リアルタイム閲覧者数:11人
就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス

 

【就活】会社選びの軸のつくりかた

 就活をしていると会社選びの軸という言葉を耳にすると思います。 会社選びの軸はエントリーシートに書かされ、面接でも問われることがあります。 一番多く耳にする機会は、リクルーター面接でしょうか。 少なくともリクルーター面接の時期には、会社選びの軸を完成させておく必要があります。

さて、会社選びの軸とはいったいなんでしょうか。 

 

会社選びの軸とは

 会社選びの軸とは、会社選びの基準のことです。どういう基準で会社を選んでいて、 なぜこの会社を選んだのかまでを問われているのです。

 実際のところ、就活生の多くは「知名度が高い」「自慢できる」「待遇が良い」「給料が高い」「勤務地が良い」といった基準で会社を選んでいることと思います。 しかしここで答えるべき「会社選びの軸」は、「会社からもらえるメリットではありません

 会社選びの軸では、仕事を通じて夢を実現するということを述べなければなりません。 言い換えるならば「会社に取りに行くメリット」というところでしょうか。

 会社選びの軸は、就職活動の軸と密接に関連しています。 就職活動の軸は「将来の夢」のことですが、将来の夢を実現するにあたって、「この会社で働かなければならない」 ということを会社選びの軸で述べるのです。

 就活の軸を業界別に作ることもあるでしょう。そのときは会社選びの軸も使い分けしやすいです。 例えば就活の軸が「海外に日本の製品を広めて社会貢献したい」ならば「海外展開している会社」が会社選びの軸になるでしょう。

 会社選びを面接で聞かれた時は、上の例でいうなら 「私は海外に日本の製品を広めて社会貢献したいと思っています。そのため、海外事業に力を入れている会社が、会社選びの軸です。」 と答えるのです。

 「会社選びの軸」という言葉なので難しく感じますが、 要は「どうやって会社を選んでいるのか」というだけのことです。そんなに難しい質問ではありませんね。

 

エントリーシートの中での会社選びの軸の位置づけ

 会社選びの軸は、エントリーシートの中で重要な位置を占めています。 ロジカルなエントリーシートを作成するにあたって、会社選びの軸がどう必要なのか知っておくことは重要です。

 エントリーシートの前提として、「就職活動の軸=将来の夢」があります。 「将来の夢を実現するために、この会社に入社しなければならない」ということを最終的に述べます。 この中間部分を埋めていくのに「会社選びの軸」が必要になってくるのです。

 エントリーシートは以下のように書いていきます。

 「将来の夢があり、そのために学生時代は何を頑張ってきて、現状の自分には何が足りていて何が足りないのか、 夢を実現するためにやるべきことがあり、そのためには貴社に入社しなければならない

 このように書いてはじめてロジカルなエントリーシート、ロジカルな志望動機が書けるわけです。 このように、会社選びの軸は「就職活動の軸」と「なぜこの会社を選んだのか」 をつなぐ役割を持っており、志望動機を構成する要素の1つであり、会社を絞り込む手段なのです。

 

会社選びの軸の例

 会社選びにはどんなものがあるでしょうか。 会社選びを紹介します。

  • 海外事業に力を入れている会社
  • 顧客が幅広い会社
  • 技術力の高い会社
  • 信頼性の高い会社
  • 営業力の高い会社
  • 弱者を守っている会社
  • 逆境に立ち向かい成長している会社
  • ○○な事業を行っている会社
  • あらゆる人の役に立っている会社
  • 人の生活を支えている会社
  • 社会全体に影響を与える会社
  • 地図に残る仕事をしている会社

 例えば就職活動の軸が「世界中を知り尽くしたい」であれば、「海外事業に力を入れている会社」が会社選びの軸になります。 また、「イノベーションに携わりたい」であれば、「技術力の高い会社」や「風通しのいい会社」などが会社選びの軸となります。

 このように会社選びの軸はそれ単体では成り立たず、必ずそう思った理由、つまり「将来の夢」が根底にあるのです。 ロジカルなエントリーシートをつくるにあたって、会社選びの軸は重要です。

 

会社選びの軸のつくりかた

 エントリーシートを作成する際、必ず就職活動の軸と、会社選びの軸を考えなければなりません。 そこで、会社選びの軸のつくりかたを紹介します。

 

就職活動の軸

 就職活動の軸、は将来の夢を語れと言われているのです。 例として「世界のあらゆる場所を旅したい」という就活の軸で自動車メーカーを志望する場合を想定し、書き方を解説していきます。

 まずは就活の軸と、志望する業界を関連付けます。将来の夢の実現のためには、 その業界でなければならないということを述べるのです。

 世界のあらゆる場所を旅するためには、敷かれたレールの上しか走れない鉄道では不可能であり、 自転車では実現可能性が低いです。世界の隅々まで冒険するためには自動車が必要です。

 しかしこれだけでは「車を買えばいいだけで、自動車業界に就職する必要はないんじゃないの?」と言われた時に言い返せません。 そこで、就活の軸に少し付け足します。「世界のあらゆる場所を旅したい。同じ夢を持っている人を応援したい。」とするのです。

 これで「就職活動の軸」を考えることができました。この例でいうと

「私は世界のあらゆる場所を旅したいと思っており、同じ夢を持った人を応援したいと思っています。 世界の隅々まで冒険するには鉄道でも自転車でもなく、どうしても自動車が必要です。 そこで、自動車メーカーに就職しようと思いました。」

 となります。就職活動の軸について詳しくは就職活動の軸をご覧ください。

 

会社選びの軸

 次に会社選びを考えます。

 志望動機は、「業界を選んだ理由」で終わってはいけません。「同業他社でもいいんじゃないの?」という質問に対応できるように、 あえてその会社を選ぶ理由を述べなければなりません。会社選びの軸では、その前段階として業界の中でも「こういう特徴をもった会社」 まで絞り込む必要があります。

 エントリーシートのコツは、深く掘り下げて書くことです。会社選びの基準では、「自動車メーカーの中でもこういう会社でなくてはならない」 と言えるように詳細をつめていきましょう。

 同じ夢を持った人は、日本国内だけとは限りません。世界中に同じ夢を持った人がいるはずです。 同じ夢を持った人を応援するには自動車を世界中に売る必要があります。 また、実際に海外へ行き、現地の交通事情や道路状況も調べておかないと、現地で走るのに適切な自動車を作ることができません。

 つまりは「海外事業に力を入れている会社」でなければならないということです。 それもコンパクトカーや軽自動車ではなく、長距離走行に耐えうる自動車を製造している会社でなければなりません。 コンパクトカーや軽自動車が悪いというわけではなく、夢の実現には長距離走行が可能な自動車が必要なのです。

 選択肢は自ずと限られてきます。トヨタ、ホンダ、日産、スズキくらいにまで絞り込むことができそうです。 会社選びの基準ですから、「トヨタでなければならない」「ホンダでなければならない」まで絞る必要はありません。 それは「志望動機」で述べればいいのです。

 では、会社選び基準をまとめます。

「同じ夢を持った人は世界中にいるはずです。同じ夢を持った人を応援するには、自動車を世界中に売る必要があります。 また海外の現地の交通事情、道路状況を調べて、現地を走行できる自動車を作る必要もあります。 これらを実行するには自動車メーカーの中でも、海外事業に力を入れている自動車メーカーでなければなりません。」

 就職活動の軸会社選びの軸を合体させれば完成です。 この例で文字数は258文字です。あとはエントリーシートで求められている字数に合わせて調整しましょう。

 便利なことに、就職活動の軸から会社選びの軸までは、それに当てはまる企業には使いまわすことができます。 上の例では同じ会社選びの軸を、トヨタでもホンダでも日産でもマツダでも使えるのです。 これらのメーカーにエントリーシートを提出する際、この下の部分、つまり「なぜこの会社を選んだのか」だけ変えればよいということになります。

 

志望動機をつくる

 就職活動の軸と、会社選びの軸が完成したら、志望動機の作成にとりかかります。

 上の例ではトヨタ、ホンダ、日産、マツダまで絞り込みましたが、志望動機ではさらに「この中でも御社でなければならない」 と言えなければなりません。これには同業他社との比較が必要です。このときのために参加するのが会社説明会です。 会社説明会には「同業他社と何が違うのか」をはっきりさせるため、そういう目的意識をもって取り組みましょう。

 自動車メーカーの違いで特徴的なのは「販売地域」です。 トヨタの販売先として多いのは日本と北米なのに対し、ホンダはアジア、日産はヨーロッパ、スズキは中南米・オセアニア・アフリカ・インドで好調です。

 他にも車体のデザイン、各地域での評価、海外旅行などで実際に目にした海外での日本車の流行具合など、 自動車メーカー各社の比較の仕方はいくらでもあります。

 その中でも特によく使われるのが、「先輩社員の雰囲気」です。 私もいろんな会社説明会やセミナーに参加し、いろいろヒアリングして回りましたが、内定者や社員が最終的に会社選びの決め手としたものは、 「先輩社員の雰囲気」だといわれることが多かったです。

 会社説明会やリクルーター面接を通じて「この先輩となら楽しく働けそうだ」「この会社には将来性を感じる」といった感想を持ち、 それを最終的に会社を選ぶ理由とするのです。

 志望動機について詳しくは、なぜこの会社を選んだのかをご覧ください。

 

会社選びの軸:まとめ

 会社選びの軸は、将来の夢から志望動機に至る過程で、会社を絞り込んでいく手段です。

 将来の夢を実現するにあたり、なぜ海運業界でも旅行業界でも機械メーカーでもなく自動車メーカーなのか。 自動車メーカーの中でもどのような会社でなければならないのか。

 最終的には「自動車メーカーの中でもこういう特徴をもった御社でなければならない」と言わなければなりませんので、 志望する企業のことを念頭において会社を絞り込んでいきます。

 将来の夢という大きな枠から、どのような業界がいいのかを考えます。業界が決まったら次に「どんな会社」というイメージを持ちます。 そのイメージに近い会社をいくつか選定し、その会社の説明会で聞いた内容を活かして志望動機をつくる。 これが会社選びの軸なのです。

 

内定の確実性を高める!4つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 みなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしなければならないからです。

 さらに、就活にはいろんなやり方があります。逆求人サイトでスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

ココリク

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス