リアルタイム閲覧者数:33人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就活の仕組み

 今年も就活が始まりました。しかし「就活」とは言っても具体的に何をするのが就活なのでしょうか。 何をするにしても、その「仕組み」や「構造」を理解してからするのが効率的です。 ここでは、就活仕組みについて解説します。 就活の仕組みを理解して、有利に就活を進めましょう。 

 

就活の仕組み

 就活仕組みはこうです。

 学生を新卒採用したい会社が、一同に就活生を集めて書類選考し、面接をします。 学生側から見れば、会社の書類選考の募集にあわせて履歴書(就活ではエントリーシートと呼びます)を送り、会社の指定した日に一斉に面接を受けるのです。 面接を受け、「会社と気が合う」と判定された就活生には、内定(採用を約束すること)が宣言されます。

 これが就活の基本原則です。しかし、バブル崩壊以降は就活が複雑化しています。 昔は大学の就職課にきている「求人票」をみて、期日までに履歴書を送って面接を受けるだけでしたが、 今は「もっと気が合う学生を採用したい」という会社側の希望と、「もっと会社のことを知りたい」という学生側の希望が一致して、 リクナビやマイナビなどの就職仲介業者が間に立って、「お互いのことをよく知る時間」がもうけられています。

 それが、プレエントリー会社説明会です。

 会社は「もっと会社と気が合う学生」を探すため、「たくさん応募してほしい」という希望があります。 そこで、リクナビやマイナビなどの就活サイトに広告を出し、学生にプレエントリーをしてもらいます。 ※「プレエントリー」とは「個人情報の登録」と「資料請求」のことです。

 学生側も、プレエントリーをすることで会社情報についてメールが送られてきたり、 今後のイベントの案内などが送られてきますのでメリットがあります。 3月1日(経団連が決めたプレエントリー解禁の日)から、就活生はまずプレエントリーをすることになります。

 プレエントリーと同時に、会社説明会を行います。就活生は「会社名」と「商品」くらいしか知りません。 テレビCMをしている会社や、普段使っている電車や電話などの会社くらいしか知らないものです。 そこで会社は、「どんなビジネスをしている会社か」を就活生にアピールして、興味を持ってもらおうとします。

 就活生もただ会社の宣伝を受けるというわけではありません。たとえば「P&Gが家庭用洗剤などの日用品を売っている」ことはだれでも知っています。 会社は「誰でも知っていること」を説明するわけではありません。「花王やライオンなど競争相手の多い業界で、P&Gがどうやって商品を売っているか」を説明してくれるのです。 「会社の仕事」ではなく「会社のビジネスや戦略」を説明してくれるのですね。

 就活生は「会社説明会」で会社のビジネスを知り、「ここで働きたい!」「この会社は将来性が高い!」と判断して、 「書類選考に応募しよう」と思うわけです。

 この仕組みから言えることは、興味のあるなしに関係なくプレエントリーし、会社説明会に参加して自分にとって最適な会社を見つけることが、 就活で最初に行うことだということです。

 

会社と就活サイトの関係

 会社と就活サイトはどのような関係にあるのでしょうか。 先ほどリクナビやマイナビは「就職仲介業者」だと書きました。しかし、リクナビやマイナビだけを使っていればいいというわけではありません。 それをこれから説明していきます。

 会社は「もっと気が合う学生」を集めるために、「たくさん応募してほしい」という希望があるわけです。 そこで、広告を出して就活生を集めるんですね。つまりは、就活生がたくさん集まるリクナビやマイナビに自分の会社を掲載してもらうのです。 ※ちなみにですが、会社はリクナビやマイナビに掲載してもらうにあたって掲載料を200~300万円ほど払っています。

 リクナビやマイナビに掲載されている会社は、リクナビやマイナビにお金を払っているということです。

 合同説明会もそうです。就活生がたくさん集まるイベントなので、会社は合同説明会に参加します。 出展料を支払って、わざわざ会社から社員を出して会社説明会のブースをつくるのです。

 逆に言えば、リクナビやマイナビと契約していない会社は掲載されていないということです。 あらゆる会社がその2つのサイトに掲載されているわけではありません。片方しか掲載されていない会社、 両方とも掲載されていない会社もあります。就活サイトは有名なほど掲載料が高いですからね。

 つまり、就活サイトはリクナビとマイナビに登録すればいいというわけではないということです。

 就活は無料で行えます。というのも、法律で「就活生からお金を取ってはならない」と決まっているからです。 就活でかかる費用は交通費や宿泊費、スーツ代に限られます。就活の塾に通う以外の、就活イベントは会社側が費用を負担します。 リクナビやマイナビなどの就活サイトも、会社側がお金を払っているので就活生は無料で利用できます。

 就活では就活サイトはなんでも使うことが重要ですね。

 

就活サイトと就活生の関係

 就活サイトと就活生の関係はどうでしょうか。 就活サイトは就職仲介業者ですが、先にも書いた通り、「就活生の集まる場所」を会社に提供することが就活サイトのビジネスです。 リクナビやマイナビは学生に向けて広告を出し、「就活が始まるからリクナビ(マイナビ)に登録するように」アピールします。

 「就活生の集まる場所」をつくるには、「登録」や「合同説明会」を開催するのもその戦術ですが、 「就活生が集まる理由」をつくらなければなりません。そのためにはたくさんの会社を集め、 就活生の間での知名度を上げ、就活生をサポートすることで信頼を得ることが重要です。

 そこで、就活サイトには「就活のやり方」を解説したり、「書類選考のコツ」や「面接のコツ」を教えてくれたり、 「こんな会社がありますよ!」と教えてくれたりするわけです。このように「就活に役立つ情報提供」をしてくれるのです。

 それだけではありません。就活サイトは、「会社と就活生両方が満足するような就職」を実現しなければなりません。 そこで就活生の役に立てるように就職コンサルタントが待機していて、 学生がエントリーシートの案を送れば添削してくれたり、悩み事があれば相談に乗ってくれたりと、 至れり尽くせりのサービスを準備しています。

 ほとんどの就活生はこういったサービスをめんどくさがって利用しません。 「みんなが登録しているから」というだけでリクナビやマイナビに登録して、適当にエントリーシートを書いて、 会社から「気が合わない」と判定されて落とされるのです。

 こんなにもったいない話はありません。就活サイトにとってはお金を払ってくれる会社側はもちろん、 会社が求める人材を集めるため、お金を払わない就活生すらお客様なのです。 就活サイトは本気で就活生が内定がとれるようにサービスを展開しています

 就活サイトは当然、就活のプロですから、プロのつくったサービスを利用しまくらない手はないということです。

 就活サイトはリクナビやマイナビに限らず、いろんなサイトがあります。 いろんなサイトに登録して、エントリーシートの添削をしてもらったり、会社の探し方などを相談してみたり、 利用しまくるのがオトクです。

 

会社と就活生の関係

 そして会社と就活生の関係です。ここまで説明したとおり、会社は就活サイトにお金を払ってでも優秀な学生を採用したがっています。 会社は本気です。それに対して就活生はどれくらいの努力が必要でしょうか。

 会社が求めているのは、「会社と気が合う学生」です。それを最初に判断する権利は就活生にあります。 これは、「書類選考を受けるかどうか」という判断の権利です。まずは会社が本気で会社説明会を開きますので、 それに参加して、「自分に合う会社かどうか」を見極める必要があります。

 会社説明会で「自分に合わない」と思ったら、「書類選考を受けない」という選択をすることで、 会社は無駄な面接をしなくて済みますし、就活生も無駄なエントリーシートを書かなくていいのです。 そして無駄な「不合格通知」を受け取ることも防げます。

 逆に、「自分に合う会社だ」と思ったら、本気でエントリーシートを書く必要があります。 会社が一生懸命探している「会社と気が合う学生」だというアピールをし、証明をすることで応えるのです。 プレエントリーをし、会社説明会に参加して会社を研究することも大事ですが、 「会社が求める人材です!」ということを会社に知らせることが重要なのです。

 「会社と気が合う」ことについて、会社は「あなたの将来の夢」で判断します。 「志が同じならば、一生懸命に働いてくれるだろう」という推測ができるからです。 この「将来の夢」を就活用語で「就職活動の軸」と言います。

 就活生は、エントリーシートで「私はこういう志を持っていて、貴社で働かなければなりません!」とアピールし、 「雇ってください」ではなく「私こそが貴社で働くのにふさわしい人材です」と伝えなければならないのです。 これが会社が高いお金をかけて就活生に求めることです。

 

就活では利用できるものは喜んで利用する

 事前準備のないまま就活に臨んでも、こんな事情は全く知りませんよね。就活サイトが何をしてくれるのか、 会社が何を求めているのかなんて、就活のことを調べるまで知らなかったと思います。 ここに「知っている就活生」と「知らない就活生」の間に情報格差が生じます

 情報格差こそが勝負の分かれ目です。ここまで読んで、「就活の仕組み」を理解したあなたは、 他の就活生より一歩も二歩もリードしています。

 就活サイトや就活サイトのサービスを喜んで利用すること情報格差はどんどん拡大していきます。 どれだけ会社を研究し、「将来の夢」の実現に近い会社を見つけ、どれだけ完成度の高いエントリーシートをつくるかが、 他の就活生に差をつけて満足な就職ができるコツなのです。

 MY就活ネットは就職仲介業者ではありませんが、就活生のみなさんが内定をとるのに役立つ情報をたくさん集めています。 「将来の夢(就職活動の軸)」の考え方、エントリーシートの書き方、グループディスカッションのコツなど、 「他の就活生がまだ知らない情報」を掲載しています。

 MY就活ネットに限らず情報にどんよくになって、いろんな就活サイトを利用できるところは利用しつくし、 満足な就職を実現しましょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」