リアルタイム閲覧者数:30人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 MY就活ネットは就活する・これから就活を始めて「将来の夢の実現」を目指す学生の方を対象に設立されたタテマエ抜きの就活情報サイトです。 MY就活ネットは、就活時には思いもよらない社会の常識、マナー等を集めています。 就活の予習、就活中の参考、就活後の振り返り等様々な活用をしてください。

 

MY就活ネット|タテマエ抜きの就活情報サイト

就活を成功させるために

 就活成功内定です。内定を得るためには、就活が始まる3月まで待っていてはいけません。 大学受験で受験勉強をするのと同じように、就活にも準備が必要です。 就活の準備をして万全の態勢で就活開始を迎えましょう。

 就活準備とはいっても何をすればよいのでしょうか。 それはエントリーシートの作成です。「エントリーシートの様式すらもらっていないのにエントリーシートを作れるの?」 作れるんです 

 エントリーシートは履歴書の就活版です。市販の履歴書とは異なり、 会社によって項目が違います。どこの会社でもエントリーシートを通じて就活生に聞いてくることは、同じことなのです。

 就活生に求められているものはTOEICのスコアでも、海外留学経験でも、ボランティア活動でもありません。 将来の夢があり、その夢の実現のために努力し続けていることが求められているのです。 将来の夢の実現のために頑張っていること、将来の夢の実現のためにその会社に入社しなければならない理由を、 エントリーシートで問われているのです。

 なぜなら、「会社と志を同じくしている、または似ている」学生こそが「一生懸命働いてくれる」学生だからです。 これは古代の「孫子」などの兵法書にもあるように、「上も下も同じ志」であればあるほど、目的に向かって一緒に努力し、 成功へと導いてくれるからです。

 そして、すべての就活生は将来の幹部候補です。将来課長や部長、取締役や社長になるかもしれない人材を採用するのです。 やはり最重要なのは「会社と志が同じか、似ているか」なのです。

 エントリーシートの提出時期は5月ごろですが、会社説明会リクルーター面接の時点ですでに、 エントリーシートは提出できる状態でなければなりません。就活はフライングが好きです。 会社はフライングして、面接の前にリクルーター面接、リクルーター面接の前にエントリーシートのチェックをしたがるのです。

 つまり、会社からエントリーシートの説明がある前、すなわち就活解禁前からエントリーシートはつくっておく必要があるのです

 まずは、就活の流れを確認し、それぞれの項目に従って今すぐ就活対策を開始しましょう。

 就活流れとして、はじめに自己分析をしましょう。 就活では自分という存在を明確に、はっきりと面接官に伝える必要があります。 自分のことは自分がよく知っているのは確かですが、客観的に説明できるように自己分析は必須の作業なのです。

 自己分析とは、将来の夢、夢の実現のために何をしてきたか、 夢の実現に対して自分の強みと弱みを再認識する作業です。 自己分析診断ツールを使って、結果を修正しながら作成するのがおすすめです。

 まずは「将来の夢」を明確にし、「自分と気の合う会社はどんな会社か」を判断する材料を準備しなければなりません。

 エントリーシートを作文するにはまず、就職活動の軸を確定しなければなりません。 就職活動の軸とは、つまりは将来の夢のことです。自己分析でわかった将来の夢を、エントリーシートに書いても恥ずかしくないように書いていきます。 就活の軸なしにエントリーシートは作れません。

 就活では「夢を持ち、一貫して夢を追い続けていて、夢の実現のためにこの会社を選んだ」という人から採用されていきます。 非常に説得力があり、熱心にバリバリ働いてくれることが予想されるからです。

 自己分析で就活の軸をイメージし、就活の軸をもとにエントリーシートの質問に答えていきます。 就活を始めるまでは「就活の軸」という言葉とは無縁だと思います。 この概念をしっかり理解し、採用担当者が何を求めているのかを踏まえて次に進みましょう。

 エントリーシートの要である学生時代頑張ったことを考えます。 自己分析でわかった、夢の実現のためにしてきたことを400字~500字程度で作文します。

 学生時代頑張ったことは自己PRとも言われます。就活の軸に沿って書くことによって、 説得力のあるエントリーシートになります。「将来の夢のためにどんな人生を送ってきたか」をアピールすることで、 会社も「うちと同じ志をもった人物だ」と判断できるわけです。

 自分の生き様を書き、「私こそが貴社の求める人材です」とアピールしましょう。

 長所短所を考えます。 就活では長所と短所が必ず問われます。実は長所と短所も適当に書けばいいものではありません。 将来の夢の実現のために役立つ長所、将来の夢の実現の障壁となる短所を書くのです。

 もちろん短所は短所のままほうっておいてはいけません。 短所を改善するために努力していることを準備しておきましょう。

 長所も単に「長所だ」というだけでは、説得力がありません。 長所が長所であるエピソードを考え、面接で質問されても長所の根拠を言えるように準備しておきましょう。

 ここではどれだけ自分の本質を理解していて、問題を解決しようと頑張っているかどうかと、 向上心のある「アツい学生」かどうかが見られています。

 「就職活動の軸」が出来上がったら、「会社探し」に入ります。しかし世の中には無数に会社があり、 特に就活生が知っている会社はテレビCMをしているようなBtoC企業のほんの一部にすぎません。 一生働く会社を決めるのに、すでに知っている会社だけを調べるのはもったいないですね。

 そこで、業界ごとに、自分の将来の夢が実現できそうな業界を調べていって、 それからその業界にある会社を調べて、志望動機をかためていくという作業をします。 これを、業界研究と言います。

 もしも業界研究をしなかったら、その会社がほんとうに自分に合っているのかわかりません。 というのも、もっと向いている業界、会社があったかもしれないからです。 面接でも「○○業界のほうが向いてるんじゃない?」と言われることはあります。

 また、入社後の「ギャップ」に悩まされて退職していく人が多いのも事実です。 これは、イメージだけで就活をしてしまった人のたどる道です。 しっかり業界研究をして、自分に合った会社を見つけましょう。

 就活は、大学3年生の6月に募集が始まるインターンシップが実質的なスタートです。 2019年卒以降は「1日インターンシップ」が解禁されましたので、インターンシップが採用選考の主流になっていきます。 インターンシップまでに業界研究までのステップを終わらせておくと、後の就活を有利に進めることができます。

 というのも、多くの就活生は経団連発表の「就活は大学3年生の3月から」を信じているからです。 みんなが気合を入れていない段階で、充実したエントリーシートを提出することができれば、 採用担当者の目にとまります。

 インターンシップの段階ではまだライバルが少なく、さらに充実したエントリーシートを提出できれば、 かなり高い確率でインターンシップを受けることができます。 そして、インターンシップで熱意を会社にぶつけることで、存在をアピールするのです。

 必ずインターンシップには参加しましょう。

 就活開始の3月1日を迎えて最初にやることは、プレエントリーです。 プレエントリーは会社ごとに個人情報を登録するだけの簡単な作業ですが、 会社説明会、リクルーター面接を受けるにあたって必須の作業です。

 1社1社にプレエントリーをし、会社説明会の案内を送ってもらえるようにします。 プレエントリーをしなければ会社からアプローチが来ることは決してありません

 プレエントリーは、エントリーとは異なります。ここでエントリーシートを提出することはありません。 エントリーシートの提出はもう少し先です。「メールがいっぱいきたらどうしよう」などと心配している暇があったら、 どんどんプレエントリーして可能性を広げるべきです。

 ここで何社プレエントリーしたかによって、就活での精神的な落ち着きにつながります。 プレエントリーの数が少ないと、書類選考落ちや面接で不合格になるにつれて不安になり、焦るようになっていきます。 そのときたくさんプレエントリーしておけば「まだ後がある」という安心を得られるのです。

 会社説明会ではどんな質問をすればよいでしょうか。 ここでは会社説明会の質問の例を掲載しています。集めている質問は、会社説明会だけでなくリクルーター面接などでも使えるものです。 有効に活用してください。

 会社説明会では「出席」や「質問すること自体」が重要だと言われますが、そうではありません。 自分をアピールするための質問ではなく、「会社のビジネスの本質」や「会社の目的や戦略、戦術」を知るための質問、 エントリーシートのネタにするための質問、入社後のイメージをつかむための質問をするのがよいでしょう。

 説明会で質問をして、その回答によってエントリーする、しないを決めてもよいでしょう。 もちろん会社説明会に参加するにはプレエントリーが必須です。

 リクルーター面接とは、本来面接をしてはいけない時期に、 他の会社を出し抜いて先に面接をしようとする会社の産みだした制度です。 「1対1の質問会をしましょう」と電話がきたら、それは「面接の前の事前面接」です。

 リクルーター面接で就活の軸、学生時代頑張ったことをしっかり話せたら、内定への近道になります。

 リク面に現れるリクルーターと呼ばれる社員は、普段はそれぞれの部署で働いている社員です。 しかし次のリクルーター面接に誰を呼ぶか決める権限を持っており、事実上の面接官です。 0次面接だと思って、完成させたエントリーシートを使って臨みましょう。

 面接の時期は6月1日からです。6月1日を迎えると一斉に面接の本番が始まります。 せっかくエントリーシートを完成させていても、面接のときに内容を忘れていたら意味がありません。 自分の書いたエントリーシートをしっかり復習して全力で面接に取り組みましょう。

 どれだけエントリーシートを完成させていても、面接に呼ばれるかどうかは運次第なところもあります。 というのも、会社とあなたの気が合うかはわからないからです。 そのときのためにもたくさんの会社にエントリーシートを送っておくべきでしょう。

 最終面接に通過すると晴れて内々定となります。 内々定を獲得すると、よっぽどのことがない限りは10月1日に内定がもらえます。 つまり内々定が就活のゴールです。

 内々定は、内定とは異なり「採用の約束」ではなく「内定の約束」ですが、 内々定をもらうと普通は取り消されません。最終面接の最中に「一緒に働こう」と言われたり、 電話がかかってきて「一緒に働こう」と言われたりします。

 内々定をもらった瞬間というものは、気持ちの良いものです。

 

 就活流れは、上記のようなものです。 エントリーの時期、つまりエントリーシートの提出とWEBテストの受験は、 リクルーター面接の前後で行います。

 MY就活ネットでは、大まかな就活の流れだけでなく就活の細部に渡って情報提供をしています。 あなたの就活の成功のためにご活用ください。

 

内定の確実性を高める!5つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは余計な手順を省いてその場で面接を開始する内定直結イベントを開催しています。 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 2019年卒のみなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?もう2019年卒の就活は始まっています! 一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしましょう。

 逆求人で会社からスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

LEAVING

 みなさんはインターンシップに申し込みましたか?2019年卒からはインターンシップが選考の中心になります。 インターンシップは内定に直結する重要なイベントです。インターンシップには、大学1年生から参加することができます

 ところで、「企業」と聞いて、いまのあなたは何社思い浮かぶでしょうか。 おそらく20社くらいだと思います。就活開始当時は私もそうでした。しかし、無数にある会社からたった1社を選ぶのですから、 会社はいくらでも知っておきたいですよね。当然、インターンシップにも何社も何社も参加することで就活はさらに有利になります

 優良企業、大手企業のインターンシップに申し込める上に、毎月優良企業を紹介してくれる就活サイトがあります。 それは、LEAVING(リービング)です。 LEAVINGは長期・有給のインターンシップを募集している優良企業を厳選掲載しており、 マンツーマンでおすすめ企業を紹介してくれる就活サイトです。

 自己PRのつくりかたは学生時代頑張ったことで解説しています。 自己PRを準備してインターンエントリー会を申し込み、内定をかっさらってしまいましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」




新国立競技場の工事で時間外労働212時間…新卒社員が失踪、過労自殺
東京以外に本社がある大企業wwwww
家を買わない、結婚もしない…若者に蔓延する低欲望社会
大企業の社長「富山生まれは閉鎖的な奴が多いから採用しない」
バブル期以来の深刻な人手不足続く…宅配・飲食・小売などで顕著に
地元の田舎に就職して後悔してるやつ
就活終わった大学生が語り合うスレ
インターンの実態「下流大学は門前払い」
10年目までの社会人、4割が「就活を後悔」
就職してから、人生楽しい奴っているの?
2ちゃんねるの運営方針変更に伴うブログの一時休止について
マジで滅びて欲しい企業あげてけ
【悲報】ワイ東大卒、官僚になって4週間…激務で死にそうンゴ
公務員って実際どうなの?
僕「一橋です」中学の同期「なにそれ、私立?」
就活生ワイ(22)、TOEIC742点で高みの見物
ワイニート、あと4ヶ月で追い出されるらしい
工事現場で腕振るだけの仕事の奴w
ワイ営業、取引先に向かうも帰れと怒られる
良い大学卒業したのに百貨店にわざわざ就職する奴
仕事辞めてから2ヶ月経った
就活乗り越えた勇者たちに1がアドバイスをいただくスレ
手取り18万って人生詰んでる?
大学卒業して働いて30歳になる
飲み会について社会人の皆さんに聞きたい