リアルタイム閲覧者数:17人
就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス

 

【就活】会社が求める人物像

 就活にあたって人事が何を求めているのかを知るのは重要なことです。 しかし、会社説明会では会社が求める人物像として、「積極性」「柔軟性」「外向性」「やる気がある人」 のようなあいまいな説明しかされません。

 では実際どのような採用基準で選考を行っているのか解説します。 

 

会社が就活生に求めること

 会社は就活生に何を求めているのでしょうか

 会社の人事の立場にたって考えてみましょう。あなたが人事部の採用担当者であれば、どんな学生を採用するでしょうか。 人事部では各部署から「うちの部署に〇〇人ほしい」と要求され、その人数分だけ採用します。 内定を出しすぎても、足りなくてもいけません。

 各部署が喜ぶ人物、すなわち処理能力が高く向上心のある学生を採用したいですね。

 新卒採用は会社の固定費を増やします。その人数分だけ会社が支払う給料が増えるのです。 新卒はすぐには即戦力になりませんから、しばらく給料だけを払い続ける期間になります。 当然、数年後にはバリバリ活躍してもらい、給料以上に利益を出してほしいですよね。

 処理能力が高いというのはWEBテストなどの「筆記試験」ではかることができます。 また、「学歴」も重要なファクターになります。「面接」で突飛な質問をして答えられるかどうかも判断基準の1つになります。

 一般的に就活生の多くはこの「処理能力」だけを見られていると思いがちです。 しかし、いくら処理能力が高くても、それだけでは各部署が喜んで、バリバリ活躍してくれる学生かどうかはわかりません。 処理能力だけをみるなら、エントリーシートなどいらないのです。

 見落としがちなのは「向上心」と「バリバリ活躍する」ことです。

 「向上心」とは、「絶えず成長してくれるかどうか」ということです。 会社の教育システムに依存するのではなく、自分から新しいことを学ぼうとする姿勢が求められます。 これはエントリーシートの「学生時代頑張ったこと」に表されています。

 「学生時代頑張ったこと」は、就職活動の軸、すなわち「将来の夢」に向かって何をしてきたかを書く項目です。 将来の夢があって、どんな問題を抱えていて、それに対してどのように解決をはかったか、 また何を学ぼうとして活動してきたかを書きます。これこそ「向上心」が表れる部分です。

 「長所と短所」も同様です。長所と短所は、「将来の夢」の実現にあたって、 現状の自分を正しく認識しているかどうかを問われる項目です。長所はともかく、 短所については「克服しようとしている」という姿勢も問われます。まさに「向上心」ですね。

 「バリバリ活躍する」とは、「本気でビジネスに取り組んでくれるかどうか」ということです。 多くの就活生はこれを甘く見ています。与えられた仕事だけをして、なるべく楽な仕事で高い給料を得たいというのが本音です。 しかし、経営者候補生である総合職として働く以上、会社としては本気でビジネスに取り組んでくれなければ困ります。

 「本気でビジネスに取り組んでくれるかどうか」は、「この会社に入って挑戦したいこと」で問われます。 この項目ももちろん「将来の夢」の実現のためというのが中心に書かれるものです。 「このビジネスを通じて夢を実現する」というのが、正しい書き方になります。

 こうすることで、「自分の将来の夢の実現」という、バリバリ活躍する根拠を示すことができます。

 「会社が求める人物像」としてよく言われる「積極性」とは、言い換えれば「向上心」と「バリバリ活躍すること」です。 エントリーシートや面接ではこれらをアピールすることが必要になります。

 

就活生が会社にアピールするべきこと

 就活生が会社にアピールするべきことは、「向上心」と「バリバリ活躍すること」です。 しかし、「向上心があります!」「バリバリ働きます!」というだけでは説得力がありません。 両方とも、その根拠をエントリーシートに書き、面接で話す必要があります。

 これをアピールするためには、まず「就職活動の軸(将来の夢)」を確定しなければなりません。 就職活動の軸について、就活生の多くは「歴史に名を刻みたい」「大きな仕事がしたい」 といったどこからかパクってきたようなことを言います。

 こういったあいまいな言葉ではなく、その根底にある「自分の欲望」を直視してみましょう。 よそ行きの取り繕った言葉では説得力は生まれません。いったん、口に出すのも恥ずかしいくらいの夢を考えてみてください。

 本音では「お金持ちになりたい」という人が多いのではないでしょうか。 しかし、これもまだ本質的ではありません。「お金持ちになる」というのも、何か目的があるはずです。 お金を稼いで、何を実現したいのでしょうか。

 私の場合は「なにもする必要がない生活」でした。「向上心」や「バリバリ活躍する」とは真逆のような夢です。 しかし、自分の本当の欲望なんですから仕方がありません。素直に認めましょう。 この根底の欲望をビジネスにつなげて考えればよいのです

 例えば、「オートメーション化を進める」「家具をすべてインターネットにつなげてスマホで操作する」 「VRで出勤する仮想オフィスをつくる」「眠っている間に目的地に連れて行ってくれる自動運転を実現する」など、 「何もしたくない」をビジネス化する方法はいくらでもあるわけです。

 このように「本当の夢」をまず確定します。

 次に、その夢を実現するために「学生時代頑張ったこと」、 現状の自分を分析して何があって、何が足りないのかを明らかにする「長所と短所」、 夢をビジネス化するとどうなるかを書く「この会社に入って挑戦したいこと」または「なぜこの会社を選んだのか」を書くのです。

 まとめると、「就職活動の軸」をもとに「向上心」と「バリバリ活躍すること」をアピールするのが、 就活生が会社に求められていることです。

 

会社が求めるコミュニケーション能力とは

 就活生の多くはコミュニケーション能力に悩んでいます。 これは、「コミュニケーション能力」という言葉そのものが非常にあいまいだからです。 何ができれば「コミュニケーション能力がある」とされるのかわからないために、就活生は不安に思います。

 しかし、コミュニケーション能力で悩む必要はありません。 なにも「ナンパ成功率100%!」のような超人的な能力を求められているわけではないのです。

 実は「質問の意味を理解して答えられる」能力と、「明るくハキハキと話す」ことが求められているにすぎません。

 会社で働くにあたって「意思疎通ができる」ことは非常に重要です。 上司が何かを指示するとき、ちゃんと意味を理解してくれるかどうかは人事の採用担当も気にするところです。 というのも、配属後に「この新人、日本語が通じねえぞ!」などと文句を言われるのは面倒だからです。

 そして、「元気であること」も重要です。 会社が新卒採用をするのは、もちろん仕事をしてほしいのもありますが、会社に新しい風を吹かせたいという目的もあります。 元気がない就活生を採用しても、会社に新しい風は吹きません。

 ではこの2つをどのように会社にアピールすればよいでしょうか。

 「明るくハキハキと話す」ことはその通りですね。面接では、とにかく明るくハキハキと話すことが必要です。 想定していなかった質問をされたり、痛いところをつかれたとき、声が小さくなってしまいがちです。 自信のないことでも断定して構いません。間違っていたら謝ればいいですし、そもそも正直に「わかりません」というのも手です。 沈黙することだけは避けましょう。

 「質問の意味を理解して答えられる」ことは、面接では少々難しい面もあります。 というのも、自分を良く見せたいがために、聞かれていないことまで答えてしまうことがあるからです。 短所を聞かれているのに、「私の短所は〇〇です。しかし、裏を返せばそれは長所でもあります。」などと、 長所を答えてしまうなんてことはよくあります。

 これこそが「コミュニケーション能力がない」とされる受け答えです。 コツとしては、自分を良く見せようなどと思わないことです。 会社が「新人研修」などの社内研修を予定しているのは、仕事に必要な能力を身につけさせるためです。最初から完璧である必要などないのです。

 しかし、教育係や上司と意思疎通ができることだけは求められます。 新人研修を受けてしっかり勉強してくれそうか、または研修をしても意味がなさそうか。 会社の採用担当者が気にしているのはこの点なのです。

 

人事の本音

 私が人事の採用担当者、人事部長、リクルーター面接の面接官などから直接聞いた「人事の本音」を掲載します。

 原則としてはエントリーシートの書き方は「就職活動の軸」に沿ったものです。 しかし、会社によっては「他社が設問をもうけているから」というだけの理由でエントリーシートを書かせている場合もあります。 会社の採用担当者が優秀であるとも限らないのです。

 会社によっては新入社員に採用を任せるところすらありますし、「採用戦略」の本質が見えていない採用担当者もたくさんいます。 実際大きな会社では人事部以外の、実際に営業部や設計部で働いている人を面接官として動員したりしますから、 面接官が人事のプロでないことは往々にしてあります。

 そんな採用担当者がどんな風に思っているか紹介します。

人事の本音1:「事務系なんてこの会社にした理由ないでしょ?だから面接でもきかなかったよ。で、ぶっちゃけどんな理由で入ったの?純粋に気になる。」

 驚くことに私の会社の人事部長から出た発言です。入社してからこの人事部長の経歴を調べてみたところ、 人事部にきたのはつい最近で、もとは全く関係ない部署で働いていた人でした。 案の定、今では人事部長を外されて地方に飛ばされてしまいました。

人事の本音2:「関東では学習院大学ってMARCHより上位校だよ?」

 たしかに周りの人にきいても、MARCHや関関同立がいなくても学習院出身はいる等、純粋に上智の次くらいのランクに考えられているそうです。 学歴ランキングを気にしている人も多いですが、偏差値が1~2違うくらいでは、 会社ではまったく気にされません。

人事の本音3:「研修中に適性がわからなかったら総務にブチ込む」

 つまり、どこそこの部署に適性があるから採用!ではないということですね。

人事の本音4:「俺、君たちのエントリーシート読んでないよ」

 なんということでしょう。まさかあんなにがんばって書いたのに読まれてないなんて。 まあこれは上で述べた、後に左遷されることになる人事部長の言葉なんですが・・・

人事の本音5:「美人はすぐ結婚して辞めるからブサイクしか採用しない」

 なんてこというんだよ・・・

 顔採用も逆パターンがあるということですね。逆に総合職のための結婚要員として美人を雇い、 独身寮の食堂が共同など、出会いの機会もつくったりしてくれる会社もあります。 結婚すると男は家族を養うために、さらに仕事をがんばるからだとか。 脱サラや起業はやりにくくなりますね。

人事の本音6:「簿記2級とか英検準2級みたいな誰でもとれる資格は全然評価の対象にならないよ」

 まぁ高校生が取る資格ですし簿記2級は中小企業まででしか通用しませんしね・・・ そもそも資格は必要なら取ればいいのであって、必要もないのに取得しているのはただの資格コレクターです。

人事の本音7:「英語ができる以前に仕事ができないと話にならないから、英語ができるだけじゃしょうがないよね」

 ごもっともです。自慢するものがTOEICの得点しかない人を雇うなら、プロである通訳を雇ったほうが確実です。

人事の本音8:「就活マニュアル本の通りに就活する人って仕事では使いやすいから良い」

 まぁ会社に人生を捧げてくれそうではありますね。社畜候補。 会社のためなら思ってもないことを平気で言ってのける能力があるわけですから。

人事の本音9:「採用するかどうかは、会社と性格が合うかどうかだよ」

 優秀かどうか以前に、性格が合うかどうかだそうです。 これは「就職活動の軸」と「経営理念」が一致しているとアピールすることで高評価が得られるということですね。

人事の本音10:「エントリーシートを読む時間は1枚1分くらい」

人事の本音11:「エントリーシートが手書きなのは、時間をそれだけ使うほどの熱意があるかを見るため」

 読まないくせにこれはひどい!

 

内定の確実性を高める!4つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 みなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしなければならないからです。

 さらに、就活にはいろんなやり方があります。逆求人サイトでスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

ココリク

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス