リアルタイム閲覧者数:33人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就職活動の軸

 就職活動の軸(就活の軸)とは「将来こういうことがしたい」「こうなりたい」というもので、 すなわち将来の夢です。就職活動の軸=将来の夢を考えることを、自己分析と呼びます。 就職活動の軸がエントリーシートを書くときや、面接のとき重要になります。

 就活で最も大切なことは、就職活動の軸です。エントリーシートや面接で求められているのは就職活動の軸なのです。 長所や短所、学生時代頑張ったこと、なぜこの会社を選んだのかといった質問はすべて、就職活動の軸を表現する場です。 各項目を独立して答えてはいけません。

 就職活動の軸がしっかりしていると面接官に褒められ、軸がぶれている、あるいは軸がないと落とされます。 リク面ですら就職活動の軸を求められるので、就活の始まる3月中には完成させておかなければなりません。 どんな人生を送りたいかということを常に考えておきましょう。

 就職活動の軸に「こういう人生を歩んできたので」「こういう経験をしたので」 「将来の夢を実現するにはこの業界のこの企業でないといけない」という理由付けをしていきます。 これが企業選びの軸です。 

 

就職活動の軸とは?

 就職活動の軸とは、将来の夢です。将来の夢を就活用に言い換えた言葉が、就職活動の軸なのです。 こんな人生を送りたい、こんな仕事がしたいという、会社選びの理由になります。 行きたい会社について、「それはなぜ?」と自問自答を繰り返して最終的に得られた答えが就職活動の軸です。

 「就職活動の軸」などと難しい言葉を使っていますが、単に「将来の夢」のことだとわかると拍子抜けしてしまうことでしょう。 就活はやたら難しい言葉を使いたがる「意識高い系」によって、変な言葉が量産されています。 しかし、実は就職活動の軸も簡単なことなのです。

 就職活動の軸はESを書くときに必要となります。エントリーシートの全ての項目は、就職活動の軸を中心にして、派生して書いていくものなのです。 ただ「学生時代頑張った」「この会社に入りたい」というだけでなく、それらすべてに同じ理由があれば説得力が出ます。 この共通の理由のことを、就職活動の軸と呼ぶのです。

 就活を始めるとみんな当然のように「就職活動の軸」を語りますので、驚いたものです。 普通に大学に通っていたら全く使わない言葉ですよね。誰が広めているのでしょうか? まあ就活本とかそのあたりなんでしょうね。

 就職活動の軸が影響するのは、学生時代頑張ったこと、なぜこの会社を選んだかだけではありません。 長所や短所、趣味や特技も就職活動の軸に沿っているものであれば、説得力がさらに増します。 一種のポリシーのようなものです。

 エントリーシートには「将来の夢」を実現するにあたって過去・現在・未来の3つの視点でアプローチしていきます。 「過去」とは「学生時代頑張ったこと」、「現在」とは「なぜこの会社を選んだのか」「長所短所」、「未来」とは「この会社で挑戦したいこと」なのです。

 就職活動の軸を元に、「学生時代頑張ったこと」や「なぜこの会社を選んだのか」「長所」「短所」で「『将来の夢』実現ストーリー」のです。 「将来の夢を実現するために、役立つ長所があり、こういう短所があり、夢の実現に向かって学生時代はこんなことを頑張り、 この会社に入社してその仕事をすることで夢が実現できる」というストーリーです。

 就活では「『将来の夢』実現ストーリー」を作ることが求められ、ストーリー性のあるESを書けた学生から内定をもらえます。

 会社は新卒採用において、即戦力を求めているのではありません。教育期間を経て、数年後にバリバリ活躍することを期待しています。 総合職では入社3年~5年程度で「主任」に昇格しますが、主任になるころが「バリバリ活躍する」ころなのです。 ですから、会社は就活生の過去よりも未来を重視します

 「将来の夢」を軸に自分の過去・現在・未来を評価するのです。会社選び自体、「将来の夢」を実現できそうな会社かどうかで判断します。 だから「将来の夢」のことを「就職活動の軸」というんですね。

 少し気恥ずかしいですが、 将来の夢を語らないと内定がもらえないのです。仕方がありません。就職活動の軸をつくりましょう。 将来の夢のネタはなんでもいいのです。

 

就職活動の軸の例

 就職活動の軸は、例えば

  • 社会貢献したい
  • 地域に貢献したい
  • 世界に貢献したい
  • 世界を豊かにしたい
  • 良いものを世の中に広めたい
  • 人の笑顔を見たい
  • 人の役に立ちたい
  • お金持ちになりたい
  • 良い車に乗りたい
  • ある趣味をずっと続けたい
  • これがしたい
  • あれがほしい
  • 良いものを食べたい
  • 良い家に住みたい
  • 目立ちたい
  • 友達を増やしたい

といったものです。 これらは自分の根底にある夢、生きる理由から発展させて考えます。 就活をする理由、その会社を選ぶ理由、学生時代に頑張った理由など、全ての理由は就職活動の軸となるように、軸を決めるのです。

 しかしまだこれでは「プロ野球選手になりたい!」「青山に広い家がほしい!」「カイエンに乗りたい!」レベルです。 もっと深く掘り下げて、真の願望を見つけ出さなければなりません

 就職活動の軸:家電メーカー志望「サッカーをずっと続けたい」

 サッカーをずっと続けたい→もしも洗濯機がなかったら手で洗濯をしなければならない→サッカーをする時間がますますなくなる →家電はタイムマシンといっても過言ではない→みんなに時間をつくるような家電を広めたい

 この場合、就職活動の軸は時間を作り出すことです。サッカーがしたい、ゲームがしたい、ごろごろしたいは表面的な願望に過ぎません。 「したければ、すればいい」で話が終わってしまいます。しかし現実には働くと時間がとれないわけですよね。 ではどうやって時間をつくればいいか。そこで、「はっ!時間をつくることが将来の夢なんだ!」と気づきます。

・電車や車も時間短縮のツールじゃない?→人は電車や車に乗っている時間より、家事に費やしている時間のほうが長いと考えている
・自動車メーカーでもいいんじゃない?→私の住む東京では、車は時間短縮のツールではない
・ソニーさんのほうがいいんじゃない?→貴社の経営理念は私の将来の夢と一致しており、貴社でなければならないと思った

例:自動車メーカー志望「世界に貢献したい」
・家電メーカーでもいいんじゃない?→自動車こそが安心安全の日本ブランドを最大限活かせる業界だと思う

 この場合「世界に貢献したい」が就職活動の軸で、他は企業選択の軸です。就職活動の軸を固定させれば、 業界、企業に合わせて細部を変えればいいだけなので就活が楽になります。使い回しが可能だということです。

 業界と業界の比較は簡単ですが、企業と企業の比較は難しいです。 同業他社も同じ業務をしています。仮に今シェアNo.1でもいつひっくり返るかわかりません。

 恰好いいことを言いたいですが、実際その業界で働いてみないと企業のアイデンティティはわからないと思います。 ではどうするか。社員の方々は「就活の時は社風とか社員の方の雰囲気とかで比較しました」 と仰っていたのでそれでもいいと思います。

 しかし、最も良いのは会社の経営理念です。会社の経営理念は、会社の将来の夢なのです。 これに対して「貴社の経営理念と、私の就職活動の軸は一致しています。そのため、私は貴社に入社しなければなりません。」 と述べるのが、最も説得力があるのです。

 というのも、なぜ会社が就活生の「将来の夢」にかけるのかというと、バリバリ活躍してほしいからというのは先にも述べました。 志を同じくして、同じ高みを目指す人こそ最もバリバリ活躍してくれる人材です。 だからこそ、経営理念に共感したという志望動機がよく聞かれるのです。

 ですが、「共感」ではまだ「熱意」が足りません。「一致」していて「入社しなければならない」とまでかけて、 ようやく完成度の高いエントリーシートになります。

 

就職活動の軸の見つけ方

 就活の見つけ方を紹介します。将来の夢があれば将来の夢を使います。 将来の夢をそのまま就職活動の軸にするのです。将来の夢は先ほど挙げたようなものでかまいません。 エントリーシートに書くのはいったん抜きにして、どんな人生を送りたいか考えましょう。

 楽しいと感じること、嬉しいと感じること、やりたいこと、ほしいものを考えてみましょう。 そこからもう一歩踏み込み、「なぜ楽しいのか」「なぜ嬉しいのか」「なぜやりたいのか」「なぜほしいのか」を考えます。 ここで出てきた答えが就職活動の軸です。

 しかし、将来の夢がない場合、将来の夢から就職活動の軸を見つけるという方法が使えません。 そこで、入りたい会社から、就職活動の軸を決める方法を紹介します。

 入りたい会社から将来の夢を決定するのは手順が逆のようにも思えますが、 むしろ入りたい会社から考えたほうが説得力のある就職活動の軸をつくることができます。 しかし、この方法でつくった就職活動の軸は、他の業界、他の会社には使いまわせないのでESを作成する手間は増えます。

 見つけ方の例:「三井倉庫に入りたい」

 三井倉庫に入社たい→(なぜ三井でないといけないのか)→FLEXPRESS等、物流の最適化が行われている会社だから→(なぜ物流が最適だといいのか) →物を輸送することで経済が回る→(なぜ経済を回したいのか)→社会貢献がしたい

 この場合、企業の経営理念に注目するのがおすすめです。三井倉庫の例では「物流から価値を」「革新と安心をユニバーサルに提供すること」 という経営理念が示されています。経営理念は「会社の将来の夢」です。 あなたの将来の夢と、志望する企業の将来の夢が一致していれば、志望動機にかなり説得力が出ます。

 ですから、経営理念から就職活動の軸を考えるのは非常に有効な手です。 三井倉庫で言えば、「世界中の人にくまなく価値を届けたい」「『欲しいものが手に入らない』を世界中で解消したい」 などの将来の夢が使えそうですね。

 そこで、たくさんの企業の経営理念を読んでみることをおすすめします。 なにも将来の夢をイチから考えなくても、すでに経営理念という会社の将来の夢が公開されているのです。 キャリアパークでは、 人気企業236社の経営理念を集めた資料を無料配布しています。

 経営理念が一覧表示になっていて非常に見やすく、就職活動の軸を考える際にこれを読んでみると、 インスピレーションが湧いてくるかもしれません。

 この見つけ方を使った場合、どの会社にどの就職活動の軸を使ってエントリーシートを書いたか覚えておく必要があります。 面接で別の軸をもとに話してしまうと、軸がブレていると思われてしまいます。 会社ごとに就職活動の軸をメモしておきましょう。

 

就職活動の軸をエントリーシートに書く

 就職活動の軸はエントリーシートの要であり、あらゆる設問に関連していなければなりません。 就職活動の軸から派生して自己PRや志望動機を書いていくのです。そのため就職活動の軸と呼ばれるのです。

 エントリーシートの設問は、どの会社でもこの3点です。

 就職活動の軸に肉付けしていくことで、説得力のあるエントリーシートを書きましょう。 就職活動の軸、つまり将来の夢を、「御社に入社したい!」につなげていくのです。 そのためには、単なる将来の夢のままではいけません。

 まず、「将来の夢を実現するために何をやってきたか」を考えます。これが「学生時代頑張ったこと」です。 「なぜ頑張ったのか」と聞かれた時には「就職活動の軸」を理由に答えられたら良いです。 夢の実現のためにやってきたことを書きます。

 そして、「将来の夢の実現にはこの会社でなければならない」ということを述べます。 これが「志望動機」です。志望動機ももちろん、就職活動の軸から来ていなければなりません。 「将来の夢の実現には、○○の事業を行っている、○○の社風がある御社でなければなりません」と言えたら良いです。

 長所は将来の夢の実現に役立つ長所、短所は将来の夢の実現に邪魔になる短所を書きます。 もちろん短所は短所のまま放っておいてはいけません。長所と短所の書き方については、 長所と短所をご覧ください。

 平社員でできることを夢にしてしまうと、数年で夢を実現して会社を去っていく可能性も払拭できません。 大きな夢を語れば社内での階級も必要になってくるので、必然的に長く働くというアピールになります。 長く働くためにはその会社と自分の性格が合っていないといけません。

 そこで企業選択の理由として就職活動の軸に「社内の雰囲気、先輩社員の雰囲気」を肉付けします。 また同業他社との比較で「御社にはこんな技術がある」「こんな実績がある」等とほめつつ、 将来の夢の実現に最も近い会社であることを示します。

 将来の夢の実現のために、学生時代頑張ったことを述べ、夢の実現に役立つ長所、 夢の実現を妨害する短所とその改善策、「なぜこの会社を選んだのか?」に対する答えなど、 すべて就職活動の軸から導き出せるように肉付けしていくのです。

 このように就職活動の軸をしっかりもって、それに肉付けしていくと説得力のある志望動機になります。

 

就職活動の軸を面接で述べる

 面接でも就職活動の軸は重要です。面接官はチェック済みのエントリーシートを資料に、 面接を行います。あなたがどれだけ「スジの通った人間」で、一貫して夢を追い続けているかどうかを見られます。 就職活動の軸をしっかり意識して面接に臨む必要があります。

 面接ではエントリーシートに書いたことと全く同じことを問われます。 しかし、就職活動の軸がしっかりしていれば、エントリーシートに書いた内容を一字一句まで暗記する必要はありません。 面接でエントリーシートと同じ項目を問われるのは、記憶力を問われているのではなく、「一貫した軸」を持っているかどうかを確かめるためです。

 「なんとなくエントリーシートを書いたらたまたま一貫性のあるエントリーシートになった」のではなく、 「こういう目的を果たすために日々を生きている」という「就職活動の軸」を、 エントリーシートと面接の両方で証明するのです

 面接に準備していくのは以下の項目だけです。

  • 就職活動の軸
  • 夢を果たすのに役立つ長所・邪魔になる短所
  • 「なぜこの会社を選んだのか」の大まかな流れ
  • 「学生時代頑張ったこと」の大まかな流れ

 「大まかな流れ」というがコツです。一言一句暗記してしまうと、「単に記憶力のいいやつ」で終わってしまいます。 「エントリーシートを覚えているだけ」だと「軸がしっかりしている」ことの証明にならないからです。 大まかな流れだけ覚えておいて、「将来の夢」を意識して面接で話すのが一番効果的です。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」