リアルタイム閲覧者数:16人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】自動車部品メーカー・志望動機など

 自動車部品メーカーは就活生に人気の業種です。 世界中に工場をもち、販売網を展開し、日本の自動車は非常に人気があります。 その自動車に搭載する電気系統などの部品を製造しているのが、自動車部品メーカーです。 日本の産業で特に世界を席巻している業界で、グローバルかつ高待遇な環境で働くことができます。 

 

自動車部品メーカーのビジネスモデル

 自動車部品メーカービジネスモデルは、高度な技術を要する自動車部品を標準化することです。

 自動車部品メーカーは各社、巨大な自動車メーカーの下請けという立場で自動車部品の開発設計を行い、 部品を製造して納入します。集まった部品を組み立てて、販売店に納品するのは自動車メーカーの仕事です。

 「でも下請けだから自動車メーカーに安値で買いたたかれるんじゃないの?」

 下請けとは言っても自動車メーカーの言いなりになるような下請けではありません。 対等なパートナーと表現するべきでしょう。というのも、自動車部品メーカーは、自動車メーカーにはない高度な技術を持っており、 自動車メーカーが不得意な部分を担当するからです。

 ややこしいのですが、自動車メーカー専属の部品メーカーもあります。 それらは比較的簡単な部品を担当しており、その自動車メーカー専用の部品をつくります。 しかし、ここで紹介する自動車部品メーカーは、専属ではなくいろんな自動車メーカーを相手にビジネスをします。 (もちろん関係の深さによって優先順位はありますが)

 何度も言うように、電装やブレーキ、エンジンなど非常に高度な技術を要する部品をつくりますので、 自動車メーカーとしても契約を切られてしまうと商売ができません。 自動車部品メーカーに対して殿様のように言いたい放題できるわけではないのです。

 自動車は工場で24時間3交代制で製造されており、工場は常にフル稼働です。 それでも人気の車種は納車待ちが発生しやすいため輸出用の自動車はなるべく現地で生産するようにしています。

 すると、自動車部品メーカーも近くに部品工場を建てて、現地生産に協力します。 自動車工場と自動車部品工場ができると、労働者が集まります。労働者のために商品を販売するスーパーなども集まり、 街ができるんですね。すると経済社会が発展して、車を買える人が出てくるのです。

 大規模工場を海外に建設すると、雇用問題に苦しむ国は喜びます。それだけ仕事ができて、国民が給料をもらえるうえに、街が発展するからです。

 この意味では工場を建てることが自社の売上増につながり、国も喜ぶというとてつもなく規模の大きい事業であることがわかりますね。

 自動車部品メーカーを単に「クルマの部品を売っている会社」だと思ってはいけません。 自動車メーカーがいかにいいクルマを設計しても、部品がなければつくれません。 自動車部品メーカーは常に技術革新に挑戦しており、クルマの価値向上に多大な貢献をしています。

 自動車部品メーカーは、クルマを通じてお客さんに何らかの価値、何らかのソリューションを提供しています。 それは「自由に遠くへ移動したい」「高速で駆け抜けたい」「誰かに自慢したい」など、顧客が抱える欲求・欲望をかなえることです。

 自動車部品メーカーは、会社ごとに「お客さんに提供しているソリューション」が異なります。 アイシン精機はボディやエンジンをつくりますが、これは「かっこいいクルマに乗りたい」「速いクルマに乗りたい」というお客さんの欲求を満たすソリューションです。 一方でデンソーはハイブリッドシステムやガソリンシステムをつくりますが「ガソリン代を安く抑えたい」というお客さんへソリューションを提供しています。

 クルマは「どんなお客さんにどんなクルマをいくらで売るのか」を検討し、製品を開発するマーケティングが重要です。 もちろんこれは自動車メーカーに任せていればいい話ではなく、彼らの手が届かない、 自動車部品メーカーが常に技術革新を行っていろんな可能性をつくることが必要です。

 その意味でも自動車メーカーと自動車部品メーカーはお互いに欠かすことのできないパートナーであり、 決してどちらかの力が強いなんてことはないのです。

 

自動車部品メーカーの一覧

 自動車部品メーカーは日本にも複数社あります。
会社名売上高平均年収備考
デンソー4兆5000億円780万円制御システム
アイシン精機3兆5000億円663万円トランスミッション
豊田自動織機2兆2000億円710万円エンジン・コンプレッサ
トヨタ紡織1兆3000億円615万円内装・外装
住友電装1兆円非公開ワイヤーハーネス
豊田合成7500億円605万円ゴム・樹脂
NOK7100億円715万円ゴム・樹脂
東海理化電機製作所4500億円583万円スイッチ・レバー
フタバ産業4100億円546万円プレス部品
KYB3500億円634万円油圧
ケーヒン3200億円616万円制御システム
ユニプレス3200億円622万円プレス部品
タチエス2800億円554万円シート
エクセディ2600億円550万円駆動系装置
曙ブレーキ工業2600億円665万円ブレーキ
日本精機2400億円583万円計器
ハイレックスコーポレーション2300億円508万円ケーブル
河西工業2200億円602万円内装
トピー工業2000億円638万円ホイール
愛三工業2000億円642万円燃料系・吸排気系装置
エフテック1900億円588万円シャーシシステム
プレス工業1800億円629万円シャーシシステム
武蔵精密工業1800億円621万円ギア
ヨロズ1600億円566万円サスペンション
日信工業1600億円585万円ブレーキ
エフ・シー・シー1500億円659万円クラッチ
ユタカ技研1500億円675万円駆動系・排気系装置
八千代工業1400億円686万円燃料タンク・サンルーフ
IJTテクノロジーホールディングス1300億円996万円エンジン部品
三櫻工業1300億円585万円チューブ
日本プラスト1200億円539万円エアバッグ・インパネ
富士機工1100億円588万円シート部品
今仙電機製作所1100億円569万円シート部品・ランプ
太平洋工業1000億円583万円タイヤバルブ
ティラド1000億円609万円熱交換器
ミクニ940億円549万円吸気系・バルブ

 自動車業界は「トヨタが最強!」と思いがちですが、各社に得意分野があります。 デンソーは、トヨタだけでなく、ホンダ、ダイハツ、スズキ、マツダ、スバル、三菱、いすゞ、日野、日産と、 国内のあらゆる自動車メーカーと取引関係にあります。

 アイシン精機も同様で、トヨタが最大株主で23%もの議決権を持ちますが、 それでも取引先はトヨタだけではありません。デンソーと同じく、あらゆる自動車メーカーを相手にビジネスをしています。 トヨタ紡織でさえ、トヨタの名前を冠している一方でアメリカのゼネラルモーターズとも取引をしています。

 確かに売上高で言うと自動車メーカーのほうが高い売り上げをあげています。 しかし、その売上高の大半を占める部品を担っているのはこれら、自動車部品メーカーです。

 何もすべての会社がトヨタのような「みんなに愛されるクルマ」を目指しているわけではありません。 デンソーはエンジン制御が得意ですし、アイシン精機はエンジンそのものが得意です。 トヨタ紡織は内装・外装が得意で、NOKはエンジンの部品、タカタはシートベルトやエアバッグなど、 各社が得意分野をきわめています。

 自動車部品メーカーは非常に高度に技術を発展させているため、新規参入は非常に難しいでしょう。 なにしろ世界中で日本の自動車部品が採用されているのです。 「単なる下請けだ」と見過ごしてしまったら非常にもったいない業界ですね。

 

自動車部品メーカーの就活

 自動車部品メーカー就活について解説します。 自動車部品メーカーの就活は大変、理系に人気があり、ライバルとなる就活生が非常に多いです。 その分、いわゆる高学歴でハイスペックな就活生でないと受からないと言われます。

 内定者は東京大、京都大、大阪大、神戸大などで旧帝大や上位国立大学で大半を占めます。 この傾向はインターンシップ参加者(インターンシップ合格者)の割合を見ても歴然としています。 学歴があるから受かるというわけでもないのですが。

 一方で文系就活生では、かつての私のように勉強不足だと興味を示しません。 またBtoB企業のため知名度が低く、リテラシーの高い学生しか知らない業界でもあります。 そのため、自動車メーカーよりはライバルが少なく、ねらい目かもしれません。

 メーカーなので、ほかの業界に比べるとホワイト企業が多いです。 というのも、メーカーは多くの工場労働者を抱えるため、彼らが労働組合を結成し、 従業員の生活の向上につとめているからです。

 総合職もその「労働組合」のメリットを享受できますので、比較的ホワイト企業が多いはずです。

 自動車部品メーカー選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。

 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。 友達の中にはリク面で落ちて、一次面接に呼ばれて、そのまま内々定をもらった人もいます。

 自動車部品メーカーはインターンシップを行っており、 インターンシップ参加者は選考で有利になります。 通信業界を志望するなら、必ずインターンシップに参加しておきましょう。

 自動車部品メーカーは会社の数が多いので、早めにエントリーシートの原案を作成しておいて、 就活が解禁されるまでにブラッシュアップしておく必要があります。 就活が解禁されたらすぐに会社説明会が始まり、リクルーター面接も始まります。

 逆に言えば、エントリーシートを早く作っておけばコピペで提出できるということです。

 遅くとも大学3年生の3月までにはエントリーシートの原案を完成させておきましょう。

 

自動車部品メーカーの志望動機

 自動車部品メーカーの志望動機の例を挙げていきます。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 業界ではトップのシェアを持ち、最も多い業績を上げていること
  • 世界に驚きと感動を与える仕事
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • オーダーメイドであるため顧客の満足に応えられること
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 様々な技術を結集して作られる製品にモノづくりの魅力
  • 環境問題に真正面から取り組むこと
  • 日本の産業のトップとして常に世界を視野に入れた仕事
  • 世界中の人の生活を支える製品に誇りを持てるから
  • クルマのイノベーションは部品から始まると思うから
  • 世界シェアの高い技術力はイノベーションの源泉となるから
  • 安全や安心を生み出す仕事に携わりたい
  • さまざまなメーカーを通じて幅広く製品を世に送り出せるのでやりがいを感じるため
  • クリエイティブな仕事に携わりたいため
  • 海外メーカーとも取引があるためグローバルな環境で働けるから
  • 自動車部品だけでなく住環境やエネルギー事業も営んでいるところに魅力を感じたため
  • アフターサービスに力を入れており、真に顧客目線でビジネスを行っているところに魅力を感じたため

 自動車部品メーカーのビジネスの特徴は、クルマを通じてソリューションを売るというものでした。 自動車部品メーカーは単にモノをつくっているだけではありません。そのモノでできるソリューションを提供しているのです。 デンソーは単にハイブリッドシステムを売っているのではなく、「ガソリン代が安くなる」というソリューションを販売しているということです。

 志望動機も「モノをつくる」「モノを売る」にだけフォーカスしてはいけません。 メーカー企業は確かにモノをつくっていますが、それは「ソリューションを提供する」モノでなければなりません。 会社の製品群に応じて、その会社が社会に対して何を提供しているのか検討が必要です。

 ですから、志望動機では「ガソリン代をもっと安くする」「トラブルの心配をしなくていいエンジンをつくりたい」 「クルマの性能を決めるのは部品メーカーであるから」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 また、キャリアパークでは、 一流企業内定者のエントリーシートが無料配布されています。当然志望動機も載っており、 非常に参考になると思います。ぜひダウンロードしておきましょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」