リアルタイム閲覧者数:42人
 

内定と内々定の違い【就活】

 種々ある就活用語。内定と内々定の違いはなんでしょうか。 一見同じように見えますが、実は内定内々定には大きな違いがあります。 以下では違いを説明していきます。 

 

内定

 内定は、「あなたを採用します」という会社からの約束です。 厳密に言えば、「4月1日から採用するから働いてね」というものです。

 10月1日になると会社に呼び出されて内定式を行います。 その場で入社承諾書を渡され、署名して印鑑を押します。 これで内定は成立です。立派な契約です。

 内定には法的拘束力もあり、就活生は10月1日の時点で2つ以上の内定を持っていたら違法になります。 10月1日までに、内定をもらう会社は1社だけを残して他は断らなければなりません。

 逆に会社も、内定を出した以上は後には引けません。 もしも会社の都合で内定を取り消そうものなら、それも違法となります。 内定取り消し事例としては、大日本印刷事件が有名ですね。

 内定を出すと、もはや社会通念上合理的な理由がないと内定を取り消すことはできません。 例えば内定を出した学生が犯罪を犯した場合や、学歴詐称していた場合や、大きな病気をして働けなくなった場合などです。 もちろん留年したり退学になった場合も取消対象ですが、こういったよっぽどなことが起きない限り、内定は取り消せないのです。

 

10月まで内定は出せない

 内定は10月1日以前に出してはならないと、経団連のルールで決まっています。 それは2016卒の就活が後ろ倒しになるのと同じ理由です。

 「今決めてくれれば内定を出すよ」といえば、就活生は就活をやめ、その会社への入社を決意します。 ということは、内定を出すのが早ければ早いほど就活をやめさせて、自社に入社してもらえる確率が高まるのです。 優秀な学生を早く囲い込むには、早く内定を出せばいいのです。

 しかしあらゆる会社がこぞって採用選考の時期を早め、「早さ競争」になってしまいました。 ユニクロは大学1年生の段階で内定を出していますね。 早さ競争の行きつく先はそこです。それでは学生時代に何を頑張っても評価されませんし、 会社側も受験勉強以外で評価できず、その就活生が本当に優秀かどうかをはかることができません。

 そこで、内定は10月1日以降というルールができました。 それでも会社は早くに内定を出してさっさと就活生に就活をやめてもらいたいのです。 そこで内々定という手段を使います。

 

内々定

 内々定は、「10月1日に内定を出します」という会社からの約束です。 「内定を出しちゃダメだから、『内定を出す約束』をしよう!」というものです。 脱法的な行為ですが、経団連のルールはあくまでもルールであって法律ではないので拘束力はありません。

 それどころか経団連は「内々定」の存在を認めて、内々定は4月1日から出してもOKとなっています。 採用の約束の約束だなんてめちゃくちゃだと思います。こんなことをしていては際限がないです。 内々定が規制されたら次は内々々定にでもなるのでしょうか。

 リクルーター面接などで「4月1日に内々定を出すよ」などという言葉をかけられることもあります。 金融業界ではよくあることですね。内々定の約束まで出てきてはもはや何が何だかわかりません。 ここでは内々々定のことは置いておきましょう。

 内々定には法的拘束力はなく、就活生はいくつ内々定を持っていてもいいし、 会社も内々定を取り消すことも簡単です。内定に関する判例はあるのですが、 内々定を取り消されたからといって裁判所に訴えても、却下されてしまうでしょう。

 会社によっては内々定は電話連絡のみだったり、一方的に「内々定通知書」が送られてくる場合もあります。 「内定承諾書」が送られてくることもあり、署名、押印をさせられることもあります。 しかしこの署名、押印には大した意味はありません。

 というのも所詮は内々定であり、内定はまだ出せないのです。内々定を承諾したからといって、 それが契約の形態をとっているからといって破棄できないわけではありません。 内々定は正式には存在しない制度です。破棄しても責任は問われません。

 約束の約束という遠回りなものですし、内々定が必ずしもその会社で働くことに結びつかない(内々定は就活生が断る可能性もある)ので、 法律は内々定までを保護しないのです。

 内々定意味は、10月1日に内定を断られたくないために、 内定を出すからできれば就活をやめてねという会社からのメッセージです。 内々定は契約にあたりませんので、もちろん就活生は無視して就活を続けても良いのです。

 また、内々定をもらうと、内定までに面接はありません。内々定の後に採用選考はないのです。 そのため通常、内定者懇談会や工場見学での態度を理由に内々定を取り消されるということはありません。

 これにより「内々定をもらう=内定ももらえる」ということですので、 よく内々定の段階でも「内定をもらった」と表現します。「ANT」は「ある内定」「NNT」は「無い内定」ですが、 10月1日になるまでは誰も内定を持っていないはずです。持っているのは内々定です。

 

内定と内々定の違い

 内定は、採用の約束。内々定は、内定の約束です。法的保護があるのが内定、ないのが内々定です。 内定は10月1日から。内々定は4月1日からです。就活生が就活をやめるのは、内々定を得たころということになります。

 内々定を得たら就活をやめても良いですが、内々定を保留して就活を続ける事も可能です。 しかし10月以降に入社承諾書にサインして内定をもらったらもう就活をしてはいけません。

 内々定は「内定をもらう約束」ですが、正式には存在しない制度です。内定は「入社することを約束」するもので、 正式に存在する制度です。そのため内々定のときに交わした書類はほとんど意味がなく、 気持ちの上だけの書類なのです。「内々定が出たけど特に書類が来ない」というのもおかしな話ではありません。 「内々定」は無い制度なのですから。

 無い制度である内々定は不安定です。内々定を取り消されたからといって誰かに責任が生じるわけではありません。 突然内々定を取り消されても文句が言えないのです。 はやく「内定」がほしいものですね。

 

内々定の取り消し

 内々定取り消しについて述べます。 内々定は単なる「約束の約束」に過ぎないので、内定と違って簡単に取り消しできます。 それでは内々定の取り消しの可能性はどれくらいあるのでしょうか。

 そもそも内々定の取り消しは、就活生にとって非常に困るものです。 他社の内々定を断っていて、内々定を1社しか残していない場合がほとんどです。 就活を再開しなくてはなりません。人気企業の採用選考はすでに終わっていることでしょう。

 しかし実は会社にとっても内々定の取り消しは困るのです。

 内々定を取り消すと、また採用選考のやり直しです。募集をかけて、たくさんの就活生を集め、 送られてくるエントリーシートを読み、面接をしなければなりません。 手間がかかりますし、お金もかかります

 会社が就活生獲得競争を繰り広げるのは、優秀な学生を早く囲い込みたいためです。 早く内々定を出さなければ、優秀な学生が他社にとられてしまいます。 逆に内々定を取り消してから再募集なんてしていては、優秀な学生など残っていないのです。

 そして、「内々定を取り消す会社」として口コミが流れてしまいます。 今はネットの時代です。内々定を取り消そうものなら、瞬時にツイッターやフェイスブック、 掲示板を通じて世界中に拡散されます。次の年から会社の人気が落ちます。

 これらのデメリットをふまえてもなお、内々定を取り消さなければならない事態とはどういう事態でしょうか。 就活生が内々定後に豹変して犯罪を犯した場合、大学を卒業できないことが確定した場合、 病気やケガで働けなくなった場合など、内定が取り消しになるのと同じ理由に限られるでしょう。

 「面接で嘘をついたから内々定が取り消しになる」と心配する方もいますが、 内定や内々定が取り消しになるほどの嘘は、経歴詐称の場合くらいです。 「サークル長と言ったが実はサークル長でなかった」程度の嘘では取り消しになりません。

 取り消しになるような嘘といえば、偽名でエントリーシートを書いた場合や、 替え玉受験をした場合、他大学に在籍している設定で内々定を受けたときなどです。 普通はありえない嘘ですね。

 

内々定を辞退

 内々定辞退したいとき、どうすればよいのでしょうか。 ここでは内々定の辞退の方法を書いていきます。

 内々定は、正式には存在しない制度であると書きました。 単なる「会社からの」約束に過ぎず、これによって何か義務が発生するわけではありません。 印鑑を持って会社に出向くような必要はありません。

 では内々定の辞退の方法は何があるのか。

 一つは、電話で辞退する方法です。 せっかく内々定をくれたのに辞退するというのは、会社に対しても、面接官に対しても心苦しいものです。 しかし、どうせ辞退するなら早いほうがいいです。

 なぜなら会社側も、あなたが辞退することで1人、補充しなくてはならなくなるわけです。 空いた穴に補充するため、再度就活生を募集して面接をしなくてはなりません。 その期間も考慮すると、できるだけ早く辞退したほうがいいですね。

 電話は直接顔を見なくて済みますし、確実に相手に伝わったということが確認できる最良の手段です。 辞退するため会社に出向いて「お茶をかけられる」「カレーをかけられる」のような恐怖と戦う必要はないのです。

 メールより電話のほうがマナーとしても適切です。 社会人は、メールなどの文書のみでのやりとりを嫌います。

 大事な話は直接会って話をするか、会うのが無理なら電話で話をするのが前提です。 しかし、どうしても電話が嫌だという場合は仕方がありません。 メールで済ませるのもいいでしょう。

 とくに正式な契約を結んだわけではなく、単なる口約束に過ぎませんので、 メールで辞退するというのもないわけではありません。

 しかしメールで内々定を辞退した場合、通常は相手の会社の人事から電話がかかってきて確認されます。 どうせ電話をすることになるということは覚悟しておきましょう。

 

内々定の承諾

 内々定承諾はどのようにするのでしょうか。 内々定の連絡は、電話かメールで来ます。内々定承諾書のような書類が送られてくることは稀です。 内々定の承諾は、電話の場合は「よろしくお願いします」メールの場合も「よろしくお願いします」 で完了なのです。

 というのも内々定は内定の約束であり、口約束です。書類として契約すると経団連の倫理憲章違反ですし、 あくまでも10月1日になるまでは内々定という扱いです。

 10月1日の内定承諾書に押印するまでは、特に会社と書類のやりとりはないのです。

 会社によっては就活生の不安を取り除き、就活を辞めてもらい、入社を確実にするために、 内々定承諾書内々定通知書を郵送してくる場合があります。 その場合は押印して郵送しないと「内々定を辞退するの?」と思われてしまいます。

 そうでない限りは特にアクションを起こす必要はありません。

 

就活サイトはリクナビ・マイナビだけじゃない!

 従来型の就活は時間の無駄が多すぎます。  従来の就活はリクナビやマイナビに登録して各社にプレエントリー、説明会に参加、エントリーシートを提出して面接を受けて・・・落ちる。 どれだけ時間をかけてエントリーシートを書いても、内定がもらえなければ全くの無駄になってしまいます。

 しかし、就活のこの4つのステップを大幅に減らしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 プレエントリーすらしていない会社からいきなり「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けますので時間短縮になりますね。