リアルタイム閲覧者数:19人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就活FAQ

●嘘をつかないと落ちる?
 いいえ。「いつから当社を知っていましたか?」という質問で「学校に来ていた求人票を見て」と答えたら 正直さを評価されて内定をいただきました。 言わなくていいことは言わない、けど嘘はつかないというルールをもうけましょう。

○OB・OG訪問はした方がいい?
 会社側からの働きかけがない限り、自分から電話をかけてまでする必要はありません。 それをやっても落ちる人は落ちてますし、うちの内定者で訪問したという話はきいてません。 っていうか、自分が社員だったとして決算期の忙しい時期に訪問されてもウザイでしょ。

●日経新聞取らなきゃだめ?
 自分は元々公務員試験を受けるつもりだったので時事問題対策に取っていたけれども 実際に面接でニュース系について聞かれたことは 「最近の出来事で興味をもったことはなんですか」 だけでした。よっぽど世間と触れない生活をしていない限り新聞は不要です。 別に新聞読んでなくても企業名で検索すれば関連ニュースが出てくるので全く困りません。



○リーダーシップをアピールしないとだめ?
 いいえ。皆が「サークル幹事」「ゼミ幹事」「バイトリーダー」をしていたというので 逆に面接官も飽きるだろうと思います。私はリーダーシップアピールはしませんでした。 あえてESに「リーダーシップ経験」を書かせる企業もありましたが 「寮のフロアリーダーをしていました」でESは通過しました。風呂掃除の呼び出しくらいしか仕事ないんですけどね(笑)

●英語できないとだめ?
 一概には言えませんが英語力は必須ではありません。 リク面等で社員の方とお話ししたところ、バリバリ海外に出ている企業でも TOEIC:600点で内定をとった方もいれば、「英語の前に仕事ができるかどうかが大事」 と仰る方もいました。
 管理人が内定をいただいた会社に、海外に出向して戻ってきた方がいらっしゃったのですが 出向が決まった時は英語は全くできなかったそうです。しかし向こうで働いているうちに英語ができるようになったそうです。 こんな感じで英語ができるに越したことはないですが、必ずしも英語ができないと内定がとれないわけではありません。 管理人も英語の資格は人生で一度もとったことがありません。

○スマホやiPadは必要?
 就活のためにあえて買う必要はありません。
 管理人は2月までガラパゴスケータイを使っていました。確かにガラケーでは企業説明会の予約等はできないのですが、 一度も困ったことはありませんでした。説明会は2,3日用意されていて、予約開始直後にすべて埋まってしまうことはまず、ないです。

●選考の早い企業は?
 金融、クレジットカードは早いです。
金融、エネルギー、プラントエンジニアリング、旧国営企業(JR各社、JT、NTT)、製鉄業界はリク面があります。 興味がなくても面接練習のためエントリーしておいたほうがいいかも。

 

内定の確実性を高める!5つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは余計な手順を省いてその場で面接を開始する内定直結イベントを開催しています。 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

Start就活

 2019年卒のみなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?もう2019年卒の就活は始まっています! 一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしましょう。

 逆求人で会社からスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

LEAVING

 みなさんはインターンシップに申し込みましたか?2019年卒からはインターンシップが選考の中心になります。 インターンシップは内定に直結する重要なイベントです。インターンシップには、大学1年生から参加することができます

 ところで、「企業」と聞いて、いまのあなたは何社思い浮かぶでしょうか。 おそらく20社くらいだと思います。就活開始当時は私もそうでした。しかし、無数にある会社からたった1社を選ぶのですから、 会社はいくらでも知っておきたいですよね。当然、インターンシップにも何社も何社も参加することで就活はさらに有利になります

 優良企業、大手企業のインターンシップに申し込める上に、毎月優良企業を紹介してくれる就活サイトがあります。 それは、LEAVING(リービング)です。 LEAVINGは長期・有給のインターンシップを募集している優良企業を厳選掲載しており、 マンツーマンでおすすめ企業を紹介してくれる就活サイトです。

 自己PRのつくりかたは学生時代頑張ったことで解説しています。 自己PRを準備してインターンエントリー会を申し込み、内定をかっさらってしまいましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」