リアルタイム閲覧者数:17人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

就職偏差値ランキングに惑わされてはいけない!

 就活をしていると「就職偏差値ランキング」を目にします。 掲示板などでは、このランキングの上位企業に内定をもらった人が「勝ち組」という風潮があります。 確かに有名で高給取りの企業が名を連ねています。 

 

2018卒向け就職偏差値ランキング

 就職偏差値ランキングとは以下のようなものです。

[69] 国際協力銀行 日本銀行 野村證券(GM) フジテレビ 三井不動産 三菱地所 YCP

[68] 経営共創基盤 集英社 東京海上(SPEC) ドリームインキュベータ 日本政策投資銀行 日本テレビ 日本取引所 野村證券(IB) 三菱総研

[67] 講談社 小学館 テレビ朝日 電通 日本生命(AC) 野村AM 三菱商事 みずほ証券(IB) みずほFG(GCF) SMBC日興証券(セルトレ)

[66] 第一生命(FE) 大和証券(GM) 日本郵船 博報堂 みずほFG(GM/AM) 三井物産 三菱東京UFJ(戦財/FT) 三菱UFJモルガンスタンレー(IB) SMBC日興証券(IB) TBS

[65] アセットマネジメントone 伊藤忠商事 コーポレートディレクション 商船三井 住友商事 大和証券(GIB) 大和投資信託委託 テレビ東京 トヨタ 日本財団 野村総研(コンサル) 三菱東京UFJ(GCIB) 三菱UFG国際投信 GCAサヴィアン JICA JR東海 NHK

[64] 朝日 共同通信 国際石油帝石 準キー 新日鐵住金 大和住銀投信投資顧問 日経 ニッセイAM 日本経営システム 日本証券金融 任天堂 丸紅 三井住友AM 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 読売 JXエネ

[63] 旭硝子 味の素 出光シェル サントリー 証券保管振替機構 信越化学 全銀協 損保協 中電 東急不動産 東ガス ドコモ 日証協 日本相互証券 農林中金 野村総合研究所(ITソリューション) ホンダ 三井住友トラストAM 三菱重工 JFEスチール NTTデータ経営研究所

[62] アビームコンサルティング 小田急 キリン 京王 シグマクシス 住友不動産 損害保険料率算出機構 東急 東京海上日動 東京建物 東電 日産 日本総合研究所(コンサルタント) 阪急 三菱化学 三菱UFJ信託 日本総研(コンサル) みずほ総研(コンサル) JR東 JRA

[61] アサヒ 上田八木短資 関電 川崎汽船 時事 村田製作所 住友化学 セントラル短資 大ガス 大和総研(リサーチ) 中日 東京短資 東燃 日清製粉 日本生命 日立コンサルティング 富士フィルム 毎日 みずほ情報総研(リサーチ) JR西

[60] 花王 サッポロ 資生堂 首都高速 双日 デンソー トーア再保険 豊田通商 日揮 日本郵便 日立 三菱電機 三菱東京UFJ(OP) JT KDDI R&I

[59] 産経 地電 電源開発 NEXCO中 NTTデータ 東レ 富士セロ 川崎重工 コマツ 住友電工 森トラスト キーエンス キヤノン ANA 三井住友信託 武田薬品 三菱マテリアル ブリジストン

[58] SMBC JFC MS海上 NKSJ 第一生命 3Mジャパン 日東電工 森ビル NEXCO東西 三菱倉庫 メタルワン 神戸製鋼 伊藤忠丸紅鉄鋼 旭化成 三井化学 IHI ADK ソニー

[57] みずほ銀行(OP) あいおいニッセイ同和 明治安田生命 住友生命 商工中金 郵貯銀行 NTT東西 野村不動産 私鉄下位 阪神高速 JX金属 JSR 豊田織機 リコー NTTコム 富士通(SE除く) クラレ 帝人 富士通総研 日本能率協会コンサル

[56] JR九州 昭和電工 古河電工 島津製作 ニコン 鹿島 住友金属鉱山 宇部興産 住友倉庫 ソフトバンク かんぽ生命 日本総研(IT)

[55] りそな銀行 日立化成 日本製紙 日本板硝子 大陽日酸 積水化学 バンナム 三菱ガス 化学 YKK オムロン アドバンテスト コニカミノルタ 明治製菓 大林組 清水建設 竹中工務店 三井倉庫 大和総研(IT) みずほ情報総研(IT)

 かつては日本銀行が1位でしたが、最近では証券会社のコンサルタント部門、経営コンサルタント、投資コンサルタントなどが目立ちます。 テレビ局や出版社、広告代理店が相変わらず上位を占めており、次いで不動産・商社・新聞社・鉄道・エネルギーと続きます。 さて、このランキング違和感だらけです。

 まず、投資銀行の雄、ゴールドマンサックスが入っていませんし、経営コンサルタントの雄、ボストンコンサルティングも入っていません。 あれだけ掲示板でもネタにされているマッキンゼーもありませんね。そして、同じマーケティング企業の花王は入っていてP&Gは入っていません。

 失策続きのキリンがアサヒやJTより順位が高い、過労死事件を引き起こした電通の順位が今だ高い、 ビジネスに果敢に挑戦している大阪ガスより出遅れている東京ガスのほうが順位が高い、 ソフトバンクの猛攻に押され続けたうえにもはやライバル企業とみなされていないドコモやKDDIが上位などです。

 出光シェルなんかは石油業界の再編で創業家が出てきて反対するなど出遅れており、 そもそも企業統治の面で不安があります。トヨタや日産はもっと評価されていいと思います。 特にテレビ局が上位を占めているのはとても不思議です。ランキングを作った人はよっぽどテレビが好きなのでしょうか。

 私もすべての会社のビジネスモデルを把握しているわけではありませんが、 この就職偏差値ランキングは何を根拠に作られたものなのでしょうか

 残念ながら何が根拠になっているのか明示されていません。 給料ランキングでも休日の多さランキングでもないようです。なんのランキングなのでしょうか? もともと株式投資の人気ランキングで、それに手を加えていったものが就職偏差値ランキングだという説もあります。

 私の勝手な想像ですが、会社の知名度やイメージでランキングをつくっているのではないでしょうか。 家族やサークルの後輩に自慢するためにつくられたような気がします。

 

就活に偏差値はない

 就活偏差値はありません。 大学受験のように難易度順にランキング化しようにも、会社によって採用人数も違えばそもそも採用方針も違います。 あらゆるビジネススキルを習得している就活生だったとしても、「性格が合わないから」という理由で落とされたりします。

 就活生の力をはかるのに一概した指標はありません。日本銀行に内定がもらえる人でも、 集英社や電通にも内定がもらえるとは限りません。各社ビジネスが異なり、会社の社風も異なります。 単に学歴が高ければ内定がもらえるというものでもありません。

 会社がほしがる人材とは、熱意をもってバリバリ活躍してくれる人材です。 就活生の就職活動の軸(将来の夢)を中心に、過去・現在・未来を問い、 その就活生のビジョンが会社のビジョンや経営理念とどれくらい一致しているかが重要なのです。

 就活生が思っているほど「今持っているスキル」は関係ありません。 特に文系だと学校で学んだ内容自体は会社でつかえるわけではなく、 会社でつかうスキルは新人研修やOJTを通じて習得していきます。そのための新卒一括採用なのです。

 つまり、就職偏差値ランキングは意味がないというわけです。

 ご存知の通り、証券会社や銀行は大量採用する一方で3年以内に約半数が離職します。 これは民間企業に限った話ではなく、政府系金融機関でも同様です。 就活生の想像とはかけ離れた泥臭い業務が待っているためです。

 テレビ局や広告代理店は激務で有名で、最近では過労死事件も起きました。 電通は特に東京オリンピックの招致に関連した贈賄疑惑が出ていましたが、なぜか話題にならなくなりました。 不思議ですね。

 悪口になってしまいますが、金融屋と化したソニーがいまだ上位に入っているのは、 過去の栄光をひきずっているだけではないでしょうか。日揮はテロリストに襲われ死傷者が出ていますし、 東電は原発事故以降ランキングから除外されていましたが、復活しています。

 確かにこれらの企業は年収が高く、証券会社・銀行・テレビ局・広告代理店では30代で年収1000万円を超えます。 経営コンサルタントなどはもっと変動が激しく、20代のうちに1000万円を超える人もいます。 しかし高い給料は、その分「時間」や「精神」「体力」を酷使するという現実を忘れてはいけません。

 ほんとうにこれらの企業に内定がもらえればバンザイなのでしょうか?

 

就職偏差値は1年限りの自慢に使われる

 内定先が有名であれば有名であるほど、サークルや家族、バイト先などで自慢できます。 「三菱商事に内定をもらいました」などと言えば誰でも「すごーい!」と言ってもらえることでしょう。 その内定者は承認欲求を満たすことができます。

 「マッキンゼーだよ」「ゴールドマンサックスだよ」などと言えば合コンでモテるかもしれませんし、 「お前のもってるスマホは俺の会社のサービスだぞ」とドヤ顔することもできます。 「社会は俺が支えているんだ!」と豪語する人もいるでしょう。

 しかしその自慢ができるのは、内定から入社までの1年限りです。 入社してしまえば交友関係も変わり、例えば三菱商事なら三菱商事の社員と一番長く過ごすわけです。 まさか三菱商事の社員に「俺は三菱商事だぞ!」と自慢することはないでしょう。

 そして実際に働いてみると、ビジネスにおいて会社名は単なるブランドに過ぎないことに気づかされます。 確かに会社名が有名であれば有名であるほど信頼性があるかもしれません。 しかし、お客さんも素人ではありません。三菱商事よりも専門商社や地元の商社に優位性を見出すことも多いです。

 政府系金融機関に就職した友達に話を聴くと、「確かに給料は高い。でも給料は半分以下でもいいから転職したい」 と言っている先輩はわんさかいるそうです。会社名も給料も申し分ないのですが、 いざ就職すると肩書や給料では払いきれない「幸福度」という価値を発見するのです。

 確かに学生同士の飲み会では「新日鉄住金に内定をもらった!」「日本郵船に内定をもらった!」などと、 華々しい自慢をきくことがあります。「就職偏差値ランキング」を気にして、友達の誰がどこに内定をもらったかによって一喜一憂したり、 「この学歴でこの会社に入社するのは『負け組』なのでは?」と悩んだりすることもあります。

 しかし、そんな悩みはたった1年で終わります。就職偏差値ランキングの高い会社に入ったからといって幸せが約束されるわけではありません。 友達が行った名も知らぬ会社が実は高給取りで、残業も少ないホワイト企業な一方で、 有名企業に入った自分は連日深夜残業、休日出勤で遊ぶ時間もまともにとれないなんてことは往々にしてあります。

 就活している段階では年収600万円と年収800万円では大きく違うような気がします。 しかし実際にそれくらい稼いでみると、200万円すら誤差と思えるほどにほとんど生活は変わりません

 私も体調を崩して休職し、年収800万円から600万円に落ちました。 ところが、以前は連日深夜残業、毎週休日出勤で鬼のように働いていたのですが、 今は毎日定時あがり、休日出勤なしの管理部門に移り、仕事も非常に興味のある分野になりましたので、ものすごく幸福度があがりました

 このように、就職においては、「自慢できるかどうか」は内定から入社までの1年限りな一方で、 「幸福度」は退職するまで続きます。どちらを重視するべきかは明白ですよね。

 

就職偏差値ランキングに惑わされてはいけない

 就職偏差値ランキング就活生を惑わす悪魔の指標とすら言えます。

 就活生は、「自慢するために」就職をするのでしょうか? 確かに内定をもらった会社が有名であれば、さぞ鼻が高いことでしょう。 両親や親戚を安心させ、サークルの友達には尊敬され、残りの学生生活は希望に満ちてバラ色かもしれません。

 しかし、その効果が持続するのはたったの1年限りです。入社してしまえば別の悩みが生じるのです。 「仕事が楽しくない」「つらい」「休みがない」などです。 これは、就職偏差値ランキングに惑わされた人がなりがちな病気です

 就職偏差値ランキングを指標とした会社選びがそもそも間違っているのです。 働くのには目的があるはずです。「生活費のためでしょ」と思考を停止せず、もっと深く掘り下げて考えてみましょう。 あなたがほんとうに実現したい人生は、ビジネスによって達成可能なはずです

 例えば「なにもしたくない。家でゴロゴロしていたい。」という一見、就職には縁のなさそうな夢があったとします。 しかし現状の自分では実現できませんね。なら「なんでも代わりにやってくれるロボット」をつくればいいのです。 このように将来の夢の実現こそが、就職の目的であるべきなのです。

 ただ自慢するためだけに会社を選んだ人は、仕事がつらくて大変な40年間を過ごすことになります。 しかし、将来の夢のために会社を選んだ人は、楽しい仕事にあふれています。

 実は会社側も「将来の夢」のために自社を選んでほしいと思っています。 その採用方針はエントリーシートの設問に表れています。「就職活動の軸」や、 「学生時代頑張ったこと」「長所・短所」「この会社に入って挑戦したいこと」を書かされますね。 これは将来の夢の実現ストーリーを書かせているにほかなりません

 就職偏差値ランキングではなく、将来の夢(就職活動の軸)を基準に会社を選ぶことで、 就活生本人も、会社もハッピーになれるわけです。

 自慢による「目先の承認欲求」を満たすことより、入社後の長い40年間を「楽しく過ごす」ことを主眼に、 就活をするべきではないでしょうか。

 就職偏差値ランキングに惑わされて不幸な会社選びをしてはいけません。 ほんとうに入社するべき会社は、「自慢できるかどうか」ではなく「将来の夢」で考えましょう。

 就活の最重要な指標である「将来の夢」については、就職活動の軸で解説しています。 そのほか、エントリーシートに書く「将来の夢の実現ストーリー」については、以下の項目で解説しています。

 就活をするほんとうの目的を考え直し、自分の信念に合致する会社を選んで、 エントリーシートで熱意をぶつけましょう。

 

内定の確実性を高める!5つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは余計な手順を省いてその場で面接を開始する内定直結イベントを開催しています。 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

Start就活

 2019年卒のみなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?もう2019年卒の就活は始まっています! 一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしましょう。

 逆求人で会社からスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

LEAVING

 みなさんはインターンシップに申し込みましたか?2019年卒からはインターンシップが選考の中心になります。 インターンシップは内定に直結する重要なイベントです。インターンシップには、大学1年生から参加することができます

 ところで、「企業」と聞いて、いまのあなたは何社思い浮かぶでしょうか。 おそらく20社くらいだと思います。就活開始当時は私もそうでした。しかし、無数にある会社からたった1社を選ぶのですから、 会社はいくらでも知っておきたいですよね。当然、インターンシップにも何社も何社も参加することで就活はさらに有利になります

 優良企業、大手企業のインターンシップに申し込める上に、毎月優良企業を紹介してくれる就活サイトがあります。 それは、LEAVING(リービング)です。 LEAVINGは長期・有給のインターンシップを募集している優良企業を厳選掲載しており、 マンツーマンでおすすめ企業を紹介してくれる就活サイトです。

 自己PRのつくりかたは学生時代頑張ったことで解説しています。 自己PRを準備してインターンエントリー会を申し込み、内定をかっさらってしまいましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」