リアルタイム閲覧者数:25人
 

就活スーツの選び方

 就活スーツはどんなスーツを選ぶべきなのでしょうか。 人事に「調子に乗っている」などとは思われたくないものです。 

 よく「似合っていれば、どんなスーツでもいい」などと言われますが、 それは建前です。感じ方は人それぞれなので、無難な就活スーツを選びます。

 

真っ黒なスーツ

 礼服ほど真っ黒である必要はないのですが、色が濃いほど無難です。 無地だからといって怒られることはないですし、気分を害すこともありません。 会社員の正装であり、誰が見ても不快に思わないことがスーツ選びの基本です。

 薄いストライプも可ですが、あまり目立つストライプは避けましょう。 会社の人に「なめてるな」と思われたらおしまいです。

 

グレーのスーツ

 グレーのスーツや、黒以外の色のスーツを選ぶのはやめましょう。これは就職してから着る色です。 それもカタイ会社では「ある程度の地位を得てから」着るスーツです。 就活スーツとしては着るべきではありませんし、新入社員としても着ることができません。

 会社の人はけっこう頭がカタイです。 「個性が大事」などと口では言っても、個性を出すと怒ります。 「何を考えているんだ」などと言われます。没個性のスーツで就活することをおすすめします。

 

洋服の青山などですすめられるスーツ

 特にズボンでよくあるのですが、しゃがんだり立ち上がったりすると破れることがあります。 「伸縮性があるから破れにくい」と言われても破れます。 現に私のスーツのズボンは、「伸縮性があるから破れにくい」と言われていたものはすべて破れています。

 足にぴっちりのズボンは特に股が破れます。 ぴっちりのものをすすめられても、少し余裕のあるスーツを選ぶべきです。 実際サラリーマンのほとんどは余裕のあるスーツを着ています。 ぴっちりしていると動きにくく、フットワークが悪くなるためです。

 またストライプの目立つスーツをすすめられることもありますが、 「どんな人が見ても不快に思わない」という基準で、自分で希望を言って選びましょう。 気に入らなければ就職してから好きなスーツを買えばよいのです。

 

就活スーツは何着必要か

 就活とはいっても毎日スーツを着るわけではありません。 就職するとスーツは3着は必要になりますが、就活中は何着必要なのでしょうか。

 もちろんスーツは3着もは必要ありません。それにお金がないから就活しているのに、 就活するのにあまりにもお金がかかるのではおかしな話です。スーツにそんなにお金はかけられないでしょう。 スーツは高いですから、最低限の数だけそろえておきたいものですね。

 スーツの扱い方から説明していきます。

 

スーツはクリーニングに出さなければならない

 スーツはクリーニングに出さなければなりません。 自分で水洗いしたり、アイロンをかけるのは、よっぽど慣れていない限りはやめておきましょう。

 上手にアイロンがけができないとヨレヨレになったり、テカテカになったりします。 大事な就活スーツですので、クリーニングに出してプロにやってもらう必要があります。

 また夏の暑い時期に就活をすると、スーツが汗で汚れます。 また基本的にオフィス街は車の排気ガスもすごいので、ニオイがついたり汚れがついたりします。 汚くなったスーツ、臭いスーツで就活をするべきではありません。

 スーツは社会人の正装ですから、適当に扱っているようでは会社の人に悪い印象を与えてしまいます。 常にとまでは言いませんが、最低でも2週間に1度はクリーニングに出して、 シワや汚れをとってもらいましょう。

 

スーツは破れるし、汚れる

 オフィス街は、見た目はおしゃれですがあまりきれいなものではありません。 排気ガスがあふれ、飲食店のニオイがついたり、自分の汗で汚れたりします。 すぐにスーツは汚れます。

 そしてスーツは破れます。特にズボンが破れます。 靴ひもを直すためにしゃがんだ瞬間に破れたりします。驚くほどスーツは弱いものです。 またボタンがどこかに引っかかってとれてしまったり、シワがついてしまったりします。

 汚れや破れはクリーニング屋さんに持っていけば直してもらえます。 しかし直してもらっている間に会社説明会やリクルーター面接、面接があったら大変です。 予備のスーツが必要でしょう。

 

就活スーツは何着必要か

 何着必要かという問題に入ります。 就活スーツは毎日使うわけではないですが、2,3週間に1回はクリーニングに出さなければなりません。 1着では足りません。

 そのことを考慮すると、就活スーツは2着必要ということになります。 また、毎日同じスーツを着るのではなく、2着を順番に着る必要があります。 毎日連続で着ているといたむのも早いです。

 ハンガーにかけておいておくだけでシワは多少伸びてなくなります。 その効果を狙って、1着ずつハンガーにかけて休ませるようにしましょう。

 ホコリも取りましょう。ブラシなどでスーツのホコリを取り、常にきれいな状態を保ちましょう。 虫は汚れを好みます。汚れたままスーツを放置すると虫食いでやられます。 ホコリだらけのスーツで就活するのも印象最悪ですので、ホコリ対策はしっかり行いましょう。

 

スーツのボタンは上だけ留めればいい?

 その通りです。スーツのボタンでとめるのは上だけです。 通常スーツにはボタンが2つついていますが、下のボタンは飾りです。

 働き始めると両方のボタンを開けっ放しにすることが多いというか、誰もボタンをとめません。 しかし就活の間はだらしなく見られてはいけませんので、立っているとき、座っているときの両方でボタンをとめておきましょう。 ボタンを外して悪印象がつくことはあっても、ボタンをとめていて悪印象がつくことはありません。

 またスーツのポケットについているヒラヒラもポケットの中にしまいましょう。 ヒラヒラはフタではありません。やはりそれも飾りです。 しかも外に出さずに見えなくする飾りです。よくわかりませんね。でもそれがおしゃれというものなのです。

 こんな風に述べていますが、働き始めると誰もそんなことは気にしていません。 就活の時だけ気を付けるところです。気を付け過ぎなのかもしれませんが、人事の人は就活情報もよく知っていますので、 「こいつ何も調べてないな」と思われないようにしましょう。