リアルタイム閲覧者数:28人
 

【就活】この会社に入って挑戦したいこと

 この会社に入って挑戦したいことは、エントリーシートに頻出のお題です。 志望動機や自己PRと密接に関連しており、「学生時代頑張ったこと」「なぜこの会社を選んだのか」 とセットで出題されることも多いです。このページでは、この会社に入って挑戦したいこと書き方について解説します。 

 

「この会社に入って挑戦したいこと」とは?

 「この会社に入って挑戦したいこと」とは、就活生の未来の理想像を問われる設問です。

 就活では、「将来の夢」(就職活動の軸)が重要であると述べてきました。 会社は就活生の「将来性」を判断するにあたって、「就活生の将来の夢に対する一貫した姿」をエントリーシートで評価するのです。 「ただなんとなく」入社する人より「将来の夢の実現のために」入社する人のほうがバリバリ活躍してくれるからです。

 「学生時代頑張ったこと」は、「将来の夢」に対して自分が今まで何をしてきたか(過去)、 「長所や短所」では、「将来の夢」の実現に対する今の自分の状況(現在)、 そして「この会社に入って挑戦したいこと」では、就活生の将来の夢(未来)を具体的に書くのです。

 もしまだ「将来の夢」をじっくり考えていない場合は、就職活動の軸を参照してください。 ※「就職活動の軸」とは、「将来の夢」を指す就活用語です。

 「この会社に入って挑戦したいこと」は難問のように見えますが、難しく考える必要はありません。 あなたが将来的に「こんな社会になったらいいな」と思うことを会社のビジネスと結び付ければいいのです。

 よくこの設問に「就職活動の軸」を絡めずに書いてしまう人がいます。 「経理部で活躍したい」「人事部で活躍したい」のようにあいまいなことを書き、 「配属希望」のように書いてしまう人もいます。

 しかしこれらは間違いで、会社のビジネスを通じて実現したい理想の社会を想像するのがメインです。

 一方で会社側は「この会社に入って挑戦したいこと」で何を評価しているのでしょうか。

 それは、「あなたの理念」と「会社の理念」が一致・類似しているかどうか、 つまりは「あなたと会社の気が合うかどうか」です。

 将来の夢そのものの面白さや有益性は関係ありません。 ここでは「どれだけ情熱的にビジネスに携わるか」をアピールします。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の例

 「この会社に入って挑戦したいこと」は、「就職活動の軸」と「会社のビジネス」を絡めて書かなければなりません。 まずは就職活動の軸から、実現したい社会を考えてみましょう。 会社のビジネスについては、MY企業研究でも解説しています。

 「就職活動の軸」が「お金持ちになりたい」な場合、もう少し掘り下げて考えてみましょう。 「お金持ちになる」のは何か目的があるはずです。例えば「楽な生活がしたい」などですね。 では、「楽な生活」とはなんでしょうか。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」に行きつきますね。 これを会社のビジネスで実現する未来を考えてみましょう。

 「この会社に入って挑戦したいこと」の業界別の例はこうなります。

  • 自動車メーカー:眠ったまま目的地に連れて行ってくれる自動運転を実現する
  • 電機メーカー:脳波を読み取って家事をしてくれるロボットをつくる
  • 家電メーカー:食材を勝手に数えてアマゾンで注文してくれる冷蔵庫をつくる
  • 通信業界:これらを実現するIoTを各業界に広めていきたい

 「楽な生活」を実現する別の手段を考えてみましょう。 例えば「財布の小銭を出すのがめんどくさい」

  • クレジットカード業界:「iD」を広めてキャッシュレス社会を実現する
  • 銀行:タッチで決済できるデビットカードをつくる
  • 小売店:自動ドアで商品をスキャンしてレジのないお店をつくる

 ここでは実現可能性は考えません。法規制があるとか、技術的制約があるとか、あまり儲からなさそうとか、 そういったことは実際にビジネスとして本格化するときに考えることです。 「常識」を抜きにした柔軟な発想こそが社会にイノベーションを引き起こすのです。

 そして会社が期待しているのは「新たなビジネスの発想」ではなく、「会社と気が合う就活生」であることにも注意が必要です。 あなたの考えたビジネスがもし幼稚であってもかまいません。それを実際にビジネス化するわけではなく、 「あなたが目指している社会」、またその考え方を見ているのです。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の書き方

 「この会社に入って挑戦したいこと」のエントリーシートへの書き方を解説します。 この作文は、「学生時代頑張ったこと」「なぜこの会社を選んだのか」と同様、論理的に書いていかなければなりません。

 まず注意することは、「この会社に入って挑戦したいこと」で会社が重視しているのは、 あなたが「会社と気が合う就活生」かどうかという点です。 「会社と気が合うかどうか」は、志望する会社の「経営理念」で解決しましょう。

 つまりは、「貴社の経営理念と私の将来の夢は一致しています!」と主張するわけです。

 例えばソフトバンクでは「情報革命で人々を幸せに」という経営理念があります。 しかし上の例では「就職活動の軸」を「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」としました。 「情報革命で人々を幸せに」と「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」を絡めてしまいましょう。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活がしたい」をソフトバンクの「情報革命」で実現する方法を考えます。 ソフトバンクはもはやスマホには興味がなく、IoT産業を推し進めています。 「これらを実現するIoTを各業界に広めていきたい」が使えそうですね。

 ここまでで、「将来の夢」「経営理念」「やりたいビジネス」の3つが思いつきました。 以上をまとめると

 「私は、『なんでも手に入ってなにもする必要がない生活』を目指しています。 経営理念が『情報革命で人々を幸せに』である貴社でIoTに携わり、 『自動運転』や『家事ロボット』『スマート家電』など生活を楽にする製品を実現したいです。」

 これで大枠ができました。これを膨らませていきます。

 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活」をかっこよく言い換えたいですね。 この生活が実現していないのは、「めんどうなことに時間をとられすぎる」ことが原因です。 もっと有意義なことに時間を使いたいのに、「運転」「家事」「買い物」などに時間を奪われているんですね。

 時間は有限です。お金は稼げますし、食べ物も調達すればいいのですが、時間だけは絶対に増えません。 「なんでも手に入ってなにもする必要がない生活」の根底にある考えは、「時間を節約したい」ということです。 これで1文目を書き直してみましょう。

 「私は読書が趣味ですが、学生生活を通じて『通学』『家事』『買い物』に時間を取られすぎ、 読書の時間を削がれている思いをしました。そこで私は『興味のないことに費やす時間』を節約したいと考えました。 就職活動では、『時間短縮ができるビジネス』を軸に会社を探し、貴社を発見しました。」

 と、こんな感じですね。

 次に「やりたいビジネス」を膨らましましょう。

 実際に実現したいものは「自動運転」や「家事ロボット」「スマート家電」なわけですが、 「それってうちじゃなくてもできるんじゃない?トヨタとかパナソニックはどう?」 と問われるのは確実です。この対策を考えなければなりません。

 そもそも自動運転は自動車メーカー、家事ロボットやスマート家電は電機メーカーでできるかもしれません。 しかし、全部をトヨタ、全部をパナソニックでやるのはまず不可能でしょう。 「いろんな時間短縮アイテムを各業界に提案したい」という言い方がいいでしょう。 つまりは「IoTコンサルティング」です。

 IoTは「モノとモノのインターネット」と言われるように、モノ同士をインターネットで接続する技術が必要です。 これには携帯電話事業で電波をもっているソフトバンクの資産が使えますね。 ソフトバンクには通信技術という強みがあるのです。

 さらには携帯キャリア3社でいち早くIoTに乗り出し、IoTに使えるチップをつくれるARM社の買収もしたソフトバンクは、 ドコモやKDDIと比べて「IoT社会の実現に最も積極的な会社」ということができます。

 このように「会社の強み」を混ぜて書くことで「この会社に入って挑戦したいこと」が「志望動機」の役割も果たします。

 

「この会社に入って挑戦したいこと」の例文

 「この会社に入って挑戦したいこと」の例文は以下の通りです。

 「私は読書が趣味ですが、学生生活を通じて『通学』『家事』『買い物』に時間を取られすぎ、 読書の時間を削がれている思いをしました。そこで私は『興味のないことに費やす時間』を節約したいと考えました。 就職活動では、『時間短縮ができるビジネス』を軸に会社を探し、貴社を発見しました。」

 「貴社の代表挨拶、またARM社買収のニュースを見て、貴社がIoT産業に非常に積極的であることを知りました。 私もIoTについて調べ、「時間短縮ならIoTだ」と思い、貴社を志望するに至りました。

 「私は『眠っている間に目的地に連れて行ってくれる自動運転』『脳波を読み取って家事をしてくれるロボット』 『中身を数えて自動的に買い物を注文してくれる冷蔵庫』などさまざまな時間短縮アイテムを実現したいと思っています。 そこでは、電波とチップという資産をすでに持っている貴社が有利であると考えます。

 「メーカーではなく、通信産業の貴社で働くことによって電波とチップを活かし、 様々な業界に対して上記のような時間短縮アイテムという新製品を提案する 『IoTコンサルティング』のような仕事をしたいと思っています。」

 「貴社に入社し『IoTコンサルティング』によって、 さまざまな時間短縮アイテムを実現することで人々の趣味にあてられる時間を増やすことが、 私の貴社に入社して挑戦したいことです。」

 以上で、559文字です。エントリーシートの「この会社に入って挑戦したいこと」はだいたい300~500文字が要求されます。 あとは指定文字数に合わせて削るだけですね。