リアルタイム閲覧者数:24人
 

【2018卒】就活の時期

 就活時期いつからでしょうか。 2017年度卒以降の就活は、建前上は大学3年生の3月に始まり、大学4年生の6月に面接が解禁され、内定がもらえるスケジュールになっています。 

 2015年卒までの就活生は、大学3年生の12月から就活が始まっていました。 そして大学4年生の4月に面接が解禁となり、順次、内々定を獲得していったのです。

 2016年卒以降の就活生は、従来より3か月遅れの、大学3年生の3月から就活解禁となりました。 就活が一斉に始まるのは、経団連の取り決めで就活の時期が決まっているためです。 基本的に就活解禁の時期より前に、会社説明会やプレエントリー、もちろん面接も行ってはならないことになっています。

 就活の開始時期は、会社説明会の解禁、プレエントリーの開始の日です。 会社説明会とプレエントリーは「企業の広報活動」と呼ばれています。 この広報活動の解禁日こそが、就活の開始時期なのです。

 一方で面接は「企業の採用選考」と呼ばれますが、2017年卒以降は大学4年生の6月解禁に変わりました。 就活の時期は近年ころころ変わっていますので、注意が必要です。

 就活時期大学3年生の2017年3月1日~
 面接時期大学4年生の2017年6月1日~

 大学3年生の終わりである3月1日から合同説明会、単独説明会が開催され、 4月ごろからリクルーター面接が始まり、6~7月に面接が始まり内々定が出て、 10月1日に正式に内定、という流れになるでしょう。

 しかし、建前の就活の時期に騙されてはいけません。実際には、就活はもっと早くに始まります。

 一方で、加入していない企業は倫理憲章と関係がないのでいつでも選考できます。 また加入していて、倫理憲章に賛同していても倫理憲章を無視して2月から採用選考をしている企業もあります。 外資系企業など経団連と関係のない会社の他、経団連に加入していても銀行、マスコミなど強い力を持った会社は、 就活の時期を無視して選考する場合があります。

 さらに、就活の時期に関する倫理憲章を守っている風を装って、 実質的には選考を開始しているという会社も非常に多いです。「6月1日まで面接はない」と思い込んではいけません。 会社は「6月1日より先に面接をするにはどうすればいいか」と考えています。

 大学3年生の3月まで待っていたら遅いです。これは建前の就活の時期であり、 実際、就活はもっと早くに始まっているのです。

 

就活はいつから始めればいい?

 2018年度卒の就活は、2017年3月から開始のはずです。しかし、もはや2016年10月の段階で内定を持っている人がいるのです。 「就活が始まってすらいないのにもう内定!?」と思うことでしょう。 制度上の就活は確かに3年生の3月なのですが、就活を始めようと思った時が、就活の始まりなのです。

 早くに内定をもらっている人は、建前の就活が始まる前から会社に対してアクションを起こしています。 例としては、インターンシップが挙げられます。インターンシップで社員と接触し、 「個人的な付き合い」と称して面接を繰り返すのです。

 このような裏の面接を受けるには、インターンシップに参加して社員に自分の存在をアピールする必要があります。 大学3年生の6月に始まるインターンシップの申し込みが就活開始の時期ともいえます。

 また、リクナビやマイナビなど就活サイトが主催して行っているイベントで、 社員と接触するというルートもあります。「すごい社会人LIVE」といった名前のイベントですが、 実質的には会社説明会です。

 会社が何の意味もなしにリクナビやマイナビにお金を払ってイベントに参加するわけがありません。 会社がお金を払うときは、必ず目的があります。 そうです。青田刈りです。

 インターンシップや、建前上の就活の時期が来る前からイベントに参加している意識の高い学生を、 会社は狙っているのです。「めんどくさいからいいや」とイベントやインターンシップへの参加をしないでいると、 参加した就活生においていかれてしまいます。

 確かに時間はかかりますし、めんどくさいですが、就活の時期を見誤って就活が長期化することを考えると、 3年生の6月から始まるインターンシップ以降、様々な就活イベントに参加しておくことをおすすめします。

 

就活はいつまで?

 就活いつまででしょうか。辛く苦しい就活ですから、早く終わってほしいものです。 しかし就活はけっこう長引きます。国内企業を志望する限り、6月1日まで面接や内々定を行ってはいけないことになっていますので、 早くても大学4年生の6月まで就活は続きます。

 しかし経団連に加盟していない企業や、外資系企業、テレビ局などでは6月以前に面接を行う会社もあります。 そういう場合、就活がいつまで続くのかというと、国内企業の就活生より1か月、2か月先に就活を終える場合もあります。

 大学4年生の6月というのも、すんなり内定をもらえたらの話です。 2017年度卒までの就活生は、6月1日が面接の解禁日でしたが、6月いっぱいで内定をもらえる人は、 全ての就活生の半分もいませんでした。

 2018年度卒の就活生も同様に考えることができます。6月で就活が終わる人は少数派です。 9月、10月まで続く場合が多いでしょう。

 さて、就活は大学3年生のインターンシップの面接から始まります。 たいていの場合大学3年生の7月に始まりますから、3年生の7月を就活の開始時期としましょう。 終わりが大学4年生の9月とすると、実に1年2か月です。1年以上も就活をするわけです。

 一方でインターンシップに行かず、大学3年生の3月1日の説明会解禁日から就活を始める場合、 6月まで就活をすると4か月です。仮にすんなり6月に内定がもらえたとしても、 就活には最低4か月かかるということになります。

 けっこう長いものです。

 もちろん就活の対策をしていなければ、7月、8月とずるずる就活が続くことになります。 内定をもらうか、諦めるかしないと就活は終わりません。就活がいつまでも続いてしまいます。

 

エントリーの時期

 就活で履歴書の提出を意味するエントリー時期はいつでしょうか。 エントリーは手間がかかりますから、予め時期を知っておいて、いつまでにエントリーシートを完成させればいいか見極めたいところです。

 大学生の就活は大学3年生の3月に始まります。3月からは会社説明会を行っても良い時期というわけです。 しかし、就活の開始時期と、エントリーの時期は異なります。就活を始めていきなりエントリーなど不可能です。

 経団連の取り決めによると、採用選考をしてもいい時期は、大学4年生の6月からとなっています。 エントリーは、エントリーシートを会社に送り、WEBテストなどの筆記試験を受験することですから、 もちろん採用選考であることは間違いありません。

 しかし、会社はエントリーシートの提出とWEBテストの受験は採用選考ではないとしています。 なんと6月以前にエントリーシートを提出させ、WEBテストを受験させておくのです。 6月までは、面接さえしなければ大丈夫と思っているのです。

 そういうわけで、エントリー時期は6月より先に来ます。 2015年卒までの場合、4月に面接が解禁されるのに対して、エントリーシートの提出は1月~3月に行われていました。 単純に計算して、2018年卒では、エントリーの時期は面接の始まる1~3か月前です。

 エントリー時期4月~5月ということになるでしょう。 もちろんエントリーの時期は、会社や業界によって異なります。 マスコミ業界は早く、おそらく3月~4月でエントリーシートの受付を締め切ってしまうでしょう。

 電力会社やガス会社、人気メーカー企業、鉄道会社などのエントリーの時期は4月~5月です。 私の知る限り、エントリーが遅いのは倉庫業界で、6月にエントリーシートの提出と面接を同時に実施することと思います。

 一方で一般職のエントリーは、総合職のエントリーの後です。総合職の選考が一通り済んでから、一般職のエントリーが開始されます。 2015年卒までの場合は、大学4回生の4月から総合職の面接、内々定が始まっていました。そのため総合職の選考が一通り済んで、一般職のエントリーは5月からでした。

 2017年卒以降の一般職のエントリーの時期は、7月からと考えられます。

 

面接の時期

 就活面接時期について書きます。 面接時期は、建前では大学4年生の6月1日からとなっています。

 いわゆる一次面接や二次面接の他、グループ面接やグループディスカッションも6月1日から開始されます。 書類選考の次はもう面接です。つまり、エントリーシートを提出し、WEBテストを受験したら、 次のステップは面接なのです。

 しかし面接の時期は6月1日からです。さきほど、エントリーの時期は4月~5月だと述べました。 5月にエントリーを済ませた場合、6月1日までだいぶ時間が空きます。 この空白の1か月はいったい何をすればよいのでしょうか。

 エントリーシートを提出したら、面接まで何もすることがないのかというと、実はそうではありません。

 建前の面接の時期を無視して面接をする方法が、実はあるのです。 それはリクルーター制度を使った方法です。 リクルーターと呼ばれる社員が就活生に電話をかけ、「1対1でお話をしましょう」などと誘い出すのです。

 建前上は「質問会」「座談会」ですが、このリクルーターとの質問会は、事実上の面接です。 面接をやってはいけない時期ですので、リクルーターは「これは質問会です」と念を押して言います。 「選考とは関係ありません」と前置きします。

 しかし、このリクルーター面接でうまく自分をアピールできないと、 次のリク面はありません。リク面で失敗すると、書類選考落ち扱いとなり、 本番の面接に進ませてもらえません。

 つまりは0次面接です。面接ができない時期に、裏の面接を行うのです。 この意味では面接の時期はリクルーター面接から始まるといえます。

 リクルーター面接が始まる時期は、やはりこれも会社によりますが、 エントリー後に行われることが多いです。 稀にエントリーの前に行われる場合もありますが、少数派です。

 エントリー後という時期に行われる大半のリクルーター面接は、4月~5月ということになります。 面接時期4月から始まるといっても間違いではありません。

 

内定の時期

 就活内定時期はいつでしょうか。 就活をする以上、内定をもらわないことには就活を終えるわけにはいきません。 しかし、内定をもらうまでの道のりは長いです。

 内定をもらうには、エントリーを通過し、面接にも合格しなければなりません。 6月1日から面接が解禁されますが、内定はいつから解禁されるのでしょうか。

 内定時期は、10月1日です。 10月1日から、内定を出していいことになっています。この決まりは昔からで、 10月1日が内定式という会社がほとんどです。

 ここで出てくる不安が、6月1日から10月1日になるまで、 内定がもらえず悶々としながら就活を続けるのだろうか・・・というものです。 しかし、心配する必要はありません。10月1日まで内定を出せないのは、会社にとっても都合が悪いのです。

 そこで、会社は10月より前に、内定を出す代わりに「内定を出す約束」をしようとします。 これが内々定です。内々定をもらった就活生は、会社から自動的に10月1日に内定をもらえます。

 ですので、「内々定をもらう=内定をもらう」と考えて差し支えありません。 では内々定はいつもらえるのでしょうか。

 6月1日になるまでは、採用選考をしてはいけないことになっています。 つまり、6月1日にならないうちに内々定を出すことは本来ありえないのです。 7月末までに内々定を出すということは、早い時期に採用選考をしているということになってしまいます。

 しかし8月1日になると、採用選考が解禁されます。選考をしていいのだから、内々定を出すのも自由です。 リク面で予め内々定を出す人を絞り込んでおいて、6月1日に選ばれた人だけ集められて、 「あなたたちに内々定を出します」と発表する会社すらあります。

 まとめると、内定時期は、10月1日で、 内々定時期は、6月1日からということになります。

 もちろん就活終わる時期は内定をもらったときとなるので、 6月末から7月末が内定をもらい、就活が終わる時期となるでしょう。 2018年度卒の就活生は、2017年3月1日から2017年6月30日~7月31日までのおよそ4~5か月の間、就活をすることになります。

 

就活のスケジュール

 2018年卒では、以下のようなスケジュールになります。

 3年生の6~9月:インターンシップ(就業体験)

 3年生の3月:会社説明会解禁、プレエントリー開始

 4年生の4~5月:本エントリー(エントリーシート提出&WEBテスト)、リクルーター面接。

 6月~:面接解禁、内々定

 10月:正式内定

 となることでしょう。インターンシップを夏休みにやるのは変わりませんし、 その後に「個人的な付き合い」という建前でリクルーター面接のようなものが行われるでしょう。 外資系企業なら3年生の間に内々定が出ると思われます。

 またこのスケジュールでは公務員試験ともかぶりますので、 公務員と民間の併願を考えている人には厳しいものとなりそうです。

 また、総合職の就活スケジュールが後ろ倒しになったため、一般職もさらに後ろ倒しになると考えられます。 6月から総合職の選考が始まりますので、一般職はおよそその1か月後です。つまり、7月からエントリーが開始ということになりそうです。 これでは卒業まであまり時間がありませんね。

 

就活の時期の後ろ倒しのメリット、デメリット

 就活時期が後ろ倒しになって喜ぶのは誰でしょうか。 答えは、「特に誰も喜ばない」です。 2017卒までの就活は、会社にとって早い者勝ちの競争でした。

 優秀な学生をはやく囲い込むためにとにかく早く動いて、早くに就職を決めてもらうのが最近のやり方でした。 そのため就活時期はだんだん早くなり、さすがに早過ぎだろうと経団連が、徐々に就活時期を後ろ倒しにしています。

 就活時期の後ろ倒しのメリットは、大学3年生の間、しっかり勉強できるということくらいでしょう。

 確かに就活中に出会った人の中には「3回生の後期は就活のために講義を1つも取っていない」という人が多くいました。 大学は学問をするところであって、卒業後の進路のために大学に行かないというのはもったいないと思います。

 しっかり勉強してほしいというなら、在学中に就活の時期を持ってくること自体がナンセンスです。 3年生より4年生のほうが暇だというのは会社の勝手な思い込みです。 講義はありますし、単位がそろえば学校へ行かなくていいというのも勝手です。

 内々定から内定の時期が短いということで、6月1日に内々定をもらう人もいれば、7月に入っても無い内定の人もいるでしょう。 これまでならば、4月に面接が始まって5月で無い内定でも、卒業まで10か月もありました。 しかし2017卒からは6、7月で内々定が得られなければ卒業まで8か月しか残っていません。

 さらに、経団連のルールを守らない会社はいくらでもあります。 外資系企業は経団連に加入していないので守る必要がありませんし、 経団連に加入していてもルールを無視して早くから面接を始めたりします。

 結局早く就活を始めた人ほど有利という状況は変わらないのです。 3年生の間から就活をする人ほど早く内々定を得ることでしょう。

 デメリットは、勉強する時間はますます減ることと、不安、焦りを助長するということです。