リアルタイム閲覧者数:15人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

新卒年収の目安

 新卒で就職すると、年収はどれくらいになるのでしょうか。 新卒年収目安を紹介します。 

 

メーカーの新卒年収

 メーカーに就職した新卒年収目安を紹介します。

 メーカーの場合、初任給は21万円、ボーナスは5ヶ月分、残業は月に15時間程度です。 しかし、初年度ボーナスは、夏が寸志で10万円程度、冬が80%になる場合が多いです。

 月収23万5000円(内残業代2万5000円)、夏季ボーナス10万円、冬季ボーナス42万円として計算してみましょう。

 23万5000円×12ヶ月+10万円+42万円=334万円

 就職後1年目の年収はこれくらいなものです。約330万円ですね。 独身寮に入っていれば、毎月16万円ほどの可処分所得があります。一方でボーナスはかなり年金や税金を引かれるため、 手元に残るのは夏冬合わせて40万円弱でしょう。

 二年目ではどうでしょうか。8000円の昇給があるとして、基本給は21万8000円、ボーナスは5ヶ月分、残業は月に20時間程度になります。 ボーナスは入社2年目では満額支給されるため、年収が大きく上がります。

 月収25万2000円(内残業代3万4000円)、ボーナス(年間)109万円として計算してみましょう。

 25万2000円×12ヶ月+109万円=411万4000円

 メーカーでは入社2年目には年収が400万円を超えます。残業も増えて、月の手取りが20万円ほどになってきます。 生活はだいぶ楽になり、趣味に費やすお金も増えます。 このころからローンを組んで車を買う同期も現れ始めます。

 

銀行の新卒年収

 銀行に就職した新卒年収目安を紹介します。

 銀行の場合、初任給は20万5000円、ボーナスは5.5ヶ月分、残業は月に30時間程度です。 しかし、初年度ボーナスは、夏が寸志で10万円程度、冬が80%になる場合が多いです。

 月収25万3000円(内残業代4万8000円)、夏季ボーナス10万円、冬季ボーナス45万円として計算してみましょう。

 25万3000円×12ヶ月+10万円+45万円=358万6000円

 やはり銀行は残業が多いですから、初任給でもメーカーに比べると年収は高めになります。 銀行は新卒の基本給が低いですが、2年目から基本給が跳ね上がります。 銀行の年収が本気を出し始めるのは入社2年目からなのです。

 二年目の場合、基本給が5万円ほど上がります。 基本給がこれだけ上がると、残業代もつられてあがる上に、残業時間も倍くらいになります。 ボーナスも満額支給になりますし、年収が跳ね上がります。

 月収37万5000円(内残業代12万円)、ボーナス(年間)140万円として計算してみましょう。

 37万5000円×12ヶ月+140万円=590万円

 入社1年目に比べて2年目になると、年収は約65%アップになります。 銀行の昇給カーブは強烈です。2年目にはメーカーに就職した友達の年収を軽く抜き去ります。

 

税金や年金

 新卒の初任給からも当然、税金や年金が差し引かれます。 基本給が20万円程度の場合、差し引かれる内訳は下記の通りです。

  • 源泉税(所得税):5000円
  • 厚生年金:2万円
  • 雇用保険:5000円
  • 健康保険:8000円
  • 労働組合費:4000円

 合計で4万2000円程度が給料から天引きされます。 初任給が21万円なら、手元に残る手取り給料16万円強です。 厚生年金がかなり高いのがわかりますね。

 入社2年目になると、住民税9400円かかりますので、 昇給が9400円以下だと月の手取りは下がります

 残業が増えて、額面の月収が25万円を超えるようになると所得税は7000円、厚生年金は2万4000円ほどになります。 残業10時間につき1時間分は税金と年金で取られることを覚悟しましょう。

 

初任給21万円の生活

 新卒初任給21万円の場合、生活はどのようになるのでしょうか。

 所得税や厚生年金などが引かれて、手取りは16万8000円になります。 ここにいくら残業代を積み上げられるかですが、残業が月に15時間なら、残業代は2万5000円程度です。 月収はおよそ18万円になります。

 18万円のうち、家賃を差し引きます。 家賃補助か独身寮に住んでいる場合、自己負担額は2~3万円になります。 15万円が手元に残る計算になりますね。

 電気代が月6000円、ガス代が月2000円、水道代が月3000円、そしてインターネット接続料が月4000円で、携帯電話が8000円程度で、 合計2万3000円を差し引きます。手元に残るお金は12万7000円です。

 食費などの生活費を引くと、自由に使えるお金は10万円程度という計算になります。 残業をすればするほど月収は増え、生活も楽になっていきます。 しかし、養うべき家族のいない新卒の場合、月に10万円は自由に使えるお金があるのです。

 大学時代に比べるとかなり可処分所得が増えるのではないでしょうか。

 もし、残ったお金全てを貯金に回したとすると、1年で120万円貯金できる計算になります。 ボーナスもとっておけば、160万円の貯金が可能ですね

 入社2年目になると、残業が増えて月の手取りが2万円ほど増えます。 そして同様にボーナスを使わず貯金した場合、1年間で200万円の貯金が可能になります

 1年目、2年目の貯金の合計で300万円貯めることが可能であり、これを使って車を購入する人が増えてきます。

 

残業代とボーナスを貯金しよう

 いくら2年で300万円の貯金が可能とはいっても、稼いだお金を食事以外に使わず生活するなんて無理があります。 最大限切り詰めれば大きな貯金ができますが、ストレスがたまって良くありません。

 そこで、残業代とボーナスを貯金するようにしましょう

 月2~3万円を貯金し、ボーナスを貯めておくだけで、2年で200万円近い貯金が可能です。

 やはり仕事は忙しい時期と暇な時期があり、忙しい時期は残業が月30~40時間になることもありますが、 暇な時期は残業時間が1ケタで済む場合もあります。 毎月の生活費を残業代込で考えると、暇な時期に生活が破綻してしまいます。

 そこで、毎月を基本給の範囲内で生活できるように出費を抑えましょう。 そうすれば残業代を貯金し、ボーナスも貯金し、数年後には通帳にそこそこな金額が刻まれているはずだと思います。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



Unistyle

 また、Unistyleでも一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパークとUnistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」