リアルタイム閲覧者数:54人
 

就職留年

 就職留年について述べていきます。 就職留年とは、就活で不本意な内定しか得られなかった場合や、内定が得られなかった場合に、 翌年度も新卒として就活するために留年することを言います。 

 

就職留年と既卒の違い

 就職留年既卒違いは、大学に在学しているかどうかです。 就職留年は大学を卒業せずに留年し、就活を続けることを指し、 既卒は大学を卒業して既卒として就活を続けることを指すのです。

 就活に失敗し、そのまま大学を卒業して既卒として就活するよりも、 留年して新卒として就活したほうが有利だと言われています。 就職留年は、就活留年、就活浪人、就職浪人とも言われます。

 就職留年をする方法は、就活が行われる大学4年生のときに、大学の単位をすべて取り終えていないことが必要です。 「就職留年をさせてください」と大学に頼むのではありません。 わざと単位を取り残しておいて、就活に成功すれば残りの単位を取得し卒業するのです。一方で就活に失敗したときは、 単位を取り終えないまま留年します。

 従来、新卒採用とは、次の3月に大学を卒業し、4月から働く大学生を対象にした採用制度です。 いったん卒業してしまうと「新卒」ではなくなり、「既卒」という扱いになります。 しかし企業は新卒採用で十分、人数を確保できるのでわざわざ既卒のための採用制度を作っていませんでした。

 そのため、既卒になった場合は「中途採用」で就活するという方法しかありませんでした。 大学を卒業せずに就職留年をするのはこの名残です。 中途採用で就活するより、就職留年して新卒採用で就活したほうが圧倒的に有利だったのです。

 しかしながら、現在では「第二新卒」という制度ができ、既卒でも就労経験がなければ、 大学卒業後2,3年は「新卒採用」で就活をすることができます。 既卒と就職留年ではどちらが不利かというと、あまり差はなくなったように思います。

 「就活事情が好転し、売り手市場になった」とはいっても、まだまだ内定率は低い水準を推移しています。 ブラック企業が話題になるにつれて、「ブラック内定しかないから就活をやり直したい」という人もいれば、 「内定がないから来年も就活をする」という人もいます。

 このため就職留年する人は年々増えており、納得がいくまで就活をするのが今の大学生です。 妥協して就職するよりは、満足できる内定を得て就職する方がよっぽど、精神衛生的に良いと思います。

 公務員を志望する人にも就職留年は多いです。公務員試験に失敗し、翌年再度、公務員試験を受験する場合も就職留年の一種です。 また、公務員の試験は8月に行われる場合がほとんどで、公務員試験を受験していると民間企業への就活ができないという場合もあります。 公務員を諦めて民間企業への就職を希望しても、公務員試験が終わったころにはもう皆の就活が終わっているなんてこともザラです。

 そこで、公務員を諦めて民間企業へ就職する場合も、大学を留年して翌年度、就活をするのです。

 

就職留年は不利?

 就職留年不利だとよく言われます。 「22歳と23歳では、22歳のほうが人気がある」という理論です。 ストレートで大学4年間を過ごし、そのまま就活をして新卒採用されるほうが難易度が低いと言われています。

 また「ポテンシャル」という言葉を持ち出す人もいます。 22歳で面接官に認められた大学生と、22歳のときに面接官に認められなかった大学生では、 前者のほうが優秀で、就職留年をしてもストレートに就活をしてる就活生よりポテンシャルが低く、不利だというのです。

 就職留年不利なのでしょうか。 実は就職留年や浪人経験で周りの就活生より年齢が1つや2つ高いくらいでは、ほとんど影響がありません。 「今が優秀なら良い」という考え方は、社会人ではよくある考え方です。

 社会人生活は40年弱あるわけです。出世して取締役になると、定年というものがなくなります。 このとき「入社した年齢が23歳だったか24歳だったか」なんていうのは些細なことです。 何の問題にもなりません。実際、会社には浪人や留年の経験のある人はけっこう多いものです。

 会社内の階級は、年齢ではなく入社年度と役職です。 就職留年した、浪人した、大学院を卒業したなどは関係がありません。 いつ入社したかなんという役職かが重要なのです。

 就職留年は確かに有利ではありませんが、不利とも限りません。

 しかし、採用担当者の本音として、「就職留年は出来損ない」という考え方もあるようです。 「就職留年は制度の悪用」などと言ったり、「留年は出来損ない」と言ったりするのです。

 おかしな話です。既卒になると新卒と差別的取扱いを受けるのに、新卒であり続けることは「制度の悪用」というのです。 制度の悪用ではなく、制度が悪いと思います。そもそも既卒と新卒で差別的取扱いをする根拠がありません。 そこを直さない限り、新卒が有利である状況が変わらないなら就職留年を考えるのも当然です。

 「留年は出来損ない」の「出来損ない」がいったい何を指しているのかは不明ですが、 「1年目の就活に失敗した」ことを言っているのだとしたら採用担当者が出来損ないです。 経済情勢によって求人倍率も変わりますし、就職難易度も変わります。

 毎年同じ条件で、同じように就活をすれば内定をもらえるというものではないのですから、 今年就職に失敗しても、それだけで出来損ないだと決まるわけではありません。

 

就職留年の理由

 就職留年理由を面接で問われることがあります。 「なぜ留年したの?」と聞かれるのです。就職留年理由を聞かれることから、 厳しい質問だと感じ、「面接官が冷たい」と思う就活生も多いです。 これにより就職留年不利だと思い込む大学生が多いのです。

 しかし、就職留年理由を予め考えておけば、それほど厳しい質問ではありません。 面接官は留年したことを咎めているのではなく、単に面接のネタとして質問しているだけです。 もし就職留年がNGの会社なら、そもそも面接に呼ばれていません。

 就職留年の理由を考えること自体、そんなに難しいことではありません。 正直に言ってしまえばいいのです。

 「どうしても御社に入社したかったので留年し、今年も御社の面接を受けに来ました

 「納得のいく内定がもらえなかったので、今年も再挑戦することにしました

 といった具合です。前者は特に会社への熱意を示すことができますし、 後者は便利なもので、内定がなかっただけでも納得のいく内定がもらえなかったと言い換えれば、 去年全く内定が無かったという印象を回避できます。

 就職留年の場合、下手に嘘をつくほうがかえって危険です。 例えば「単位が足りなかったためです」と言ってしまっては内定がかなり遠のくでしょう。

 卒業しなければならないのに、単位を落とした。あるいは単位の計算を間違えていた。 なんて事態は、言い訳の余地もありません。完全に無能アピールです。 もし卒業に失敗したのだとしても、「単位が足りなかった」という言い方は避けるべきです。

 採用担当者は「今年も卒業に失敗するのではないだろうか」という不安も生まれますし、 「義務を果たせない=仕事ができない」と思われても仕方がありません。 「期日までに仕上げる」というのは労働の基本です。

 面接官に「留年してる間って暇でしょ?何してたの?」と聞かれることもあります。 就職留年をして学んだことや、挑戦したことなどがあればなお、良いですね。 「学生時代頑張ったこと」とは別に、「就職留年をして頑張ったこと」も準備しておくのです。

 就職留年は2~4単位だけ残して行われることが多いです。残った時間は自由時間です。 もちろんアルバイトなどもあるでしょうが、留年している間は自由時間が増えるのです。 この時間を有効に活用して、一人旅に行くとか、海外旅行に行くとか、 資格などの勉強に打ち込むなど、何かやってみましょう。

 あえて留年した年に単位を取りまくり、「もっと勉強したかったのでわざと留年しました」というのも面白いかもしれません。

 就職留年を成功させ、一流企業に入社した人はいくらでもいます。 就職留年を就活だけに費やすのではなく、「留年してよかった」と思えるほどに有意義で、 楽しい生活を送ってください。

 

就職留年の方法

 就職留年方法はどんなものがあるでしょうか。 就職留年の方法として最も簡単なのは、単位をわざと取りこぼすことです。

 2単位、あるいは4単位だけ残しておくのです。単位が足りなければ卒業できませんから、 いくら大学が「就職留年は認めない」といっても卒業させられてしまうことはありません。

 大学によっては単位がそろっていても、就職留年を認めてくれる場合もあります。 関東では学習院大学、早稲田大学、青山学院大学、中央大学、成城大学、成蹊大学、日本大学。 関西では関西学院大学、同志社大学などが卒業延期制度=就職留年制度を採用しています。

 卒業延期制度のある大学では、単位をそろえて卒業できる状態であっても、 学費を10万円ほど払うことで卒業を1年先送りすることができるのです。

 しかし国立大学の場合はあまりそういう制度はありません。 というのも、「大学は就職予備校ではない」という考え方からくるもので、 卒業要件を満たしていないこと以外で、卒業させない理由はないというものです。

 大阪大学では就職留年はおろか、休学も認めてもらいにくい大学ですし、 さらには体育会の大会関係で講義を欠席しても公欠扱いにならない大学でした。 (一般教養科目の話ですが。)

 しかし就活が一発でうまくいくかはわかりませんし、保険をかけておきたいものです。

 そこで、単位をわざと残しておくのです。卒業要件単位数が136単位なら、 大学3年生までの間に132~134単位を取得しておくのです。 そして大学4年生の履修登録で2~3科目登録しておき、就活に成功すれば試験を受けて単位をもらい、 失敗すれば試験も受けず、単位ももらわないという方法です。

 そういうわけで、勝手に単位をくれるような講義を選んではいけません。 しかし内定をもらっても卒業できなければ意味がありませんから、 持ち込み可の講義を選んで、試験を受ければ確実に単位がもらえる講義を、 大学4年生で履修できるようにしておかなければなりません。

 これすら面倒だという場合、最も簡単な方法はゼミを受講することです。 ゼミにはとりあえず出席しておき、就活に失敗したときに、 教授に「単位を出さないでください」とお願いすればだいたい聞き入れてもらえます。

 また、休学するという方法もあります。 休学することで学費を払わず、「大学生」を名乗ることができます。 わざと単位を取りきらず、大学に休学の申請を出すのです。

 病気や怪我などのよっぽどの事情がない限り休学が認められない大学もあります。 しかし、私立大学ではわりと休学も認められるそうです。 就職留年の方法の一つとして知っておいて損はしないでしょう。