり、「自分の地位を脅かす」と危険視したりするのです。

 学歴フィルターは確かに存在しますが、学歴フィルターは必ずしも高学歴ばかりが得をする制度ではありません。 注意しておきましょう。

 

就活には就職活動の軸が必須

 就活には、就職活動の軸が必須なことも、重要な基礎知識です。 毎年多くの就活生が「就職活動の軸」を持っていないためにエントリーシートや面接で落とされてきています。 さて、「就職活動の軸」とは一体なんでしょうか。

 就職活動の軸とは、「将来の夢」のことです。 会社は「過去」「現在」「未来」の「一貫性」がある学生を採用したがるのです。

 突然出てきた「過去」「現在」「未来」の「一貫性」ですが、 なぜこれがある学生を採用するのでしょうか。

 新卒採用マニュアル本にそう書いてあるからです。

 エントリーシートには「学生時代頑張ったこと(過去)」「入社して挑戦したいこと(未来)」 を書かされ、面接では「短所を克服しようとしている話(現在)」を問われます。 すべて「将来の夢(就職活動の軸)を実現するため」という一貫性が必要です。

 「将来の夢を実現するためにその会社で働かなければならない」なんて人はまず、いませんし、 そもそも将来の夢が定まっていない学生の方がほとんどです。 会社からの質問に正直に答えていたら落ちるなんてあんまりです。

 その意味では、人事の採用担当者が読む「新卒採用マニュアル本」を就活生が読むのは有効です。 採用担当者が何を考えながら質問をしているのか、何を答えてほしいのかまるわかりです。

 

 特に大企業や有名企業への就職を目指す学生には、就職活動の軸が必須です。 この「一貫性」を問わない大企業はほぼ、ありません。

 できればインターンシップの申し込みが始まる大学3年生の春までには「就職活動の軸」を決めておきたいものです。 遅くともエントリーシートを書く時期には就職活動の軸から、「学生時代頑張ったこと(過去)」「入社して挑戦したいこと(未来)」 「短所を克服しようとしている話(現在)」の3つを準備しておかなければなりません。

 「一貫性」を求められるなんて学生は知りませんし、前述の「本音と建前」「就活の時期」も知ったこっちゃありません。 それでも会社は当然のように、学生に要求します。

 知らない学生は会社の言うとおりにして不採用となり、 就活の基礎知識を備えている学生は会社のウソを見抜き、見事に内定を勝ち取っていくのです。 就活基礎知識を備えておくかどうかでかなり差がつきますね。