リアルタイム閲覧者数:11人
就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス

 

【就活】将来性の高い業界

 就活では将来性の高い業界を探さなければなりません。 転職の難しい昨今、何十年も同じ会社で働くには、何十年も生き残る会社を選ばなくてはなりません。 将来性の高い業界とはどんな業界でしょうか。 

 一過性の流行に載っている会社は、将来性が高いとは言えません。 ソーシャルゲームや、1つのゲームで成り立っている会社や、アニメ等娯楽系は厳しいでしょう。 一方で一つのジャンルとして確立した任天堂やソニーは、ゲームでは将来性のある会社とも言えます。

 しかし本当に何十年も生き残る会社というのは、あったらいいなではなくなければならないものを作っている会社です。 売る会社、販売会社は代わりがいますし、インターネットの登場で押されているのは確かです。 サービス業は入れ替わりが激しく、安定しているとは言えません。

 しかし作る会社は強いです。

 

メーカー

 メーカー将来性の高い業界です。 メーカーの中でも化学メーカー、機械メーカー、食品メーカーの特にBtoB企業は強く、将来性があります。

 化学や機械は特許権があり、自社技術が守られます。また、メーカーもやはり信頼が重要であり、 突然出てきたメーカーに客を取られるということはまずありません。

 製鉄業では新日鐵住金はまず、倒産しません。鉄鋼メーカーの中でも高炉メーカーは国の基幹産業であり、 粗鋼生産量世界第二位の企業です。今はアルセロール・ミッタル社が一位ですが、こちらはM&Aを繰り返して大きくなっただけであり、 特許件数では新日鐵住金の足元にも及ばず、まさに桁違いの差があります。

 一方で他の高炉メーカー、JFEスチールや神戸製鋼はこの先、新日鐵住金に吸収されないとも言い切れませんが、 新日鐵と住友金属の合併ですら独占禁止法に抵触する疑いがあったほどですから、 しばらくは大丈夫でしょう。

 食品メーカーでは、キリン、アサヒ、味の素、明治、日本ハムの上位5社は将来性があると言えるでしょう。 食品は一度失敗すると取り返しのつかないことが多いですが、 これほど大規模で信頼性の高い企業となると、そう簡単には信頼性は崩れません。

 一方で下位の企業となると、M&Aで買収される可能性も否定できません。 買収されると一般的に待遇はかなり悪くなり、ノウハウだけ吸収されて社員は用済み・・・ ということが往々にしてありますから、注意が必要です。

 製薬業界も将来性が高い業界と言えます。 医療機器メーカーもそうですが、日本は少子高齢社会であり、美容や健康が大変重視される時代になってきています。 伝染病を防ぎ、成人病や遺伝病と戦える時代です。

 今後も高齢者が増えるにつれて病院の利用者は増え、同時に薬の利用者も増えて行きます。 高齢者だけでなく、子どもも風邪を引いたらすぐに病院に連れて行くなど、 病気に対する意識が高まっており、製薬業界は将来性があると言えます。

 一方で介護職は仕事こそ増えるものの、生産性のある仕事ではありません。 給料が増えることはあまり期待できませんし、あまりおすすめできません。

 自動車メーカーはまだまだ伸び代があり、将来性のある業界です。 国内だけでも十分な利益を上げていますが、 日本以上に車が必要な地域は世界にいくらでもあります。

 トヨタやホンダ、日産は海外展開しており、耐久性が高いことで有名で、信頼性を築いています。 完成品メーカーではありますが、部品会社は囲い込んでおり、ぽっと出のメーカーにシェアを奪われるということもまずありません。

 白物家電はあまり将来性が高いとは言えません。 家電の部品メーカーならともかく、部品を集めて組み立てるだけでは技術力が高いとも言いづらいですし、 海外の完成品メーカーが同じ部品を買えば同じものを作れてしまいます。

 サムスンやLGが良い例ですね。同じようなものを作る会社が海外に現れると、 基本的に物価の高い日本の企業は不利になります。

 

建設業界

 建設業界将来性の高い業界であると言えます。 MY就活ネットは建設業界推しなのですが、理由は複数あります。

 まず、新築はいつも人気があるという理由です。 これほどまでに中古マンションがあふれ、空き家すら発生しているのにもかかわらず、 絶えず新築マンション、新築オフィスビルは建設されていきます。

 どうせ住むならどうせ働くなら新築がいいという理由です。 家や自社ビルは何十年も使うものですから、どうせならと新築を好むのです。

 新しいマンション、新しいビルは防犯設備が整っていたり、水道管や電気回路も最新で、 廊下や壁はピカピカで自慢になります

 「リフォームすればいいじゃない」と思うかもしれません。 しかし、耐震基準や道路法はたびたび改正されます。古い耐震基準で建てられている1980年以前の建築物は、 もはや置いておくのも危険です。

 建物と建物の間は何メートル隙間を作らなければならないという法律や、 緑地面積が必要だという法律、建ぺい率など、建築条件はいつも変わっていきます。

 リフォームするにもやはり柱が老朽化していると大規模な耐震工事が必要になりますし、 水道管の修理は非常に高額です。

 駅前再開発や住宅やビルの新築で、建設業界は今後も忙しいです。

 また、建設業界には公共事業という仕事もあります。 国が手っ取り早く仕事をつくり、失業率を低下させるにはやはり公共事業です。 そして建設技術の保護、育成という観点からも、公共事業をなくしてしまうことはできません。

 近年では補修工事、耐震補強工事が重視されてきており、 その面においても建設業界の将来性は高いと言えます。

 建設業界の中でも特に将来性が高いのは鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店という、 スーパーゼネコンです。特に公共事業では「施工実績」「企業規模」など、 会社が強いかどうかで住み分けがされており、中堅ゼネコンがスーパーゼネコンを圧倒するということはありえません。

 一方で小さい会社でもできる工事はひとつにまとめられ、巨大ロットで発注されることもあります。 大きな仕事はスーパーゼネコンにしかできず、小さな仕事もスーパーゼネコンでもできるのです。

 発注者が建設業界について詳しくない場合、とりあえず工事はスーパーゼネコンに頼んでおけばいいだろうという考え方がされます。 スーパーゼネコンはいろんな下請け業者を集めるコネがありますので、たいていどんな工事でも施工可能です。 倒産することはまず、ないでしょう。

 

つぶれない企業

 将来性のある業界を考えるにあたって、まず多くの方が考えるのは「つぶれない企業」です。 上記で書いた巨大メーカースーパーゼネコンインフラ企業は「つぶれない企業」の代表です。

 重要なのは、必要な業界かです。この先必要になる業界より、なくてはならない業界のほうが簡単に思いつきます。 流行る流行ると言われていたIT産業も、ブラック企業が多く今では就職の人気もありません。 バブル時代にもてはやされた銀行や証券会社も今となっては就活での人気は落ちています。

 やはり「流行る業界」よりも「必要な業界」を選ぶべきでしょう。 エネルギー業界や鉄道業界などのインフラは未だ廃れていませんし、 製鉄業や自動車メーカー、製薬業なども伸び続けています。

 3Kなどと馬鹿にされていた建設業界も健在で、今ではオリンピック特需で湧いています。 会社選びのやり方を見直してみましょう。

 

将来も成長を続ける企業は?

 上記では「つぶれない企業」を書いてきました。しかし、そんな企業は一握りです。 上で電気やガスなどのインフラ企業、就職先として人気の銀行、テレビ局や新聞社などのマスメディアを書かなかったのは理由があります。 成長が期待できず、国の政策の方針転換次第では、いつ倒産してもおかしくないからです。

 インフラ企業は国の手厚い保護のもと利益を出しています。インフラは、国の血液のようなものですから保護するのは当然です。 しかし、先の東日本大震災のときは国民が許しませんでした。 「保護しなければならないもの」も国民感情によって保護されなくなることは往々にしてあります。

 郵政や国鉄は民営化すべきものではありませんでした。民営化以外の解決手段がいくらでもあったはずです。 高速バスの規制緩和も、タクシーの規制緩和もすべきものではありませんでした。 人命を運ぶ事業を、「安ければいい」と安易に価格競争に晒せば事故が多発することも当然に予測できます。

 銀行も同じです。日銀の金利に左右され、景気変動の影響をモロに受け、お金を貸し出している相手の企業がつぶれたら、 銀行も共倒れする可能性は非常に高いです。これまでは「国が資金を注入する」ことで銀行を守ってきました。 しかしリーマンブラザースの倒産も、アメリカが資金を注入しなかったためです。 国民感情でいつ、銀行が保護されなくなるかわかりません。

 マスメディアもそうです。現状は国の手厚い保護のもと、利益を出している業界です。 完全な自由競争になれば今ほどもうかる事業ではなくなりますし、 第一インターネットに客をとられて何の対応もできていない業界です。将来性など皆無です。

 さて、それではどんな企業が「今後も成長を続ける」と予想できるのでしょうか。

 まず1つが、「危機を乗り切った企業」です。昔は白物家電や液晶テレビなどで隆盛を誇ったソニーパナソニックは、 リーマンショック・円高不況の大赤字を経て方針転換し生まれ変わりました。一度危機を乗り切った企業は、 次の危機も乗り越えられる可能性が高いです。

 2つ目が、「時代の変化にうまく対応してきた企業」です。三菱電機は大赤字を計上する前に白物家電事業から撤退して、 企業向け電機製品に特化しました。富士フイルムは写真フィルムの市場規模縮小を見越してデジカメ事業に乗り出し、 写真フィルムの技術を活かして事業を多角化し、第二の創業を成功させました。

 こちらは「危機を乗り切った企業」よりも優秀で、そもそも危機を回避できる能力をもった企業です。

 そして3つ目が「小さなイノベーションを何度も起こしている企業」です。 自社技術を活かして様々な事業を展開し、元となった造船事業から撤退した日立造船や、 常に自社技術を活かして新規事業に挑戦し、会社を拡大させてきたヤマハ、先にも述べた富士フイルムがこれにあたります。

 これらの企業はビジネスの分析がうまく、成長産業と斜陽産業を見分けることができます。 自社技術を活用して他社にはない製品を生みだし小さなイノベーションを何度も起こします。 斜陽産業だとわかれば、自社の源流の事業であっても捨てることをいとわない姿勢は、まさに「企業家精神」といえます。

 目指すべき企業は「小さなイノベーションを何度も起こしている企業」です。 将来性は高く、1つの事業が衰退期に入っても、それまでに培った技術を活かして成長産業に乗り換えることができる企業です。 逆に言えば、昔から今も変わらず同じ製品だけを売っている会社などは、こういった小さなイノベーションが得意な企業に食われてしまいます。

 「小さなイノベーション」を起こせる会社かどうかは、会社説明会で社員がどのような話をするかでわかります。 常に変化に対応する姿勢でいるかどうか。就活で会社を見極める際に最重要な項目ですね。 

 

内定の確実性を高める!4つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 みなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしなければならないからです。

 さらに、就活にはいろんなやり方があります。逆求人サイトでスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

ココリク

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス