リアルタイム閲覧者数:53人
 

就活アドバイス

 就活をするあなたにアドバイスをします。 「就活が不安だ」「就活で悩んでいる」という方はぜひ、このアドバイスを読んでください。 どうすれば就活が成功し、内定をとれるのでしょうか。 

 

就活で一番大事なのは「将来の夢」

 就活で一番大事なのは「将来の夢」です。 学歴でも学部でも海外留学でもありません。将来の夢です。就活ではカッコつけて「就職活動の軸」などとも呼ばれます。 これをまず確定させることが、就活成功の道筋です。

 なぜあなたは働くのでしょうか。多くの方は「生活費のため」だと思います。切実な問題ですね。 しかし、働く理由の本質は「生活費」ではないはずです。ただ家に住み、三度の食事をとるためだけなら、 なにも1日8時間(あるいはそれ以上)、週5日勤務なんて必要ないからです。

 それでもフリーターや自営業の道を選ばず就職するのですから、何か理由がほかにもあるはずです。

 「欲しい車がある」「お金のかかる趣味がある」「誰かに自慢したい、認められたい」 「安定した生活を手に入れたい」「お金の心配をしなくてよくなりたい」「高層マンションに住みたい」 「犬を飼いたい」「東京で暮らしたい」「海外で暮らしたい」

 など、様々な欲求があるはずです。それを恥ずかしがる必要はありません。 一度しかない人生です。我慢せず、自分の欲望に忠実になって考えてみましょう。 それが将来の夢です

 これをしっかり考えていなければ、説得力のあるエントリーシートは書けませんし、 だいいちうまく就職できたところで「いやな仕事」ばっかりしていても精神が壊れてしまいます。 「将来の夢」を達成すべき目的として、そのために何が必要なのかを考えます。

 採用活動をする会社側も、あなたの「将来の夢」に関心を持っています。 なぜなら、「目的をもって一生懸命働いてくれる社員」がほしいからです。 そして、思考力の深さや知性を見られています。つまりは自分のことをどれだけ理解しているかです。

 就職活動の軸で詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

 

プレエントリーは最低50社!

 「将来の夢」を実現できそうな会社はどれくらいあるでしょうか。 そうです。さっぱりわかりません。世の中には無数の会社があり、どの会社が自分の夢の実現にあっているかなんて、 外からみているだけではわからないからです。

 プレエントリーは、「数打ちゃ当たる」の段階です。会社の中身を詳しく見て、 選考を受けるかどうかを決めるのは次の段階です。プレエントリーは手あたり次第に行うべきです。 「プレエントリーをして、会社説明会に参加しない」ということはできますが、 プレエントリーをしなければ決して次のステップに進むことはないからです

 理想を言えば全世界のあらゆる会社にプレエントリーしたいところです。 しかし、就活の時間は1年もありません。短期間であらゆる会社を見て回り、最良の会社を選ぶなんて不可能です。 ですから、現実的にプレエントリーが可能な数には限界があります。

 プレエントリーの数は、最低50社です。

 多くの就活生はだいたい50社にプレエントリーし、その中の20~30社の選考を受けて、 1~2社から内定をもらいます。少なくとも50社はプレエントリーしないと、 選ぶほど内定をもらえないというのが実情です。

 就活がうまくいかない人は、プレエントリーでつまづいています。 「有名企業じゃないから」「就職偏差値が低いから」「メールが来すぎて埋もれそうだから」 などのくだらない理由でプレエントリーを控えていませんか?

 会社が有名かどうかと、将来の夢の実現はまったく関係がありません。 就職偏差値などはしょせん、大学生が掲示板に書き込んでいるだけのものです。これも将来の夢とは関係がありません。 そして、就職すればどうせ1日20~50通のメールを毎日読むことになります。それくらいすぐ慣れますし、慣れなければなりません

 プレエントリーで詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

 

会社説明会の意義がわからない

 多くの就活生は、会社説明会に「ただなんとなく」参加しています。 中には「スタンプラリー」と勘違いして、参加した数それだけに価値があると思い込んでいる人もいます。 目的をもって会社説明会に参加しないと、ただの時間の無駄です。

 会社説明会は、その会社が自分の将来の夢の実現に適した会社かどうかを見極める、 就活生が行う会社の面接です。会社説明会では、あなたが会社を選ぶ立場です。 将来性の高い企業かどうか、どんな目的をもっている企業なのか、 その企業が目指す世界観は何か、自分の興味のあるビジネスを行っているかどうかなど、見るところはたくさんあります。

 会社説明会での質問も、ただ目立てばいいという話ではありません。目立つために質問をするのではなく、 「自分の将来の夢の実現にその会社があっているかどうか」を見極めるために質問しましょう。 「質問加点」などありません。会社側も大量に押し寄せる就活生の1人1人を見ている余裕はありません。

 会社説明会は「会社へ好印象を与えるために参加する」「みんなが参加しているから参加する」のではなく、 「その会社が選考を受けるに値するかどうかを見極める」ために参加しなければなりません。

 そういう意味では、合同説明会は非常に有用です。 1つの会場に多数の会社が集っているのですから、1日で10社の説明を受けることも可能です。 興味のある会社、ない会社にかかわらず多数の会社の説明会を受けて、自分にふさわしい会社を見つけることができるのです。

 「会社の知名度」や「就職偏差値」「めんどくさい」に惑わされず、どんどんあなたが会社を面接してまわりましょう

 

エントリーシートが書けない

 エントリーシートの作成につまづいて、エントリー数が少ない就活生が見受けられます。 20~30社ほどにエントリーシートを提出するのが標準ですが、理想を言えば50社でも100社でも足りないくらいです。 ではどうやってエントリーシートを書けばよいでしょうか。

 まず、エントリーシートは就活前から準備しておきましょう。 というのも、エントリーシートの内容はどの会社でもだいたい同じだからです。 エントリーシートの内容は以下の通りです。

 どの会社でもだいたいこの4つです。この中で、「志望動機」以外は就活前でもつくることができます。 「将来の夢」「学生時代頑張ったこと」「長所と短所」さえつくっておけば、 あとは志望動機を書き換えるだけでエントリーシートの大量生産が可能です。

 志望動機も「将来の夢の実現のためになるかどうか」を軸に考えれば、毎回イチから考えるよりよっぽど簡単です。 各項目の書き方、考え方はそれぞれのページで解説していますので、そちらを参照してください。

 

エントリーシートが通過できない、面接が通過できない

 最大限エントリーシートを完成させた上で面接に到達できれば、後は縁です。 面接に正解はありません。相手の質問の趣旨を理解し、その趣旨に応じた返答をするだけです。

 残念ながら落ちてしまった場合は、逆に入社していたら周囲の社員と気が合わず 残念な40年を過ごすことになっただろうと考えましょう。 面接で嘘をついて内定をもらってしまったら40年間にわたる残念な生活が待っているということです。

 また業界絞り、業界決定はあまりオススメしません。 自分では金融業界に向いていると思っていても 実はその会社だけでなく業界自体に向いていない場合もあります。

 その業界で働いたことなんてないのだからこういうことはあって当然です。 落ちたからと言って悲観する必要はありません。想像とは異なる業界だったということです。

 しかしその時、業界を絞っていたら悲惨なことになります。全落ちです。 不親切なことに説明会ではたいてい会社のいいところしか語ってくれません。 その業界に向いているかどうかは業界人に判断してもらうしかないのです。 いろんな業界の会社の面接を受けて、判断してもらいましょう。

 コミュニケーション能力で悩む就活生も多いです。 緊張するのは当たり前です。多少アガってしまうのは構いません。 そんなことは仕事してるうちによくなります(某インフラ企業の採用担当の方談)。

 「緊張してる?」→「第一志望なのですごく緊張しています!!」とか言ってもいいんじゃないかと思います。 コミュ力で大事なことは、大きな声で話すことと、話をよく聞くことです。 就活生がしがちなコミュニケーション上の失敗は、「面接官の話を聞いていない」ということです。

 良く思われたいがためにいろいろ言いたくなりますが、言いたいことを言う時間はあとで用意されています。 自分を良くアピールしたい気持ちは抑えて、質問内容をしっかり理解して、その内容に沿って答えましょう。

 コミュニケーション能力についても専用のページを用意していますので、 そちらを参照してください。