リアルタイム閲覧者数:15人
就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス

 

2019年卒、2020年卒の就活対策

 2019年卒2020年卒のための就活対策についてまとめました。 2019年卒、2020年卒の就活はまだ先です。しかし、早期に対策しておくことには非常に大きな意味があります。 就活はどれだけ早く始めたかが、どれだけ本気で取り組んだかが成否を分けます。

 今から就活を始めて、他の就活生と差をつけましょう 

 

2019年卒、2020年卒の就活はいつから?

 2019年卒2020年卒就活いつから始まるのでしょうか

2019年卒の就活は、2017年6月から
2020年卒の就活は、2018年6月から
それぞれ始まります。

 就活の時期は、大学を卒業する約2年前の6月というわけです。これは何の時期かというと、夏期インターンシップの申し込みの時期です。 このインターンシップの申し込みの時期が、就活の開始時期です。

 一方で、経団連が定める就活の正式な開始時期はもっと遅く、プレエントリーと会社説明会が解禁される時期を就活の正式な開始時期としています。 2019年卒なら2018年3月、2020年卒なら2019年3月ですが、3月まで待っていたら遅すぎます。 就活は早く始めても、早すぎるということはありません。卒業の2年前にはもう、就活の準備を始めなければなりません。

 インターンシップは職業体験であり、実際に会社に出勤して働いてみる体験のことを言います。 経団連のルール上、インターンシップで選考を行ってはならないことになっていますが、 実際にはインターンシップから選考が始まっています。インターンシップを通じて優秀な学生を囲い込み、さっさと内定を出してしまう会社すらあります。 インターンシップをもって就活が始まると言えますね。

 特に、2019年卒からは1日インターンシップが解禁されます。 年々、企業は内定をさっさと出して就活生を囲い込もうとする傾向が強まっており、 2018年卒ではなんと、面接も解禁されていないはずの2017年5月までの間に、半数以上の就活生が内定を得ています。

 企業は必ず「1日インターンシップ」を採用選考に使います。 もし夏にインターンシップに参加しなければ、大きく出遅れることになるでしょう。

 しかし、インターンシップに参加するにはある程度準備と対策が必要です。 準備と対策の時間を含めれば、就活の時期はもっと早く、思い立った日が就活の開始時期とも言えます。

 まさに今日、就活を始めるのです

 

インターンシップまでにやるべき就活の対策って何をすればいいの?

 就活対策は何をすれば良いでしょうか。インターンシップまでに準備しておかなければならないことを列挙します。

  • 将来の夢を考える(就職活動の軸
  • 夢を実現できそうな業界をピックアップする
  • その業界にどんな会社があるか調査し、リストにまとめる
  • 夢に向かって学生時代何をやったか(学生時代頑張ったこと
  • それを頑張ることでどれくらい夢に近づいたか

 就活で最重要なことは、将来の夢です。意外に思うかもしれませんが、 就活では海外経験やアルバイト経験よりも、将来の夢のほうがずっと大事なのです。 企業は就活生の将来性に投資します。就活生は、将来の夢に向かって何をどのくらい努力しているか、 また、会社で働くことが夢の実現につながるかどうかを考えましょう

 将来の夢のことを、就活用語で「就職活動の軸」と呼びます。 就活の全てはこの「就職活動の軸」を中心に考えていくものです。

 会社は、「仕事を通じて夢を実現できる」と主張する学生を採用します。 夢のためなら能動的に積極的にバリバリ働いてくれると予想できるからです。 そのためエントリーシート(履歴書)や面接では「学生時代頑張ったこと」は必ず問われます。 これは、「将来の夢と、その実現のために何をしてきたか」を問われているのです。

 基本的に就活は、「御社に入社して御社の仕事に携わることで、将来の夢を実現できるので、入社させてください」という姿勢です。

 まずは将来の夢を考えましょう。「お金持ちになりたい」「社会の役に立ちたい」 「外国人の友達をたくさんつくりたい」「英語を使って仕事をしたい」「いい家に住みたい」など、 ざまざまな夢があると思います。

 将来の夢を考えたら、次は夢を実現できそうな業界を考えます。 「英語を使った仕事がしたい」ならば商社、海運業界、石油会社、電機メーカー、機械メーカ、自動車メーカーなどが思い浮かびますね。 このように、夢と関係のありそうな業界をピックアップします

 そして、業界にはどんな会社があるのか調べてリスト化します。 これをインターンシップの申し込みまでに完了させておきます。その後はリスト化した企業を1つ1つ調べて、 どの企業が一番夢の実現に合っているか調査を深めていきましょう。

 これを就活用語で「業界研究」と呼びます。

 

インターンシップから3月まで

 インターンシップは6月に申し込み、翌月7月には面接を行い、 合格すれば8月から9月の間にインターンシップに参加します。 さて、インターンシップが無事に終了したら、プレエントリーや会社説明会が解禁される3月までは何をすればよいのでしょうか

 3月1日に最低50社はプレエントリーできるように準備することです。 プレエントリーは会社に個人情報を登録し、会社説明会などの案内を送ってもらうことを指します。 逆に言えば、プレエントリーをしなければ会社説明会すら始まりません。就活の選択肢を増やすためにも何十社ものプレエントリーをしたほうがよいでしょう。

 そしてプレエントリーが遅れれば遅れるほど会社説明会の案内が来るのも遅れます。 解禁されたら即日、選考を受ける可能性のある会社すべてにプレエントリーできるように、 予め企業をリストアップしておく必要があります。

 「夢を実現できそうな業界」の会社を中心に、知っている企業、良さそうな企業をすべてリストアップしましょう

 ここまでが3月までにやっておくべきことです。もちろんインターンシップ前までに終えておかなければならない作業も、遅くとも3月には確実に終えているようにしましょう。

 

3月からやること

 そして、ついに大学3年生の終わりの3月になったら、会社説明会プレエントリーが解禁されます。 3月1日の間に予めリストアップした企業すべてにプレエントリーします。そして、会社説明会の案内を待ちながら、 リクナビやマイナビが主催する合同説明会に参加しまくり、さらにプレエントリーする会社を増やすのです。

 会社別の会社説明会は、メールで案内が来ます。それに順次参加し、志望動機を完成させていきましょう

 3月1日からは会社説明会が忙しく、想像以上に時間がありません。会社によっては即座に面接が始まったり、エントリーシートの提出を求められたりします。 リクルーター面接に呼ばれることもあれば、OB訪問を申し込むこともあるでしょう。 はじめにプレエントリーを終わらせたら、その後は会社別の志望動機の作成に専念したほうがよいでしょう。

 そのためにも、3月1日以前からの就活対策が重要であり、できることは先にやっておくことが大切です。早め早めの対策は就活の基本と言えます。

 

2019年卒、2020年卒の就活対策:まとめ

 2019年卒2020年卒就活は、思い立った日から始まります。 公式には卒業のちょうど1年前の会社説明会・プレエントリー解禁、非公式には卒業の約2年前のインターンシップの申し込みから始まりますが、 実際にはもっと前、遅くとも大学3年生になるころには就活について考え始める必要があります。

 まだ就活が先である今のうちから対策をしておくことは非常に意味があります。 インターンシップの申し込みの時点である程度、「将来の夢」「将来の夢に向かって頑張ってきたこと」「将来の夢に今どれだけ近づいたのか」 の3つが言えるようになっていれば、会社の採用担当者を驚かすことができます。

 そして、いろんな業界を知ることが重要です。就活の成功の鍵は、「どれだけの企業を研究して、どれだけの企業にエントリーシートを提出したか」です。 リクナビやマイナビ、就職掲示板などを通じて自分の将来の夢を実現できそうな会社を探してください。

 「知名度がない」「仕事が大変そう」「斜陽産業ではないか?」というような偏見は一切捨てて、 むしろ「なぜこの企業は存続できているのか?」「なぜ儲かるのか?」ということを研究してみてください。 意外なところにあなたに合った企業があるかもしれません。

 卒業のちょうど1年前の3月に、正式に就活がスタートします。 そのときまでに用意周到に準備しておき、3月1日になったと同時にプレエントリー50社を目指しましょう。 たくさん企業を調べることで他の就活生と大きな差がつきます。

 まさに今日から就活が始まるのです

 

就活サイトはリクナビ・マイナビだけじゃない!

 従来型の就活は時間の無駄が多すぎます。  従来の就活はリクナビやマイナビに登録して各社にプレエントリー、説明会に参加、エントリーシートを提出して面接を受けて・・・落ちる。 どれだけ時間をかけてエントリーシートを書いても、内定がもらえなければ全くの無駄になってしまいます。

 しかし、就活のこの4つのステップを大幅に減らしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 プレエントリーすらしていない会社からいきなり「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けますので時間短縮になりますね。

 

内定の確実性を高める!4つの就活サイト

 

Start就活

 みなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしなければならないからです。

 さらに、就活にはいろんなやり方があります。逆求人サイトでスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

ココリク

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス