リアルタイム閲覧者数:33人
 

学歴コンプレックスを解消する方法

 学歴コンプレックスはプライドからくる嫉妬です。 学歴コンプレックスとは、自分の学歴に満足しておらず、不満の矛先を自分より高学歴な人物に対して向け、 高学歴を貶めようとする人物に対して使われる言葉です。

 学歴コンプレックスは就活にも影響を及ぼします。 主にグループディスカッションで学歴コンプレックスは内定の邪魔をします。 学歴コンプレックス解消しておくべきです。 

 

学歴コンプレックス

 学歴コンプレックスは自分より高学歴な人物に嫉妬することが本質です。 学歴コンプと略されることもあります。

 学歴コンプレックスの症状は1.自分より高学歴な人物を過剰に敬うことや、 逆に2.あらさがしをしてミスを見つけると嬉々として批判することや、 3.自分より高学歴な人物を貶めて自分は優秀であるとアピールすることが挙げられます。

 1の学歴コンプレックスの例としては、あの人のほうが優秀だから任せておこうと思ったり、 どうせ自分はバカだしと諦めてしまうなど、消極的になる場合があります。 自分は低学歴だからどうせダメだ、あの人は高学歴だからすごいんだろうと、勝手な思い込みを始めます。

 これが就活では邪魔になります。グループディスカッションで議論をする際に、 この人は高学歴だから正しいことを言っているはずだと信じ込んでしまい、 反論もしなければ自分の意見を述べることもせず、ただただ高学歴の意見に流されてしまいます。

 面接官には「自主性の欠如」と思われ、評価が下がるのみです。

 2の学歴コンプレックスの例としては、高学歴を貶めることによって快感を得るという歪んだ精神状態となり、 バカにできないはずの人物をバカにすることで喜ぶ場合です。何かにつけてつっかかり、険悪になります。 典型的な学歴コンプレックスであり、何も産みださず、生産性がありません。

 就活でもグループディスカッションであらさがしをして批判ばかりしているようでは、 協調性がないコミュニケーション能力がないと判断され、評価が下がるのみです。

 3の学歴コンプレックスの例としては、高学歴はコミュ力がない高学歴より低学歴のほうが人生を楽しんでいると、 完全に誤った偏見で判断し、社会では低学歴だけどコミュ力もあり人生を楽しんでいる自分の方が役に立つと思い込む場合です。

 高学歴は勉強しかしていないけど自分は社会勉強をしているなどと言うのが典型例ですが、 むしろ勉強しかしていない人は、高学歴であれば高学歴であるほど少数派です。 高学歴は実は勉強もして、さらに社会勉強もしていますし、よく遊び、人生を楽しんでいます。

 見識が狭く世の中を自分の偏見で判断してしまうため、学歴コンプレックスがバレバレなだけでなく、 想像力、思考力が欠如していると思われがちです。

 また、あの大学は二次試験が簡単だからセンター試験さえよければ誰でも受かるだとか、 あの大学は名前だけ有名だけど実際そこの大学生は頭が悪いなど、的外れな誹謗中傷をする場合もあります。

 結局のところ、学歴コンプレックスは、低学歴な人が高学歴な人を嫉妬している状態のことです。 嫉妬の解消方法がわからないために、貶したり、偏見で判断したり、過剰に褒めたりするわけです。

 学歴は一生ついてまわるものです。大学を再受験したり、学歴ロンダリングをしない限りは、 ずっと同じ学歴を名乗る必要があります。それでは学歴コンプレックスも一生続くのでしょうか。 いいことではないのが明白ですし、自分も疲れてしまいますね。

 それではどのように学歴コンプレックス解消すればよいのでしょうか。

 

学歴コンプレックスを解消する

 学歴コンプレックス解消するには、考え方を改めるべきです。 学歴はそんなに重要なものではありません。学歴があれば飯を食えるというわけではありませんし、 学歴があればお金をもらえるというものでもないからです。

 もちろん高学歴は就職に有利という側面もあります。一般的に勉強ができる=優秀であると勘違いされているからです。 勉強ができるのと仕事ができるのでは直結しませんし、学問が苦手だっただけで他については処理能力がある場合もあるでしょう。

 起業家がみんな東大生というわけではないように、高学歴だからといって必ずしも社会的に成功するわけではありません。

 しかし、一般的に高学歴は就職に有利と勘違いされているために、 高学歴は嫉妬の対象になります。

 学歴コンプレックスを解消するには、学歴なんて忘れてしまいましょう

 誰々はどこの大学を出ていて、誰々はこの大学を出ている・・・なんてどうでもいいことです。 気にすれば気にするほど学歴コンプレックスに陥ります。気にしなければいいのです。

 高学歴を貶めたり、低学歴を貶めたりするからいけないのです。 優秀も何もありません。楽しい人生を送れたらそれだけで勝ち組です。 周りの目を気にしてはいけません。

 それでも気になるときは、学歴ロンダリングか、再受験しましょう。 学歴ロンダリングは特に誰にも迷惑をかけず、自分の努力だけで学歴を変えられる手段です。 大学院で希望の大学に行けば、学歴コンプレックスになる必要もありません。

 再受験するにはすでに払った学費や、受験に要する費用が発生します。 しかし、再受験するだけで辛い学歴コンプレックスから一生逃れることができるなら、安いものです。

 

学歴コンプレックスはうざい!

 学歴コンプレックスうざいものです。 それだけ学歴コンプレックスは解消する必要があります。

 まず高学歴につっかかるタイプの学歴コンプレックスは、高学歴から嫌われ、 それ以外の人にも冷ややかな目で見られます。誰も味方してくれません。 そもそもつっかかるという行為自体が、場の雰囲気を壊す行為だからです。

 そんなことをしても1円ももうかりませんし、一時の快感のために皆に嫌われるなんて効率が悪すぎます。 もっと別の人生の楽しみ方を研究したほうが建設的です。

 高学歴を過剰にほめるタイプの学歴コンプレックスもうざいものです。 過剰にほめると逆に「バカにしてるのか?」と思われます。 ほめることで嫉妬をごまかしても、やはり嫌われるだけです。

 一方で「高学歴は勉強しかできない」のように高学歴を貶めるタイプの学歴コンプレックスは、 それが自分の心の内に留まる限りは特にうざがられることはありません。 言わなければ、誰もわからないからです。

 学歴コンプレックスを解消できなくても、外に発信さえしなければ平和です。 しかし態度に現れてしまうと、円滑な人間関係の構築は困難になります。

 学歴コンプレックスは、損をします

 

逆学歴コンプレックス

 逆学歴コンプレックスとは、学歴コンプとは異なり、 自分の高い学歴がストレスを引き起こす状態を指して言います。 通常の学歴コンプの「自分の低い学歴がストレスを引き起こす」とは対照的ですね。 逆学歴コンプレックスは高学歴の悩みの一つです。

 高学歴なら無条件に幸せかというと、そうでもありません。 学歴が高いことによる不利益もあるのです。

 高学歴だと、優秀であると周囲に思い込まれます。 何かできないことがあると「東大のくせに」「大学で何やってたんだ」 などと悪口を言われるのです。

 また、高学歴だから制限されるということもあるのです。 中小企業の面接では、面接官に「冷やかし」だと思われます。 「高学歴だしどうせ大企業に行くんでしょ」と思われてしまうのです。

 本当に行きたい企業があったとしても、面接官が勝手に諦めてしまえば、 内定も何もありません。時には「なんで官僚にならないの?」などと的外れな指摘を受けることすらあります。