リアルタイム閲覧者数:18人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就活アドバイス

 就活をするあなたにアドバイスをします。 「就活が不安だ」「就活で悩んでいる」という方はぜひ、このアドバイスを読んでください。 どうすれば就活が成功し、内定をとれるのでしょうか。 

 

就活で一番大事なのは「将来の夢」

 就活で一番大事なのは「将来の夢」です。 学歴でも学部でも海外留学でもありません。将来の夢です。就活ではカッコつけて「就職活動の軸」などとも呼ばれます。 これをまず確定させることが、就活成功の道筋です。

 なぜあなたは働くのでしょうか。多くの方は「生活費のため」だと思います。切実な問題ですね。 しかし、働く理由の本質は「生活費」ではないはずです。ただ家に住み、三度の食事をとるためだけなら、 なにも1日8時間(あるいはそれ以上)、週5日勤務なんて必要ないからです。

 それでもフリーターや自営業の道を選ばず就職するのですから、何か理由がほかにもあるはずです。

 「欲しい車がある」「お金のかかる趣味がある」「誰かに自慢したい、認められたい」 「安定した生活を手に入れたい」「お金の心配をしなくてよくなりたい」「高層マンションに住みたい」 「犬を飼いたい」「東京で暮らしたい」「海外で暮らしたい」

 など、様々な欲求があるはずです。それを恥ずかしがる必要はありません。 一度しかない人生です。我慢せず、自分の欲望に忠実になって考えてみましょう。 それが将来の夢です

 これをしっかり考えていなければ、説得力のあるエントリーシートは書けませんし、 だいいちうまく就職できたところで「いやな仕事」ばっかりしていても精神が壊れてしまいます。 「将来の夢」を達成すべき目的として、そのために何が必要なのかを考えます。

 採用活動をする会社側も、あなたの「将来の夢」に関心を持っています。 なぜなら、「目的をもって一生懸命働いてくれる社員」がほしいからです。 そして、思考力の深さや知性を見られています。つまりは自分のことをどれだけ理解しているかです。

 就職活動の軸で詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

 

プレエントリーは最低50社!

 「将来の夢」を実現できそうな会社はどれくらいあるでしょうか。 そうです。さっぱりわかりません。世の中には無数の会社があり、どの会社が自分の夢の実現にあっているかなんて、 外からみているだけではわからないからです。

 プレエントリーは、「数打ちゃ当たる」の段階です。会社の中身を詳しく見て、 選考を受けるかどうかを決めるのは次の段階です。プレエントリーは手あたり次第に行うべきです。 「プレエントリーをして、会社説明会に参加しない」ということはできますが、 プレエントリーをしなければ決して次のステップに進むことはないからです

 理想を言えば全世界のあらゆる会社にプレエントリーしたいところです。 しかし、就活の時間は1年もありません。短期間であらゆる会社を見て回り、最良の会社を選ぶなんて不可能です。 ですから、現実的にプレエントリーが可能な数には限界があります。

 プレエントリーの数は、最低50社です。

 多くの就活生はだいたい50社にプレエントリーし、その中の20~30社の選考を受けて、 1~2社から内定をもらいます。少なくとも50社はプレエントリーしないと、 選ぶほど内定をもらえないというのが実情です。

 就活がうまくいかない人は、プレエントリーでつまづいています。 「有名企業じゃないから」「就職偏差値が低いから」「メールが来すぎて埋もれそうだから」 などのくだらない理由でプレエントリーを控えていませんか?

 会社が有名かどうかと、将来の夢の実現はまったく関係がありません。 就職偏差値などはしょせん、大学生が掲示板に書き込んでいるだけのものです。これも将来の夢とは関係がありません。 そして、就職すればどうせ1日20~50通のメールを毎日読むことになります。それくらいすぐ慣れますし、慣れなければなりません

 プレエントリーで詳しく解説していますので、そちらを参照してください。

 

会社説明会の意義がわからない

 多くの就活生は、会社説明会に「ただなんとなく」参加しています。 中には「スタンプラリー」と勘違いして、参加した数それだけに価値があると思い込んでいる人もいます。 目的をもって会社説明会に参加しないと、ただの時間の無駄です。

 会社説明会は、その会社が自分の将来の夢の実現に適した会社かどうかを見極める、 就活生が行う会社の面接です。会社説明会では、あなたが会社を選ぶ立場です。 将来性の高い企業かどうか、どんな目的をもっている企業なのか、 その企業が目指す世界観は何か、自分の興味のあるビジネスを行っているかどうかなど、見るところはたくさんあります。

 会社説明会での質問も、ただ目立てばいいという話ではありません。目立つために質問をするのではなく、 「自分の将来の夢の実現にその会社があっているかどうか」を見極めるために質問しましょう。 「質問加点」などありません。会社側も大量に押し寄せる就活生の1人1人を見ている余裕はありません。

 会社説明会は「会社へ好印象を与えるために参加する」「みんなが参加しているから参加する」のではなく、 「その会社が選考を受けるに値するかどうかを見極める」ために参加しなければなりません。

 そういう意味では、合同説明会は非常に有用です。 1つの会場に多数の会社が集っているのですから、1日で10社の説明を受けることも可能です。 興味のある会社、ない会社にかかわらず多数の会社の説明会を受けて、自分にふさわしい会社を見つけることができるのです。

 「会社の知名度」や「就職偏差値」「めんどくさい」に惑わされず、どんどんあなたが会社を面接してまわりましょう

 

エントリーシートが書けない

 エントリーシートの作成につまづいて、エントリー数が少ない就活生が見受けられます。 20~30社ほどにエントリーシートを提出するのが標準ですが、理想を言えば50社でも100社でも足りないくらいです。 ではどうやってエントリーシートを書けばよいでしょうか。

 まず、エントリーシートは就活前から準備しておきましょう。 というのも、エントリーシートの内容はどの会社でもだいたい同じだからです。 エントリーシートの内容は以下の通りです。

 どの会社でもだいたいこの4つです。この中で、「志望動機」以外は就活前でもつくることができます。 「将来の夢」「学生時代頑張ったこと」「長所と短所」さえつくっておけば、 あとは志望動機を書き換えるだけでエントリーシートの大量生産が可能です。

 志望動機も「将来の夢の実現のためになるかどうか」を軸に考えれば、毎回イチから考えるよりよっぽど簡単です。 各項目の書き方、考え方はそれぞれのページで解説していますので、そちらを参照してください。

 

エントリーシートが通過できない、面接が通過できない

 最大限エントリーシートを完成させた上で面接に到達できれば、後は縁です。 面接に正解はありません。相手の質問の趣旨を理解し、その趣旨に応じた返答をするだけです。

 残念ながら落ちてしまった場合は、逆に入社していたら周囲の社員と気が合わず 残念な40年を過ごすことになっただろうと考えましょう。 面接で嘘をついて内定をもらってしまったら40年間にわたる残念な生活が待っているということです。

 また業界絞り、業界決定はあまりオススメしません。 自分では金融業界に向いていると思っていても 実はその会社だけでなく業界自体に向いていない場合もあります。

 その業界で働いたことなんてないのだからこういうことはあって当然です。 落ちたからと言って悲観する必要はありません。想像とは異なる業界だったということです。

 しかしその時、業界を絞っていたら悲惨なことになります。全落ちです。 不親切なことに説明会ではたいてい会社のいいところしか語ってくれません。 その業界に向いているかどうかは業界人に判断してもらうしかないのです。 いろんな業界の会社の面接を受けて、判断してもらいましょう。

 コミュニケーション能力で悩む就活生も多いです。 緊張するのは当たり前です。多少アガってしまうのは構いません。 そんなことは仕事してるうちによくなります(某インフラ企業の採用担当の方談)。

 「緊張してる?」→「第一志望なのですごく緊張しています!!」とか言ってもいいんじゃないかと思います。 コミュ力で大事なことは、大きな声で話すことと、話をよく聞くことです。 就活生がしがちなコミュニケーション上の失敗は、「面接官の話を聞いていない」ということです。

 良く思われたいがためにいろいろ言いたくなりますが、言いたいことを言う時間はあとで用意されています。 自分を良くアピールしたい気持ちは抑えて、質問内容をしっかり理解して、その内容に沿って答えましょう。

 コミュニケーション能力についても専用のページを用意していますので、 そちらを参照してください。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」