リアルタイム閲覧者数:26人
 

【就活】服装のマナーと罠

 就活服装マナーと、服装マナーの罠について解説します。 就活をするまでまともにスーツを着たことなどないと思いますが、スーツには様々なマナーがあり、 ポケットのフタ(フラップ)は出す?入れる?色は?ネクタイは?靴の色は?と、 いろんなマナーに対応しなければなりません。

 また、会社説明会やセミナーなどの就活イベントでは「服装自由」というとんでもない罠があります。 こういった罠に引っかからず、服装のマナーで落とされたり恥ずかしい思いをしなくて済むようにしたいですね。 

 

「服装自由」の罠

 服装自由です。服装自由だからといって普段着で出かけると、 会場にはスーツ姿の就活生しかいない・・・なんて恥ずかしい思いをした人は後を絶たず、 毎年必ずどこかの会場で1人、2人、スーツに紛れて普段着の人がいます。

 服装自由でもスーツを着ていくのが良いでしょう

 悪意ある会社では「服装自由」と書いておきながら「スーツは社会人の常識だ! 自由って書いてあってもスーツで来るのが当たり前だろう!」と説教したりするらしいですが、 ほとんどの会社では、悪意をもって罠をしかけているのではありません

 「就活だからといってカタくならず、ラフな気分で説明会にきて、ふだんと変わらずリラックスしてドシドシ質問してね」

 という意味で「服装自由」にしている会社がほとんどです。ところが相手は何が何でも内定がほしい就活生たち。 「服装自由だからといって普段着で行ったら常識外れじゃないか・・・?」と心配した就活生が、 みんなそろってスーツでやってくるのです。

 結果として、正直に普段着で説明会にきた学生が少数派となり、恥ずかしい思いをするのです。 「服装自由」と書いてある以上、恥ずかしいことでも間違ったことでもありません。 普段、学校に着て行っている服装で全く構わないのです。

 しかし、みんながスーツで来ます。そんな中、自分だけ普段着という状況になったとき、 気になるならスーツを着て行ったほうがよいでしょう。

 一方で「普段着で来てください」と書かれていた場合、話は別です。 このときは通常、学校へ着て行くような服装で参加する必要があります。 これは普段着が指定されています。みんながスーツかどうか以前の問題で、 会社側があえて普段着を指定しているのにスーツで行ってはいけません。

 会社側は「『服装自由』と言ってもみんなスーツで来るからあえて『普段着』を指定した」 「社内見学ツアーで歩き回るから『普段着』を指定した」など、意図があるのかもしれません。

 「『普段着』って書いたのに無視してスーツで来やがった!指示を聞かないやつ!」 と思われてしまわないように、「服装自由」なのか「普段着指定」なのかよく読みましょう。

 

スーツの色

 就活のスーツは、黒系です。 洋服の青山などの販売店で購入する際も、初めに「黒系」で考えていることを伝えましょう。

 真っ黒の礼服である必要はありませんが、なるべく色は濃いほうがよいです。 ストライプが目立つスーツ、グレーのスーツなどは避けましょう。黒系以外のスーツは危険が伴います。

 人によってはスーツの色について、「似合っていればなんでもいいんだよ」と言う人もいます。 一方で、「スーツは黒、シャツは真っ白でなければならない」という人も大勢います。 ところが、「黒いスーツはダメだ!」と言う人はまず、いません

 黒いスーツがすすめられるのは、それが普通だからです。 ストライプの目立つスーツやグレーのスーツは普通ではなく、個性の出る柄です。 「普通」で不快に思われることはまずありませんが、「普通でない」ことが気に障る人は世の中にいくらでもいます。

 ストライプの目立つスーツやグレーのスーツが礼を逸しているかというと、 私はそんなことを言うつもりは毛頭ありません。しかし不快に思う人が少なからずいるのは事実です。 私も上司に「最近変なスーツが流行っているが、お前は黒系のスーツで真っ白のシャツでよろしい」と褒められたことがあります。

 「どんな人が見ても不快に思わないスーツ」を基本にスーツを選びましょう。

 スーツを購入する際、販売員に「最近の流行」をおすすめされることがあります。 私はストライプの入ったスーツをすすめられましたが、実際にはストライプの入ったスーツはあまり好ましくありません。 銀行志望でなくても「銀行志望なので真面目な印象のあるスーツをお願いします」と伝えるとよいでしょう。

 

スーツの着こなしマナー

 スーツ着こなしマナーを解説します。 入学式以来、スーツを着ていない就活生は多いと思います。スーツの着こなしで、 基本的なところを抑えて恥ずかしい思いをしないで済むようにしておきましょう。

 

ポケットのフタ(フラップ)は中に入れる

 ポケットのフタ、ポケットのピロピロと呼ばれることもあるヒラヒラですが、 これはフラップという名前がついています。このフラップは雨やホコリがポケットに入るのを防止するものですが、 実は屋外ではフラップを出し、屋内ではフラップを入れるというマナーがあります。

 就活は基本的に屋内で行いますので、ポケットのフラップは中に入れると覚えておきましょう。

 

スーツのボタンは上だけ留める

 スーツのボタンは2つついています。2つ両方留める人がいますが、下のボタンは飾りです。 上のボタンのみ留めましょう。

 ボタンは外を歩くときは留め、室内では外すのが本来のあり方です。しかし日本では逆になっており、 「人と会う時はボタンを留める」ようになっています。就活ではボタンを留めるのが原則と覚えておきましょう。

 

スーツは2週間に1回はクリーニングに出す

 スーツはきれいに保つことが重要です。第一印象は重要で、スーツがよれよれで汚れが目立つと、 「失礼なやつ」という印象を与えてしまいます。「御社に良い印象を与えたくて、スーツもクリーニングに出してきました」 という姿勢で臨みましょう。

 スーツをクリーニングに出すタイミングは2週間に1回ほどです。2着のスーツを2週間ごとに交互に着るのが良いでしょう。 最近は朝クリーニングに出すと、夕方には完了しているような店もありますが、 すべての店がそうとは限りませんので注意しましょう。

 

ベルトの色は靴と合わせる

 実はスーツだけでなく、ベルトの色にも着こなしマナーがあります。 ベルトと靴は同じ色であることが基本です。黒がよい、茶色がよいということはありませんが、 靴が茶色ならベルトも茶色、靴が黒ならベルトも黒といった具合で、色は合わせましょう。

 靴を2色用意したならば、ベルトも同じ色で2色必要になります。 ベルト代を節約したかったら、靴は黒か茶色のどちらか1色でまとめておきましょう。

 

コートは会場の入り口で脱ぐ

 コートは「正装」には含まれず、スーツではありません。会社説明会やセミナー、面接などの会場に着いたら、 会場に入る前にコートを脱ぎましょう。リクルーター面接では社員と外で待ち合わせをすることもありますが、 そのときは待ち合わせ場所についたらコートを脱いで待ちましょう。

 夏は逆にスーツの上着を脱いで移動しますが、会場に着いたら上着を着ましょう。 待ち合わせをする際も、待ち合わせ場所でスーツを着て待ちましょう。 クールビズかどうか不安なら、着ずに持っていきましょう。

 

待ち時間にスーツのホコリをとる

 スーツは黒系ですので、ホコリがついていたら目立ちます。そこで、待ち時間にスーツのホコリをとりましょう。

 スーツにホコリがついていると、やはり「身だしなみが整っていない」と相手に不快にさせることがあります。 上の画像のようなエチケットブラシを常備しておいて、会場に入る前に時間があればホコリを取ってから就活に臨みましょう。

 

ネクタイは真っ白、真っ黒でなければ特にルールはない

 黒系が望ましいスーツですが、ネクタイに限っては特にルールがありません。 真っ白・真っ黒のネクタイは結婚式やお葬式に着けていくものですので、真っ白・真っ黒だけを避け、 好みで購入するとよいでしょう。

 ネクタイの色は、就活生の間では赤系と紺系が人気で無難です。 たいてい白のストライプの入ったえんじ色か、紺色のネクタイが使われています。

 赤は熱意を表し、紺色や黒系は真面目な印象を与える色、黄色は元気さをアピールする色とされています。 派手すぎてもよくありませんので、原色は外して黒っぽい色、薄い色を選びましょう。

 また、志望先の企業のコーポレートカラー(みずほ銀行なら青、三菱東京UFJ銀行なら赤、三井住友銀行なら緑) に合わせてネクタイを選ぶのもいいかもしれませんね。