リアルタイム閲覧者数:8人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

コネ入社【就活】

 コネ入社とはいったいどのようなものでしょうか。 コネ入社の意味は、文字通り会社の社員とのコネを使って入社させてもらうというものです。 コネはコネクション、つまり社員とのつながりですね。 

 大学の先輩や、両親、親戚といったコネを活用し、入社させてもらえるようにお願いします。 人によってはコネのある社員から誘われるということもあるでしょう。 コネのある社員が人事権を持っていると、選考なし、あるいは出来レースの面接だけで内定がもらえます。 これがコネ入社の意味です。

 コネ入社はなかなか合理性のある採用方法です。 というのも、就活ではエントリーシートを提出し、面接を受けて、 選考が進んでいきます。せいぜいエントリーシートや面接でしか人を判断できないわけです。

 一方でコネ入社の場合、すでにその人の人となりがわかっています。 たった数回の面接だけでなく、日常から接しているわけですので人柄、人物についてはすでに把握できているのです。 正規の採用選考をするよりコネ入社してもらったほうが、 「こんな人だとは思わなかった」と思う必要もなければ、心配もありません。

 就活生は、就活が辛いので「コネがあればよかったのに」とよく口にします。 たしかにコネ入社は就活が楽です。コネがある人は「就活がうまくいくだろうか」「もう後がない」などといったストレスと無縁なわけです。 コネ入社ができればどんなに楽なことだろうかと考える就活生は少なくありません。

 しかしながら、コネ入社は本当に楽なのでしょうか。 そしてコネ入社は本当に良い会社に入社できるのでしょうか。

 

コネ入社は嫌われる?

 コネ入社は嫌われるとよく言われます。 考えてみれば当然です。コネ入社は厳しい就活をしていません。 入社にあたってだいぶ楽をしているわけです。

 「コネ入社したって言わなきゃいいんじゃないの?」 と思うかもしれませんが、残念ながらコネなぜかバレます

 私はコネなどないと思っていました。 コネのない就活をし、厳しい就活戦線を戦い抜き、晴れて内々定をもらったのです。 しかし、後に驚くべき事実が発覚します。

 なんと私の会社の役員に、親戚がいたのです。 最終面接でも顔を合わせているはずです。なんと面接官の中に私の親戚がいたのです。 しかしわりと遠い親戚だったのでお互い顔も名前も知りませんでした。

 よってコネのパワーなど一切なかったわけですが、 「あいつコネ入社らしいぞ」などと噂されても困りますので、 誰にも会社に親戚がいることは言わずにいました。

 しかしある日、旅費精算の関係で総務部の女性に呼び出され、旅費精算の話を始めます。 その処理が終わり、そろそろ仕事に戻るかと思うと呼び止められ、 「あなた○○社長と親戚らしいわね!」「ファッ!?!?!?!

 秘密にしていようが、秘密にしていまいが、結局は誰かになぜかバレて流出するのです。 幸い、お互いに入社するまで知らなかったので、 コネ入社で有名になることはありませんでしたが・・・

 コネ入社が嫌われるかというと、確かに嫌われます。 他の人が努力して上司に気に入られるようにバリバリ仕事をするなか、 「コネ入社だと努力しなくても勝手に出世していくんだろ」と思われ、勝手に嫌われます。

 

コネ入社は出世できない

 コネ入社出世が期待できません。 というのも、コネ入社であることがばれると、他の社員に嫌われるからです。 他の社員に嫌われている人は、なかなか部署を取りまとめる役職につけません。

 管理職になるには、マネジメント力がいるわけですが、「コネ入社だから嫌われている」なんて状況では、 誰も従いたがらないわけです。実力も伴っていなければなおさらですね。 誰かの力で入社できたとしても、その人を評価するのはその人の直属の上司です。

 その上司の目に、コネ入社の人が輝いて見えなければ当然、出世はできないのです。

 「実力で入社したのではない」というバイアスがどうしてもかかってしまいますし、 「コネ入社だから出世している」と他の社員に思わせてもいけないのです。 よって、コネ入社ならよっぽどみんなが納得するようなエリートサラリーマンでなければなりません。

 しかし、コネ入社でも出世できる人たちがいます。 彼らは特に実力があるわけでもありません。それでも出世できる場合があるのです。 コネ入社で出世するのはどんな場合でしょうか。

 それは、経営者の親族です。経営者、特に会社の大半の株を持っている経営者や、 創業者の親族はかなり出世します。特に大した実力がなくても課長、部長と出世していき、 いずれは役員になります。

 所有物としての会社を相続していく途中段階であって、別に会社の中で実権を握っていくわけではありません。 当然、よっぽど実力があるのでなければ誰もついてきませんし、コネ入社、コネ出世となると反感を買いまくりです。

 このような特殊な人物でないと、コネ入社をしても苦労することになります。 コネ入社をうらやましがる前に、少し考え直してみましょう。

 

転職はコネ入社

 転職コネ入社で行われるのが通常です。 取引先や同業者など、他社とのつながり=コネがある人はコネで転職します。

 社会は転職に対して冷たく、転職するなら即戦力となることを求められます。 コネなしに転職することは至難の業で、運よく転職が決まっても、 元いた会社よりも待遇が悪化するなんてことはザラです。

 しかしコネによる転職は異なります。取引先、同業者などとのつながりがあれば、 相手の会社の部長や役員クラスにお誘いを受けることがあります。 ヘッドハンティングというほどではありませんが、コネ転職は良い待遇を受けられることが多いです。

 転職でコネ入社できる人は、凄腕営業マンの他、設計や現場で働く技術系職員です。 営業だと数字を厳しく見られますが、技術系だとそうでもありません。 一方で総務や経理などの管理部門で働いている事務系では、コネによる転職は難しいでしょう。

 転職のコネは作ろうと思って作れるものではありません。たまたま会社の指示で働いていたら、 たまたま取引先や同業者と知り合いになって、相手の会社に気に入られて転職をもちかけられるのです。

 新卒就活では「大学の先輩」や「親戚」というコネが有利に働く場合がありますが、 転職のコネ入社ではそのようなコネが働くわけではありません。 仕事ができて、他社の人とつながりがある部署で働いていることが前提です。

 

コネ入社の方法

 よく考えれば、みんながみんなコネ入社なのです。 岩波書店の例でいえば、コネはつくればよかったわけです。しかしみんな、面接を受けて入社します。 面接はコネを作る機会ではないでしょうか。

 コネ入社では、コネとなる社員が、就活生を採用する方向で人事部に紹介します。 面接では、面接官である社員が、就活生を採用する方向で人事部長に決裁をとります。

 ここには何の違いもありません。コネがなければ、面接官をコネにして入社すればいいのですリクルーター面接も同様ですね。リクルーターをコネにして、 自分を採用する方向で会社内部で話をしてもらえばいいのです。

 コネがないから就活がうまくいかないのではありません。 コネをつくろうという意思があれば十分なのです。 面接官やリクルーターが自分を推してくれるくらい、魅力的な自己PRができればいいのです。

 コネ入社の方法としては、会社の前で待ち伏せする方法や、自分から会社に電話をかけてOB訪問を申し込むという方法もあります。 仕事の実績を問われない新卒就活においては、コネを作る方法はそれほど難しいものではありません。 コネさえ作ってしまえばいいのです。

 

コネ入社は退職が難しい

 コネ入社には、自分の実力以上に高い評価をもらえるメリットや、 既に知っている人物なので会社も安心して採用できるというメリットがあります。 何もなしで面接を受けるより、コネがあったほうが圧倒的に楽です。

 一方でコネ入社した場合、退職が難しくなるというデメリットがあります。 コネ入社をすると「辞める」という手段が取りづらくなります。

 コネ入社して実際に働いてみて、「思っていた会社と違う!」となっても、 すぐに「辞める!」とは言えません。これはコネ入社独特の問題です。 コネの相手に迷惑がかかるからです

 会社は社員を一人採用するのにかなりお金がかかるのです。会社の説明に要した人件費、 面接に要した人件費、面接を行う場所代、諸雑費と、いろんなお金がかかります。

 そうやって採用した社員が会社を退職してしまうと、怒られるのはコネとなった人です。 「あいつは良い奴だって言ったじゃないか!うそつき!」というわけです。 退職させてしまう社内環境を疑うべきところを、なぜかコネとなった人に責任を押し付けるのが不思議なところではありますが。

 せっかく会社に誘ってくれた人の出世を妨害してしまうのです。 コネ入社をすると簡単には辞められません。 それだけ「絶対に辞めない」くらいの意気込みがなければ、コネ入社などしないほうがいいでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」