リアルタイム閲覧者数:30人
 

面接のマナー【就活】

 面接は、就活において内定を決める最終段階です。 ここでは面接マナーを書いていきます。 面接のマナーを守ること、知ることが最大の面接対策です。 

 面接のマナーをわきまえて、くだらないことで落とされてしまわないように注意しましょう。

 面接のマナーは通常、大学生なら知らないものが多いです。むしろ知らなくても仕方がありません。 しかし社会人は「こんなこと知っていて当然」と考えているのです。 「最近の若者は・・・」とよく聞くように、自分が学生だったころどうだったかなんて覚えていません。

 そんな中、面接でマナーを見せつければ効果があります。 第一印象で「常識がある」と思わせれば内定も近づきます。

 

面接の入室のマナー

 面接入室から始まります。入室の際のマナーにはどのようなものがあるでしょうか。 面接で最も重要なのは入室です。入室時に第一印象が決まります。第一印象が良ければプラスからのスタートです。 一方、入室で失敗してしまうとマイナスからのスタートになり、ゼロに戻るまで時間がかかります。

 入室の時、ノックは3回です。 私は2回でも構わないのではないかとも思いますが、「ノック2回」は、トイレをノックする場合の作法だそうです。 国際標準のマナーでは、入室のノックは本来4回なのですが、ビジネスマナーでは3回に省略されています。

 私の入社した会社でも、最終面接のときに人事から「ノックは3回」と事前に指導がありました。 ノックの回数くらいで落とされることはありませんが、3回たたくと覚えておきましょう。

 そしてノックが済んだら大声で「失礼します!」と挨拶をします。 面接官はドアの向こうですから、普通の声で挨拶をしても相手に届きません。 面接官に絶対聴こえるくらいの大きさで挨拶をするのがマナーです。

 また、入室の挨拶の声が大きければ「元気がある」とアピールできます。 入室の挨拶の声量で第一印象が決まるといっても過言ではありません。 入室の挨拶はマナーであると同時に、評価の項目でもあるのです。

 ドアを両手を使って開け、中へ入り、ドアのほうに向かってドアを閉めます。 面接官の方を向いてドアを閉めてはマナー違反です。いったんドアに向きなおって閉めましょう。 面接官におしりを向けることになりますが、これがマナーです。

 ドアを静かに閉めたら面接官に向かって一礼します。 一礼のときに「よろしくお願いします!」と大きい声で言うのがポイントです。 「やっぱり元気がいいな」と追撃するチャンスです。

 一礼が終わったら椅子の側まで行き、「おかけください」と言われたら座りましょう。 勝手に座ってはいけません。あとは面接官の指示に従うのみです。

 集団面接の場合は入室の際、他の就活生とぞろぞろと入室します。 このとき必ず入口で立ち止まり、一礼をして入りましょう。 歩きながら礼をしてはいけません。一度立ち止まることでスマートに見えるのです。

 これはビジネスマナーでも同じです。

 

面接のマナー

 面接で席に着いたら、かばんを置きます。 かばんはどこに置くのがマナーでしょうか。もちろん控室に置いてきてはいけません。 かばんもスーツの大事な要素です。

 「かばんはここに置いてください」と指定されない限り、右利きの人は、かばんは椅子の右側に置きましょう。 左利きの場合は椅子の左側です。つまりは利き手側と同じほうにかばんを置けばいいのです。 特にどちらにおかなければならないというマナーはありません。

 しかし集団面接などで、隣の人が左側に置いた場合は自分も合わせて左側に置きましょう。 周囲に合わせるという能力が問われます。無理に「右側においてください」などと要求する必要はありません。

 席に着いたら、男性なら足を肩幅くらいに開いて手はそれぞれの膝の上で軽く握ります。 女性なら足を閉じて手は股の上で重ねて置きます。

 作法についてはこのくらいです。では実際に面接を受ける際のマナーに入っていきます。

 面接時は、自分から話し始めてはいけません。すべて面接官の指示に従います。 集団面接などで他の就活生が質問されているときに、横から口出しするなどはマナー違反です。 同様に、物音を立てたり、あたりを見回したりなど目立つ行為はマナー違反です。

 他の就活生が質問をされている間は、面接官の目と、発言する就活生を黙ってみていましょう。 その間はあなたはいないフリをしなくてはなりません。 そのとき面接の主役は他の就活生なのです。

 自分の番が回ってきたら、次は目立たなくてはなりません。 声は入室の時ほどではありませんが大きめで、面接官の目を見まくりましょう。 恥ずかしく思うことはありません。面接官は見られることが仕事なのです。

 質問をされたら「はい」と返事をしてから話を始めるのがマナーです。 「えーと」や「うーん」の代わりに「はい」と言い、考える時間をつくるのです。

 答えに詰まってしまっても沈黙は絶対に避けなければなりません。 面接ではレスポンスを見られています。レスポンスが早いに越したことはありません。 多少適当な答えになってしまっても、沈黙よりはマシです。何か答えましょう。

 面接官に良いところを見せようとするのはやめましょう。 良いところを見せようと、聞かれていないことを答えてしまうことがあります。 しかし、聞かれていないことを答えると、コミュニケーション能力がないことの証明になってしまいます。

 面接は会話のキャッチボールです。投げられたボールを受け取り、相手がかまえた位置に投げ返します。 聞かれたことにのみ答え、言いたいことがあれば「最後に言っておきたいことはありますか?」と聞かれた時に言いましょう。 面接官の指示に従うだけです。

 

面接の退室のマナー

 面接退室も気が抜けません。退室のときもまだ面接は終わっていないのです。 面接が終わり、「ありがとうございました」といって立ち上がり、そのまま外に出てはいけません。

 まず、「ありがとうございました」は立ち上がって言い、一礼しましょう。 座ったままより、立ち上がった方が印象が良いです。立ち上がりながらの一礼ではいけません。 やはり立ち上がっていったん止まってから一礼です。

 かばんを持ち、面接官の指示に従ってドアの前まで行きます。 ドアノブに手をかける前に、やはり一礼です。「失礼しました」と言います。 これで声を出すのは終わりです。

 「失礼しました」と言い終わったらドアのほうを向いて、ドアを開けます。 あまり音をたてないように注意してください。

 

面接会場には何分前に到着するべきか

 面接の会場には何分前に到着するべきでしょうか。 面接への遅刻だけは絶対にあってはなりません。かといって早く行き過ぎても面接官の都合もありますし、 迷惑をかけるのではないかと不安になります。

 結論から言うと、面接会場には15分前には到着しているように行きましょう。 電車の遅延やバスの遅延は意外とよくあることで、面接会場までで道に迷うことだってあります。 地図の通りに行こうにも、地図と実際の道が異なることはよくある話です。

 私は面接のときに入るビルを間違えたり、道に迷ったり、電車やバスを間違えることもありました。 しかし一度も遅刻はしていません。「Yahoo!路線」で調べ、面接会場へ60分前に到着できるように出発していたからです。

 もちろん60分も面接会場で待つ気はありませんでした。面接会場の近くの喫茶店で休憩し、 15分前に面接会場に入っていました。

 約束の時間より早く行き過ぎても、面接官の準備ができていなかったらプレッシャーを与えることになります。 かといってギリギリを狙っていくと何かあるとすぐに遅刻になってしまいます。 迷子になる可能性まで想定の上、早めに出発し、15分前になるまで面接会場近くで待つのがよいでしょう。

 

面接のマナーチェックリスト

 面接マナーで重要なものを一覧にしました。 面接のマナーのチェックリストとしてお使いいただけます。 面接のマナーは細かいものもありますが、すべて人事や社会人が気にする項目です。 「面接のマナーを勉強してきた」という姿勢を見せましょう。

 

身だしなみ

  • 靴はきれいか
  • 腕時計のベルトはシルバー、黒、茶色のどれかか
  • スーツをクリーニングに出したか
  • スーツのボタンは上だけ留める
  • ネクタイの結び目はきれいになっているか
  • シャツがズボンからはみ出していないか
  • 寝ぐせは直したか

 面接のマナーで身だしなみはとても重要です。面接は入室して3秒で決まるとよく言われます。 第一印象で「合格ありきの面接」か「不合格ありきの面接」に分かれてしまうのです。 特にスーツや靴がきれいかどうかは社会人の最低限のマナーです。

 腕時計のベルトの色がシルバー、黒、茶色以外だと不必要に目立ってしまいます。 寝ぐせは髪型として認識してもらえる可能性もありますが、極力寝ぐせは直しましょう。

 

入室のマナー

  • ノックは3回
  • 大きな声で「失礼します」と言う
  • 返事や指示があるまで待つ
  • 勝手にイスに座らない
  • 鞄は指示がなければイスの横に置く
  • 座る前に「よろしくお願いします」
  • (男性)足は肩幅に開いて手を軽く握り膝の上に置いて座る
  • (女性)足は閉じ、手は交差させて股の上に置いて座る

 面接のマナーで最も重要なのは「大きな声」です。いくら完成度の高いエントリーシートを提出していても、 いくら身だしなみを整えていても、「元気がない」と思われたらおしまいです。 人事は「元気で明るい新卒」を求めています。

 面接では指示されていないことはしないようにしましょう。 勝手にイスに座ったり、勝手に鞄を台の上に置いたりするのはご法度です。

 当然ながら、足を開きすぎたり、面接中に足を頻繁に動かしたりするのは、 面接官も気になってしまうのでやめましょう。面接の内容以外で突っ込まれる要素を作ってはいけません。

 

言葉遣いのマナー

  • 大きめの声で話す
  • ですます調で話す
  • 「貴社(書き言葉)」ではなく「御社(話し言葉)」
  • 男女ともに一人称は「私」
  • 質問に対し、まずは「はい」と返事する
  • 面接官の目か、ネクタイの結び目を見続ける

 面接は緊張するでしょうし、言葉遣いはそこまでシビアに考えなくても構いません。 ある程度言葉遣いのミスは大目に見てもらえますが、「大きい声」だけは意識しましょう。 「元気がない学生」は問答無用で不合格です。

 「目を見て話すのが恥ずかしい」という就活生にアドバイスです。 面接では面接官の目を見て話す必要がありますが、どうしても目を見るのが恥ずかしければ、 ネクタイの結び目を見ましょう

 面接官とはある程度距離が離れていますので、ネクタイの結び目を見ておけば、 面接官は「目を見られている」と思うものです。あまり下を向くと「暗い」「元気がない」 という印象を与えますので注意しましょう。

 

退室のマナー

  • 面接が終わったら立ち上がって「ありがとうございました」
  • お礼を述べたら鞄を持ち、ドアへ向かう
  • ドアを開く前に一礼し「ありがとうございました。失礼します。」
  • 話しかけられたら動作をやめ、目を見て会話する

 退室時はとにかく大きな声で「ありがとうございました」と述べましょう。 席を立つ際にお礼を述べるのは社会人のマナーであり、お礼を述べないことは許されません。 「お礼は1回だけ」というルールはありません。立ち上がってお礼、ドアの前でお礼の最低2回はこなしましょう。

 入室の時とは異なり、特に指示がなければ自発的に退出しましょう。 面接官にとって「就活生の入室」は「招き入れる」ということですが、 「就活生の退室」は「おかえりいただく」ということです。

 面接官も「帰れ帰れ!」とは言いにくいものです。 自ら鞄を持ち、ドアに向かって進み、ドアの前で礼をして退出しましょう。 退出も慌てる必要はありません。「もしかしたら呼び止められるかも」くらいに思って、 慌てずに退出しましょう。