リアルタイム閲覧者数:24人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

内定辞退【就活】

 内定辞退とは、すでに受けた内定を後からお断りすることで、 その会社で働きたくないという意思表示です。就活生が内定取り消しを恐れるのと同様に、 会社も内定辞退を恐れています。 

 会社は、各部署から「○○人ほしい」という要望を聞いて、人事部が調整し、各部署への新入社員の割り当てを決めてから採用選考をします。 つまり、初めから「営業部に7人」「経理部に2人」「設計部に4人」というように配属される人数が決まっているのです。 内定辞退をされてしまうと、配属できる人数が減ってしまいます。

 内定辞退をされた会社は、空いた穴を埋めなくてはなりません。 しかし10月以降に採用選考をしようにも、優秀な就活生はすでにどこかの会社に内定をもらって就活をやめています。 10月以降では優秀な人材が残っていないのです。

 各部署に約束した人数を配属させることができず、さらに優秀な学生を配属できる可能性も低くなります。 内定辞退をさせてしまった人事担当者は会社から厳しく責められます。

 「なぜ内定辞退をするような就活生に内定を出したんだ!」と責められます。 非常に苦しいものです。辞めさせたわけではありません。辞められてしまったのです。 それでも怒られるのです。

 内定辞退をした就活生にかかった採用選考の費用も無駄になり、 内定者懇談会や工場見学などのイベントにかかったお金も無駄になってしまいます。

 

内定辞退はいつまで?

 内定辞退いつまでに行えば良いかというと、 遅くとも9月中です。

 10月1日に入ってしまうと、内々定は内定に切り替わります。 実は、10月1日に内定を2つ持っていると違法です。

 というのも、内定は会社からの一方的な約束ではありません。 会社と就活生がお互いに「4月1日から働いてね」「4月1日から働くよ」と合意した契約なのです。 内定を2つ持っているということは、2つの会社と働く約束をしていることになってしまいます。

 内々定を複数もらった場合は、9月30日までに1社に絞り、残りは内定辞退する必要があります

 10月1日を過ぎると法律上「労働契約の予約」となり、労働契約を締結したのと同じ扱いになります。 そのため10月以降に内定辞退する場合、「退職届」を書かされる場合もあります。 手続きがややこしくなる場合があります。

 また、上述しましたが会社にとって内定辞退は非常に由々しき問題です。 必要な人数が揃わず、内定辞退迷惑だと思う採用担当者がほとんどです。 入社したくて面接に来ているはずなのに、裏切られるわけです。

 そのため内定辞退をするなら9月まで引っ張らないようにしましょう。 できれば8月の間にはもう内定辞退をしておくべきです。

 

内定辞退の方法

 内定辞退方法はいくつかあります。 9月30日までに内定辞退をする場合はまだ簡単です。

  • メールで内定辞退する
  • 電話で内定辞退する
  • 手紙で内定辞退する
  • 直接会って内定辞退する

 一方で10月1日を過ぎると、内々定が内定に切り替わり、内定辞退も面倒になります。 10月1日以降の内定辞退は「退職と同じ」と思っておきましょう。

 11月や12月に「やっぱり辞退しよう」と思った場合でも、すでに契約は済んでいるわけです。 その契約を反故にするわけですから、書面での内定辞退が必須になります。 「内定承諾書」に押したハンコを取り消すのには、やはりハンコが必要ということです。

 また、3月末の内定辞退も注意が必要です。10月以降の内定辞退は、退職するのと同じですから、 辞める日の2週間前までに会社に連絡する必要があります。

 仮に3月20日に内定辞退を申し出た場合、契約解除までまだ2週間残っています。 解除されるのは4月3日ということになります。つまり、4月1日~3日の間だけ働かないと違法になってしまいます。

 内定辞退ができるタイムリミット3月17日 簡単に内定辞退ができるタイムリミット9月30日ということになるでしょう。

 

メールで内定辞退をする

 内定辞退メールで行う場合の方法を紹介します。 内々定をもらって間もない時期なら、メールで内定辞退をすることができます。 遅くなれば遅くなるほど面倒になりますから、さっさと内定辞退してしまいましょう。

 以下、メールで内定辞退する場合の例文です。


 タイトル:内定辞退について
 本文:
 株式会社エムワイ商事 採用担当御中

 お世話になっております。
MY大学 法学部法学科 伊藤 誠と申します。 先日は貴重なお時間を面接に当てていただき、本当にありがとうございました。

 大変就職の厳しい時期ではありますが、 貴社のセミナーや面接でのご指導により、複数の会社様より内々定をいただくことができました。 内々定を1社に絞るに当たり、非常に残念ではありますが、御社の内々定を辞退させていただく運びとなりました。

 ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何卒、ご了解の程よろしくお願い致します。

 以上が内定辞退のメールの例文です。

 内定辞退の際、特に申し訳なく思う必要はありませんし、特に感謝の気持ちを持つことも不要です。 会社は就活生に対して「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」などというふざけたメールを大量送信しています。 内々定を断るからと言って何も悪いことはありません

 しかし、社会人のマナーとして何かお断りをする際は申し訳なさそうにするのが大切です。 電話で怒鳴られて終わるより、穏便に済んだほうがストレスになりませんし。

 重要なのは「感謝の気持ち」と「申し訳ない」という気持ちをいかに文章で表すかということです。

 メールのテクニックとして、「伝えにくいことは冒頭に書かない」というものがあります。 メールの上の方は関係のない話、伝えやすい話、つまりは「感謝の気持ち」を書き、 最後に申し訳なさそうに本題を書くと、申し訳なさの伝わり具合はバツグンになります

 しかしながら内定辞退がメールで済むことは稀です。 たいていの会社では確認の電話をかけてくるでしょう

 メールは全く関係のない人が送ったいたずらメールである可能性もありますし、 普通の会社員であれば、重要な話については必ず電話で確認を取ります。

 

電話で内定辞退をする

 内定辞退電話で行う場合の方法を紹介します。 メールのテクニックもそうですが、電話で内定辞退をする際は「申し訳なさそうにする」ことが重要です。 電話の場合もメールと同様、はじめに関係のない話をして、それから本題に移ります。

人事「はい。株式会社エムワイ金属工業 人事部でございます。」

学生「先日、内々定をいただきました杉浦 綾乃と申します。お世話になっております。

人事「お世話になっております。」

学生「採用選考では貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございました。

人事「こちらこそ、ありがとうございました。」

学生「御社の採用選考が糧となり、複数の内々定をいただくことができました。

人事「(内定辞退しようとしているな…)」

学生「大変残念ではありますが、御社の内々定を辞退させていただきたく、お電話致しました。

人事「わかりました。十分ご検討されたことと思いますが、後日改めてお電話をさせていただきます。 そのときお気持ちにお変わりがないようでしたら、正式に内定辞退ということにしましょう。」

学生「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

人事「よろしくお願いいたします。」

 内定辞退は電話もメールも、伝えることに変わりはありません。 しかし電話の場合、感情がリアルタイムに伝わるため緊張しますし、楽ではありません。

 さすがに内定辞退は一度の電話では済まないことが多いです。 しかし、内々定の時点であれば、内々定は単なる口約束にすぎませんので、 「そのまま就職しなければならない」なんてことはありません。

 粘られても、会おうと言われても、お断りする決意が重要です。

 

内定の確実性を高める!5つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは余計な手順を省いてその場で面接を開始する内定直結イベントを開催しています。 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

Start就活

 2019年卒のみなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?もう2019年卒の就活は始まっています! 一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしましょう。

 逆求人で会社からスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

LEAVING

 みなさんはインターンシップに申し込みましたか?2019年卒からはインターンシップが選考の中心になります。 インターンシップは内定に直結する重要なイベントです。インターンシップには、大学1年生から参加することができます

 ところで、「企業」と聞いて、いまのあなたは何社思い浮かぶでしょうか。 おそらく20社くらいだと思います。就活開始当時は私もそうでした。しかし、無数にある会社からたった1社を選ぶのですから、 会社はいくらでも知っておきたいですよね。当然、インターンシップにも何社も何社も参加することで就活はさらに有利になります

 優良企業、大手企業のインターンシップに申し込める上に、毎月優良企業を紹介してくれる就活サイトがあります。 それは、LEAVING(リービング)です。 LEAVINGは長期・有給のインターンシップを募集している優良企業を厳選掲載しており、 マンツーマンでおすすめ企業を紹介してくれる就活サイトです。

 自己PRのつくりかたは学生時代頑張ったことで解説しています。 自己PRを準備してインターンエントリー会を申し込み、内定をかっさらってしまいましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」