リアルタイム閲覧者数:47人
 

文系と理系の就活の違い

 文系就活理系就活違いはなんでしょうか。 「文系でも理系でも大卒なら同じだろう」という考えは誤りです。文系と理系では就活も違いますし、就職してからも違います。 

 

文系の就活

 文系就活はイメージ通りの就活です。就活開始と同時に会社説明会に参加し、 エントリーシートを書いて郵送し、筆記試験か、WEBテストを受験します。ESと筆記試験(WEBテスト)という書類選考に通過すると、 面接が始まります。

 文系は理系と違い、大学で学んできたことが直接仕事に役立つわけではありません。 たいていの場合、大学で学んできたこととは関係のない業界へ就職し、 その業界のことを一から勉強しなくてはなりません。

 そのため大学の勉強を就活でアピールするには向きません。 経済学をやっていたとしても、入社すると関係がありませんし、 法学を学んでいたとしても、法務部に配属されたら活躍できる!というわけではありません。

 そのため文系の就活では、熱意人柄コミュニケーション能力といった、 曖昧なものをアピールしなければなりません。「即戦力」や「今すぐ役立つ人材」ではなく、 「将来性バツグン」というように自分をアピールしなければならないのです。

 文系と理系の大きな違いは、スキルがあるかどうかです。文系は大学で就職のために勉強してきたわけではありません。 就職してから役立つスキルはほぼゼロです。文系の就活は「今」ではなく「将来」について、会社に投資をしてもらうのです。 他の就活生に打ち勝って内定をもらうためには、大学の勉強ではなく、自分の将来性を示す必要があります。

 ここまで聞くと、「文系より理系のほうがよかった」と思う人もいます。 しかし、逆に「スキルがない」ことは文系のメリットでもあります。

 スキルがないために、どの業界でも選べるというのが文系の就活の特徴です。 銀行でも、保険会社でも、メーカーでも、製薬会社でも、建設会社でも、好きな就職先を選ぶことができます。

 その代わりに人気企業には文系の就活生が集中し、ライバルが増えて就活戦線は厳しくなります。 メーカーやインフラでは定員30名という会社が多いですが、 何千人、何万人という就活生を相手に、たった30人の席を争わなければならないのです。

 

理系の就活

 理系就活は少しイメージが違います。会社説明会やエントリーシートといったところでは同じなのですが、 筆記試験は理系専用に問題が用意されていたり、理系専用の会社説明会があったりします。 エントリーシートの設問も、大学での研究内容を書くスペースが大きめにとってあります。

 面接もただの面接ではなく技術面接というものがあります。 3分~10分程度で大学での研究内容を発表する面接であったり、技術的な知識を問われる面接だったりします。 もちろん技術面接の面接官は、技術系社員です。

 理系は文系と違い、大学で学んできたことが仕事に直結します。 入社してすぐに設計部や生産管理部などに配属され、図面を見ながら仕事をすることになります。 技術的な知識、能力が備わっているかどうかが重視されるのです。

 理系の学生が技術的にどれくらいすごい技術者なのかを測るには、筆記試験や、 研究発表もありますが、最も重視されるのは学歴です。

 文系とは違い、理系の就活の場合は研究室に求人票や、推薦が届きます。 理系は教授にさえ認められれば推薦を使うことができ、教授の力で大企業に入社できたり、 面接が免除されたりといろんな恩恵を受けることができます。

 しかし、推薦というメリットを受けるには、有名大学でなければなりません。 旧帝大の理系の研究室にはトヨタやホンダなど名だたる大企業の推薦が届きます。 富士フイルムやソニー、パナソニックなど有名企業の推薦があふれ、推薦枠が余ってしまうほどです。

 推薦は教授の力によります。教授が大企業とつながりがあり、大企業と共同研究をしている場合や、 大企業のほしがる技術について研究している研究室ほど推薦が集まってきます。

 難関大学の理系でも理学部化学科や工学部機械科、電気科などでは、特に就活をしなくても、 企業の方からアプローチをかけてくるという場合もあります。

 旧帝大でない場合でも、理系だとスキルがあるので即戦力ほどではないにしても、 企業が理系に内定を出すには十分な理由があります。 同じ大学の文系に比べて有名企業、優良企業に就職しやすいのが理系の就活の特徴です。

 

文系と理系の就活の違い

 文系就活理系就活違いは、 就活の難易度にあります。文系が通常3回の面接を受けてようやく内定を得るのに対し、 理系の面接は1回~2回程度です。

 文系がリクルーター面接で必死に自己PRをしている間に、理系はリクルーター面接で技術力をアピールし、 すぐに本番の面接の約束を取り付けたり、「君には内定を出すよ」と握手を求められたりしているのです。

 文系が「学生時代頑張ったこと」を考えている間に、理系は研究成果を発表し、 また大学の研究に戻るのです。

 理系は文系に比べ、就活にかける時間が圧倒的に短いです。 理系は基本的に自分の研究と同じ業界しか志願することができません。 そのため1つの業界で推薦を持っていって即内定、そうでなくても1つの業界で数社受ければ、 どこかからか内定をもらえるのです。

 文系の場合、研究内容は就活にはあまり使えませんし、いろんな業界を受けて向いている業界を探さなくてはなりません。 理系が5社くらいにエントリーシートを提出し、内定をもらう間に文系は20社~30社ほどエントリーシートを提出しなければなりません。

 また文系の就活と理系の就活では、アピールすることも違います。 文系は自分の将来性をアピールするために、熱意や人柄をアピールします。 一方で理系は専門をどれくらい極めているかをアピールするのです。

 文系の研究は仕事に直結せず、理系の研究は仕事に直結します。 理系はエントリーシートに書く内容がほぼ決まっており、自分の研究について書けばいいのですが、 文系の場合は業界ごと、会社ごとに書く内容を考えなくてはなりません。

 理系は研究というテーマがありますが、文系には「学生時代頑張ったこと」という広範で一般的なテーマしかないためです。

 文系の場合、コミュニケーション能力をみるためにグループディスカッションが課されますが、 理系の場合はグループディスカッションはそれほどありません。最初から1対1の面接、あるいはグループ面接からのスタートです。

 そもそも理系は文系に比べて人口が少なく、就活でライバルとなるのは同じ研究をしている学生だけです。 就活戦線も文系ほど厳しくはありませんし、推薦を受けられれば内定する確率はグッと上がります。

 

文系の就活は厳しい

 文系就活厳しいです。 推薦もなければ、研究内容も就活では役に立たないからです。 理系が大学の勉強を就活に使える一方で、文系は「熱意」「コミュニケーション能力」など、大学の勉強とは関係のない能力を要求されます。

 そのため性格が会社に合っていれば、学歴がすごくなくても内定が出ます。 逆に、学歴がすごくても性格が合わなければ内定が出ません。

 何十社もエントリーシートを提出し、何度も何度も面接を受けて「お祈り」されなければなりません。 エントリーシートは書くだけでかなり労力がかかるというのに、 面接すら受けられずに落選・・・ということがとても多いのです。

 精神的にもストレスがたまりますし、疲れます。 周りの理系の就活生が次々に有名企業から内定をもらっていく間、 文系の就活生は耐えなければなりません。

 会社にとって、何が何でも必要な社員は技術系の社員であり、理系の就活生です。 文系の仕事は理系にもできますが、理系の仕事は理系にしかできないのです。

 最近では理系が文系就職することも珍しくありません。 理系の文系就職とは、理系が営業や経理、人事などに就職することです。 文系の敵な文系だけでなく、理系すらも敵なのです。

 文系の少ない席を、理系と取り合わなければなりません。 文系が理系に打ち勝ち、内定をもらうためには理系の技術力以上にアピールできるものがないといけません。

 エントリーシートの内容を練りに練って、「さすが文系」と思わせるような文章を完成させる必要があります。 就活にかかる労力は理系より、文系のほうが圧倒的です。