リアルタイム閲覧者数:29人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

就活にふさわしい腕時計

 就活ふさわしい腕時計は、どんな腕時計でしょうか。 金属か皮か、ブランドや色、文字盤などどこに配慮すればよいのでしょうか。 ここでは就活ふさわしい腕時計を紹介していきます。 

 就活には腕時計が必須です。 今どきスマートフォンがありますので腕時計がなくても時間はわかります。 ましてや会社の中で働くのであればパソコンにも壁にも時計がついています。 それでも就活に腕時計は必要なのです。

 それは、腕時計はスーツの一部だからです。

 スーツを着てネクタイを締めるのが当たり前なのと同様に、 腕時計もスーツの一部であり、社会人の正装に含まれているのです。 そのため、いくら他に時間がわかる手段があっても、腕時計は必須とされているのです。

 しかし問題は、就活生はビジネス用の腕時計がどんなものか知らないということです。 会社で働いたことがないのですから当たり前です。 しかし、社会人はその当然の前提を見事に忘れています。

 就活生が仕事にふさわしくない腕時計をつけていると、面接官は「マナーがなってないな」と思ってしまいます。

 腕時計をしているからといって高い評価が得られることはありません。 しかし、腕時計をしていなければ必ず評価が悪くなってしまいます。

 腕時計が原因で落とされてはたまったものではありません。 そこで、就活にふさわしい腕時計を購入し、会社説明会やリクルーター面接、面接などに着用していくようにしましょう。

 

就活にふさわしくない腕時計ブランド

 就活ふさわしくない腕時計ブランドをおさえておきましょう。 就活にふさわしくない腕時計を買ってしまってあとで買い直すのはもったいないです。 最初からふさわしくない腕時計は避けておきましょう。

 まず、レジャー用は就活にふさわしくないことを覚えておきましょう。 例えばキャラクター物。ディズニーやポケモンなどの腕時計をしていくと間違いなく低評価です。

 また、アウトドア用も就活にふさわしくありません。 G-SHOCKはアウトドア用であり、遊び用です。もちろん営業職などでは壊れにくいG-SHOCKを使う人もいるのですが、 面接官によっては「ふさわしくない」と判断されてしまいます。

 そして、高級すぎる腕時計も就活にふさわしくありません。 ロレックスやオメガなどの高級ブランドはもちろんのこと、ファッションブランドの腕時計にも注意しましょう。 例えばルイ・ヴィトンやグッチ、コーチなどの腕時計は値段は安くても高級に見えます。

 高級な腕時計は、ビジネスというよりも、ファッション性に重きを置きすぎています。 「遊び用」と判断されることが多いですし、「生意気だ」と思う面接官すらいます。 派手すぎてスーツになじまないという場合もあります。

 レジャー用、高級ブランドを避けて腕時計を選びましょう。

 

就活にふさわしい腕時計の色

 腕時計に注意しなくてはなりません。 就活の腕時計は、スーツに合う色でなければならないのです。 カラフルな文字盤は、スーツに合いませんし、金色のベルトも就活にふさわしくありません。

 ベルトに関して言えば、就活にふさわしい腕時計の色は、シルバー茶色です。 文字盤の色ならです。黒に近い赤、黒に近い青も可です。 女性なら、淡いピンクの文字盤でも良いでしょう。

 腕時計の色は上の画像のようなものが最適です。こちらはセイコーの腕時計ですが、 就活で低評価を受けることもなければ、入社後も継続して使えるものです。

 ベルトは金属でも皮でもかまわないのですが、シルバーの金属ベルトか、黒・茶色の皮ベルトに限るようにしましょう。 それがいわゆる「社会人の常識」の腕時計の色であり、逆にベージュ、白、赤、青などのベルトはレジャー用に見えてしまいますし、 ゴールドのベルトはエライ人にしか許されない色です。

 文字盤も白か黒、あるいは黒に近い色がふさわしいです。 一方で鮮やかな色は目立ちすぎてスーツと合いません。 鮮やかな赤、鮮やかな青などは絶対に避けましょう。

 就活の腕時計の色は、シルバーか、スーツの色と覚えておけば簡単ですね。

 

就活におすすめな腕時計

 就活おすすめ腕時計を紹介します。 先に紹介したセイコーの腕時計もおすすめですが、シチズンやカシオの腕時計も人気です。 国内メーカーの腕時計は精密で、シンプルで、就活に最適です。

 就活の腕時計は派手なものはふさわしくありません。スーツに合わないからです。 セイコーやシチズン、カシオの腕時計はシンプルで、スーツによく合うように作られています。

 なにより安価なのに品質が高いことが就活生の味方をしています。 国内メーカーの腕時計も高いものなら数十万円しますが、安いものなら1000円台からあります。

 もちろん就活に高級な腕時計を着けていく必要はまったくありません。 スーツに合いさえすればいいのです。就活用に腕時計を新調するのが困難であれば、 カシオのこんな腕時計がおすすめです。

 ぱっと見、7~8000円はしそうな腕時計ですね。実はこれ、アマゾンで2000円で買える腕時計なのです。 就活につけていってもまったく恥ずかしくありませんし、シンプルで良いものです。

 「海外ブランド」にこだわらないのであれば、セイコーやカシオの腕時計は安く買えて、 ビジネスに使えて就活にふさわしいのでおすすめです。

 

高い腕時計を買うのは入社してからでいい!

 就活で無理をして高い腕時計を買う必要は全くありません。 というより、高級な腕時計を買うべきではありません。

 お金のない大学生には朗報でしょう。高い腕時計を買う必要はないのです。 それこそホームセンターで売っている1000円の腕時計でも、 スーツに合いさえすればかまわないのです。

 一方で高級な腕時計を持っている大学生にはいい知らせではないかもしれません。 安物の腕時計を買い直さなければならないのです。

 会社は横並びで、出る杭を嫌がります。若者が高級腕時計をしているのが気に入らない社会人は多数います。 就活生がロレックスやルイ・ヴィトンの腕時計をしていたら「生意気だ!」と思われるのは必至です。

 腕時計なんてスーツの色にさえ合っていれば何をつけても良いと思いますが、 年配のサラリーマンにとってはそうではないのです。 「年齢にふさわしい値段」の腕時計を求めるのです。

 高い腕時計を買うのは入社してからでいいのです。 お金がないから就活をするのであって、就活のために高い腕時計を買う必要はありません。 面接で低評価を受けないためにも、適度な腕時計を選びましょう。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」