リアルタイム閲覧者数:22人
 

2017年度卒の就活はこうなる!~就活戦線予想

 2017年度卒就活こうなる!MY就活ネットでは独自調査により、 2017年度卒の就活戦線がどうなるのか予想しました。2017年度卒の就活では何が重要になるのか。 これまでの傾向と今後の展望をまとめました。

 2015年11月20日、就活面接解禁6月1日となることが正式に決まりました。 経団連と大学の協議で決まった内容によると、会社説明会の解禁、つまり就活自体の解禁大学3年生の3月から変わらず、 面接の解禁日のみ8月1日から6月1日へ、2ヶ月前倒しになったようです。 

 

2017年度の経済状況予想

 2008年に起こったリーマンショックの影響で、2010年度卒から内定率は下がり始めましたが、それは2013年度卒の就活で底を打ち、 政権交代を機に回復してきています。アベノミクス・東京オリンピックの影響で企業の業績は好調。また首都圏に整備されている圏央道が完成を控え、 周辺に新しく工場を建設するなど設備投資も活発化しています。

 経団連によると2014年冬のボーナスは大手企業平均「84万8405円」で、2015年夏のボーナスは、大手企業平均「91万3106円」と絶好調かつ上昇傾向にあり、 完全失業率は2013年:4.0%→2014年:3.6%→2015年:3.3%(予測)と改善され、就活生にとっては8年ぶりの有利な就活戦線となりそうです。 2010年度以降、企業は採用を控えていたこともあり、人手不足な状況です。人手不足を解消するため、2017年度卒の就活生を多く囲い込みたいものと推測されます。

 不安材料としてはギリシャのデフォルト問題、中国上海株式市場の暴落が挙げられますが、 ギリシャのデフォルトはおそらく回避されるでしょう。ドイツとギリシャの「相手の譲歩を引き出す交渉」に世界が振り回されていますが、 基本的にデフォルトは人間の力で回避できるものです。ギリシャは痛みを伴いますが、デフォルトを起こすよりはドイツに従ったほうが楽です。

 一方で人間の力ではどうしようもないのが中国上海市場の株価暴落です。 中国政府は株式の売買を停止するなど様々な措置をとっていますが、それでも無数にいる投資家が不安になり、 「中国株を売って別の国の株を買おう」と思う人が多ければ多いほど、上海市場は暴落します。

 上海市場の暴落はいったん落ち着いてはいますが、今後さらに暴落が起きると、中国の影響の強い周辺諸国も連動して不景気に突入します。 例えばベトナムや韓国などが挙げられますね。一方で日本企業への影響は限定的です。 大手企業は中国へモノを売っているというよりは、モノを作らせています。 中国の景気が悪化すれば人件費は下がり、土地も安くなるので工場も建てやすくなり、有利な状況にもなりえます。

 一方で中小企業は中国に製品を販売したり、部品を供給したりしていますので、 中国の景気悪化の影響を比較的受けやすいです。 中小企業への就職を考えている場合は、その企業がどこに製品を販売しているのかに注目しましょう。

 まとめますと、2017年度卒就活は、正社員の待遇は改善を続け、人手不足の解消のため内定率は上がると予想されます。

 

2016年度卒までの就活の振り返り

 2016年度卒までの就活はどのようなものだったのでしょうか。

 2016年度卒の就活は、混乱の時代でした。それまで大学3年生の12月から説明会が解禁され、 4年生の4月から面接・内々定、時間があいて10月に内定という流れだったのが大きく変わりました。

 2016年度卒では、大学3年生の3月に説明会解禁、8月から面接・内々定、10月に内定というスケジュールに変わりました。 さらに2017年度卒では大学3年生の3月に説明会解禁、6月から面接・内々定、10月に内定に変わりました。 ここで混乱が生じます。面接の時期や内々定の時期のルールは、経団連に加盟している企業にしか関係がないからです。

 経団連に加盟していない中小企業や外資系企業、大手企業などは、経団連に加盟している企業よりも自由に動くことができます。 そのため、我先にと就活解禁直後の4月・5月から面接を開始し、6月には内定を出してしまっている企業がたくさんいたのです

 就活は想像よりも辛く苦しいものですから、内定をもらった時点で就活を辞める人も多くいます。 経団連に加盟していない大手企業や、優良ベンチャー企業などに内定をもらい、経団連加盟企業が面接を開始する前に、 すでに就活をやめてしまう就活生が続出したのです。

 こうなると、大企業が優秀な人材を確保できないという問題が生じます。

 もちろん経団連加盟企業は魅力がありますから、それでも経団連加盟企業を目指し、就活を続ける人も多くいます。 この場合今度は逆に、経団連加盟企業に内定をもらったら、 すでにもらっていた中小企業や非経団連企業の内定を断ることになります。

 こうなると、中小企業が内定を断られまくり、予定していた採用人数を達成できないという問題が生じます。

 内定辞退を阻止したい中小企業は、「就活をやめるって約束してくれたら内定を出すよ」と就活生に持ちかけたり、 「この会社に入社すること」を約束する「誓約書」を書かせたりする「オワハラ」で話題になりました。

 2016年度卒の就活は、大企業と中小企業の「就活生囲い込み合戦」であったと言えます。

 

2017年度卒の就活は、「就活生囲い込み合戦」が激化する!

 大企業は、中小企業の「就活生囲い込み」に負けっぱなしというわけではありません。 大企業も経団連のルールをかいくぐり、就活生を囲い込む伝統的な手段があります。

 それは、リクルーター面接です。

 リクルーター面接とは、「1対1の質問会・座談会」というタテマエで喫茶店などで行われる面接ですが、 経団連ルールに縛られた大企業は、昔から「リクルーター面接」を駆使して就活生の選別をし、 面接解禁日に予め決めておいた就活生を呼び出して最終面接を実施し、内々定を出すということをしてきました。

 2016年度卒ではかなり中小企業に出し抜かれてしまったのですが、 大企業も経団連ルールである6月が来るまで指をくわえてまっているわけにはいきません。 2017年度卒ではリクルーター面接が活発化することが予想されます。

 大企業のリクルーター面接は、説明会解禁直後の4月・5月から始まり、何度も何度も喫茶店に呼び出されることになるでしょう。 そして「6月1日に来てくれれば内々定を出すよ」と約束してもらえることもあるでしょう。

 一方で中小企業も、優秀な人材を確保したいものです。中小企業の強みは、リクルーター面接ではなく堂々と面接ができるということです。 大企業と同じ3月から説明会を開始し、すぐに面接まで実施します。しかしそのまま内定を出してしまえば、 2016年度卒と同じになってしまいます。つまり、大企業の面接解禁と同時に、出した内定を辞退されるということです。

 中小企業もその対策を考えます。例えば「6月1日に来てくれれば内定を出すよ」というわけです。 6月1日は大企業の面接解禁日。リクルーター面接を重ねてすでに6月1日に大企業の内定が出ることがわかっているならともかく、 そうでない企業なら6月1日から一次面接です。落ちる可能性も十分にあります。

 一方で中小企業は6月1日に会社に来るだけで確実に内定をくれると言うのです。 さて、落ちるかもしれない大企業の一次面接と、確実に内定をもらえる中小企業のどちらに顔を出すでしょうか。

 他にも「6月1日から1週間、海外旅行に連れてってあげるよ」と言われる可能性だってあります。 バブル時代にはよくあったことなのですが、他の企業の面接を受けられないようにするため、 内定者を集めて海外旅行や温泉旅行に連れて行くという、企業の人材確保作戦です。

 内定者全員を海外旅行に連れて行くとなれば、内定者は「この会社は儲かっているんだなあ!」と思いますし、 内定者同士を仲良くさせて、楽しませ、内定辞退する気を起きなくさせた上で、さらに大企業の面接へいくことを阻止できるのです。

 タダで海外旅行ができるなら、辛い面接を続けるより中小企業に決めてしまったほうがいいと考える就活生も多いでしょう。

 このように、2017年度卒就活では、大企業と中小企業の「就活生囲い込み合戦」が激化すると予想されます。

 

2017年度卒の就活対策

 2017年度卒就活対策を考えていきましょう。 ここまでで述べてきたように、大企業を目指すならとにかくリクルーター面接を受けまくり、 6月1日に内々定をもらう約束を取り付ける必要があります。

 リクルーター面接に呼ばれるためにはどうすればよいでしょうか。

 現実的な話をすると、リクルーター面接に呼ばれるにはある程度の学歴が必要です。 「大学の先輩後輩の関係だからなんでも聞ける!」というのがリクルーター面接のコンセプトですので、 基本的に同じ大学出身の社員がリクルーター面接の面接官になります。

 もちろん2017年度卒以降では、大学に関係なくリクルーター面接が実施されることも予想されます。 それでも「高学歴」と言われる旧帝大、旧官大、早慶上智、MARCH、関関同立の学生が有利なのは間違いありません。

 高学歴であっても、まだリクルーター面接の必要条件でしかありません。 高学歴であることにあわせて、もう一つ重要な準備があります。

 それはプレエントリー会社説明会への出席です。

 プレエントリーとは企業に個人情報を登録し、資料請求をすることを指す言葉です。 いくら優秀な学生であっても、企業に住所や電話番号を登録しない限りは企業から連絡が来ることはありません。 手当たり次第にプレエントリーし、「○○大学の自分」がいることを企業にアピールする必要があります。

 またプレエントリーするだけでなく、会社説明会に出席して「やる気がある」こともアピールする必要があります。

 就活が解禁=プレエントリーが解禁されると同時に、いろんな企業にプレエントリーし、 会社説明会に出席することでリクルーター面接に呼ばれる可能性が発生します。 就活解禁より前から、ある程度プレエントリーする企業を2~30社は決めておく必要があるでしょう。

 高学歴でなくてもリクルーター面接に呼ばれる方法が1つあります。 それは、インターンシップです。

 インターンシップはまだ就活生全員が参加するほど一般的なものではありません。 学歴・大学名に自信がなくても、インターンシップなら簡単に受かる可能性があります。 そこで、インターンシップに参加して1週間ほど一生懸命働き、良い印象を植え付けるのです

 就活は高学歴なら誰でもいいというわけではありません。実際に一緒に働けるか、 一生懸命働いてくれるかどうかが一番重要です。インターンシップはそれを判断するのに最適なのです。 そのため、インターンシップで有望さをアピールできた人は、その後の就活で圧倒的に有利になります

 通常ではリクルーター面接に呼ばれない大学でもリクルーター面接に呼ばれたり、 人事の採用担当者が直接接触してきて面接に呼ばれたりと、裏ルートの選考に乗ることができます。

 そのためには大学3年生の6月からインターンシップの申し込みを行い、 インターンシップの面接にでかけ、1週間だけ一生懸命働いて、熱意を猛アピールしましょう。 インターンシップは学歴を覆す可能性のある有効な手段です。

 

就活はもう始まっている!

 実は、2017年卒の就活はもう始まっています。今や就活はリクナビやマイナビが正式オープンし、 会社説明会やプレエントリーが解禁される3月より先に始まる時代です。 就活の時期の変更になんかつきあってられない!という会社も非常に多いのです。

 キミスカ では、すでに2017年卒の登録を受け付けています。キミスカはリクナビやマイナビと異なり、スカウト型の就活サイトです。 自分の情報を登録しておけば企業の方から特別選考オファーが来るのです。

 リクナビやマイナビの「スカウト」は単なる広告メールに過ぎませんが、キミスカのスカウトは違います。 自己PRや選考状況を人事とシェアすることで一次面接免除、いきなり最終面接のように選考の長ったらしいステップを飛ばすことができます。

 就活が長期化したと思えば急に短期化したり、時期がころころ変わったり・・・そういったことにつかれてしまったのは、 学生だけではありません。企業も同じです。経団連のルールなんか守ってられない!(そもそも経団連と関係もない!)という会社はいくらでもあります。 合理性を追求する進歩的な企業を、こういった就活サイト、就活イベントで探してみましょう。