リアルタイム閲覧者数:55人
 

人事の本音【就活】

 就職するとたびたび人事の本音を聞けます。 友人が人事から聞いた本音や、私が人事から聞いた本音などを載せていきます。 

人事の本音1:「事務系なんてこの会社にした理由ないでしょ?だから面接でもきかなかったよ。で、ぶっちゃけどんな理由で入ったの?純粋に気になる。」

 なぜこの会社を選んだのかなんて理由がないことは人事も知っているということです。 全くその通りです。正社員で高待遇ならどこでもいいのです。

人事の本音2:「関東では学習院大学ってMARCHより上位校だよ?」

 たしかに周りの人にきいても、MARCHや関関同立がいなくても学習院出身はいる等、純粋に上智の次くらいのランクに考えられているそうです。

人事の本音3:「研修中に適性がわからなかったら総務にブチ込む」

 つまり、どこそこの部署に適性があるから採用!ではないということですね。

人事の本音4:「俺、君たちのエントリーシート読んでないよ」

 なんということでしょう。まさかあんなにがんばって書いたのに読まれてないなんて。

人事の本音5:「美人はすぐ結婚して辞めるからブサイクしか採用しない」

 顔採用も逆パターンがあるということですね。逆に総合職のための結婚要員として美人を雇い、 独身寮の食堂が共同など、出会いの機会もつくったりしてくれる会社もあります。 結婚すると男は家族を養うために、さらに仕事をがんばるからだとか。 脱サラや起業はやりにくくなりますね。

人事の本音6:「簿記2級とか英検準2級みたいな誰でもとれる資格は全然評価の対象にならないよ」

 まぁ高校生が取る資格ですし簿記2級は中小企業まででしか通用しませんしね・・・

人事の本音7:「英語ができる以前に仕事ができないと話にならないから、英語ができるだけじゃしょうがないよね」

 ごもっともです。自慢するものがTOEICの得点しかない人を雇うなら、プロである通訳を雇ったほうが確実です。

人事の本音8:「就活マニュアル本の通りに就活する人って仕事では使いやすいから良い」

 まぁ会社に人生を捧げてくれそうではありますね。社畜候補。 会社のためなら思ってもないことを平気で言ってのける能力があるわけですから。

人事の本音9:「採用するかどうかは、会社と性格が合うかどうかだよ」

 優秀かどうか以前に、性格が合うかどうかだそうです。

人事の本音10:「エントリーシートを読む時間は1枚1分くらい」

人事の本音11:「エントリーシートが手書きなのは、時間をそれだけ使うほどの熱意があるかを見るため」

 読まないくせにこれはひどい!