リアルタイム閲覧者数:46人
 

ノンバイサー

 就活ノンバイサーという言葉をよく耳にします。 ノンバイサーとは一体どういう意味なのでしょうか。 

 ノンバイサーは英語ではありません。ノンは英語ですが、ノン+バイト+サークルの略なのです。 大学生活をアルバイトなし、サークルなしで過ごすことをノンバイサーと言います。

 ノンバイサーは就活をするときに特に耳にする言葉で、 「学生時代頑張ったことは?」と聞かれた時に、他の就活生には「アルバイト」「サークル」といったネタがある一方、 大学生活をノンバイサーで過ごしていると返答に困ることがあります。

 もちろんノンバイサーでも、「頑張った」と言えるようなことがあれば大丈夫なのですが、 大学で何かに打ち込む予定がないのならば、アルバイトかサークルはやっておきましょう。

 

文系ノンバイサー

 文系ノンバイサーはぶっちゃけ天国です。私は学生寮にいたのでサークルはいらないかなと思い、サークルには参加していませんでした。 アルバイトも1年で辞めて、次のアルバイトを始めるまでしばらく空白の期間を置きました。

 文系大学生は研究室もなければ留年の危機もそれほどありません。 理系ノンバイサーに比べて忙しさが全くありません。理系はノンバイサーでも研究や実験で忙しく、 確かにアルバイトがなければ楽にはなるでしょうが、文系ノンバイサーとは比べられません。

 文系ノンバイサーは自分を拘束するものが、講義しかないのです。 講義も自分で選んで取っているものですから、「拘束されている」という感覚はあまりありません。 定期試験対策もばっちりできますし、遊びもじゅうぶんにできます。

 長くノンバイサーを続けていると、暇になってきます。 というのも友達はアルバイトやサークルをしていますので、いつでも遊べるわけではありません。 そしてお金もなくなっていきます。

 結局私はお金が尽きるころに次のアルバイトを始めていたのですが、 あれほどまでに時間がたくさんあり、ストレスフリーな生活は他にありません。 文系なら一度はノンバイサーを経験してもいいと思います。

 

ノンバイサーの自己PR

 ノンバイサーだとアルバイトもサークルもやっている人に比べて書きやすいネタは少ないです。 しかし、ノンバイサーだから自己PRができないというわけではありません。 そもそも自己PRをアルバイトやサークルで話してもたいしてウケません。

 自己PRは、自分が頑張ったことでいいのです。 アルバイトである必要も、サークルである必要もありません。 遊びでも、趣味でも、ダイエットでも、モテるように頑張ったことでも、 なんでもいいのです。

 逆に言えば皆が書くような「バイトリーダーの経験」「サークルリーダーの経験」のようなありふれた自己PRになりようがないので、 個性を発揮できます。ノンバイサーのほうが自己PRの完成度は高くなるかもしれません。

 

ノンバイサーの面接

 ノンバイサーで困るのは面接です。「サークルは?」と聞かれても特に問題はありません。 サークルはお友達グループだから、自分のお友達グループがサークルのようなものです。 サークルという名前がついているか、ついていないかの違いしかありません。

 問題はアルバイトです。「生活費や遊ぶお金は親に出してもらっていたの?」 と聞かれてうろたえてしまってはいけません。 ここでしっかり答えを出せるかで内定は遠のいたり、近づいたりします。

 別に大学生はアルバイトをする義務があるわけではありません。 大学生だから遊ぶお金は自分で稼ぐなんてことも決まったルールではありません。

 しかし面接官が古い人だと、「いつまでも親に頼って情けない」などと精神論を語られる場合もあります。 そんな面接官にあたってしまってはもう何を言っても無駄ですから諦めましょう。 古くて頭のカタイ人と一緒に働くのは疲れるだけです。

 それでも何かいい答えをするかどうか期待している面接官もいます。 ここで気のきいたセリフが言えたら高評価です。ピンチはチャンスです。

 「親も大学時代は親にお金をもらっていました。私も子どもには同じようにお金を出してあげるつもりです。 我が家はそのサイクルでやってきています。」

 と、自分が得をしているわけではないと説明するのもいいでしょう。