リアルタイム閲覧者数:45人
 

【就活】大学の成績は関係する?

 就活大学成績は関係するのでしょうか。

 大学成績は、ほぼ関係ありません 

 GPAが3ないとだめだとか、そういったことはありません。しかし、ほぼというからには若干の関係があります。 というのも就活で採用担当者が一番心配しているのは、卒業できるかどうかだからです。 十分な単位数をそろえていれば、成績を理由に落とされることはありません。

 採用担当者は大学の成績を「信頼性がない」とみなしています。昔ながらの大学の成績のつけかたが頭にあるのです。 特に真面目にやらなくても単位がもらえるだとか、定期試験の解答用紙を扇風機で飛ばして、近いところに落ちたものから高得点をつけるといったやり方です。 大学の成績は、就活生の優秀さを測るのに役に立たないと思われているのです。

 また、大学や教授によって単位認定の厳しさも異なります。 全国一律の評価基準でない以上、就活で足切りとして使うことはできません。 影響するとしても、高校の内申点くらいだと思っておきましょう。

 

なぜ就活では成績証明書を提出するのか

 就活では大学の在学証明書とともに、成績証明書の提出を求められます。 大学で印刷して持参する、郵送するということが求められます。 同時にエントリーシートとは別に履歴書も提出させられることが多いです。

 しかし、成績証明書の提出は、最終面接の当日であることが多かったです。 会社によっては内々定後に提出、ということもありました。

 大学の成績で選考をするなら、エントリーシートと同時に提出させて、成績の悪い学生を不合格にすればいいはずです。 最終面接の直前に提出させるということは、選考にはほぼ関係ないということを意味します。

 選考に使わないなら、なぜ成績証明書を提出させられるのでしょうか。 それは、留年しないかどうかの確認です。

 内々定を出しても、留年されては仕方がありません。 内々定の取消の手続きをしなければなりませんし、大急ぎで欠員を補充しなくてはなりません。 採用するはずの人が直前になって「留年なので就職できません」なんてなってしまったら人事の査定に響きます。

 メガバンクでは体育会系の大学生が内定をもらったにもかかわらず留年し、 「来年内定をください」と言ったら来年まで待ってもらえたという事例はあります。 しかし、普通の業界ではそんなことはしません

 単位を取るという、大学生の義務を果たしていない就活生は「仕事ができない」とアピールしているようなものです。 期日までに義務を果たす。これは就活においても前提です。

 そのため留年しないで卒業し、4月1日にちゃんと就職できるかどうかを確認するため、成績証明書を提出させるのです。

 

就活では成績証明書は何通いる?

 就活成績証明書は何通いるのでしょうか。 これは就活生が何社にエントリーし、何社の面接を受けるかによります。 たいてい2次面接、3次面接、最終面接の段階で成績証明書が求められます。

 大学の近くに住んでいて成績証明書がすぐに手に入る状態ならいいのですが、 成績証明書は大学の学生課で発行しますから、家が遠ければ成績証明書のためだけに大学へ行かなければなりません。 ならば予め成績証明書を発行して、持ち帰っておきたいものです。

 成績証明書の枚数は、何社、最終面接まで残るかを基準に考えましょう。 10社も最終面接を受ける人はまずいません。5枚~10枚程度あれば十分です。 面接ラッシュが始まる8月1日より前に、大学で成績証明書を5枚~10枚発行しておきましょう。

 成績証明書の他に、在学証明書も必要となります。 成績証明書は取得した単位と、単位のランクが書かれた書類です。一方で、在学証明書は単位数ではなく、 この大学に在学しているという証明書です。

 在学証明書には入学年度と卒業予定年度が書かれています。この書類が学生証と同じ効力を発揮するのです。 学生証を会社に提出するわけにはいきませんから、在学証明書を提出するのです。 在学証明書は成績証明書と同じ枚数だけそろえておきましょう。

 

成績が悪い

 就活大学成績はほとんど関係ないです。

 とはいえ面接中に成績を提出するわけですから、単位数が足りているだけで、成績が悪いのならば、面接でネタになってしまいます。 大学の成績が面接の話のネタにされることもあります。 この意味では大学の成績も関係あるといえるでしょう。

 大学の成績に不可Fがあるからダメだというわけではありません。 大学によっては成績証明書に不可やFなど、落とした単位は表示されない大学もあります。 たまたま表示されるから悪印象・・・というものではありません。

 成績が良い人はたいしたネタにはされないでしょう。問題は、成績の悪い人です。 考えうる質問に対する回答を準備しておきましょう。

 例えば、「成績が悪いけどどうしたの?」

「学問だけでなくサークルやアルバイトなどの課外活動にも力をいれていたため、 単位を落とさない程度の成績にはなってしまいましたが、大学生活に思い残したことはありません。」

 といったように、成績が悪いことに対しての質問への回答を準備しておきましょう。

 成績が悪い系の質問は、落とすための質問ではありません。 質問した結果いじわるにきこえてしまうだけで、ここでしっかり返答できれば大丈夫です。 説得力があり、怠惰なイメージを払拭できればいいのです。

 成績が悪い言い訳になってしまってはいけません。苦し紛れの答えでは、採用担当者にも怪しまれてしまいます。 成績が悪いと自覚している方は、予め質問された場合の回答を作っておきましょう。

 「勉強していませんでした」と正直に述べるのもいいですが、勉強していないなら代わりに何をしていたのか、 述べる必要があります。これも学生時代頑張ったことや、 就活の軸に関連付けて言えるといいですね。

 

成績よりコミュ力重視

 就活では大学成績よりも、コミュ力が重視されます。 「コミュ力」というものも理解しにくい言葉ですが、要は会社と気が合うかどうかです。 学問ができたから、学問ができなかったからといって仕事に直結するわけではありません。

 それよりも会社で円滑な人間関係を構築できるかや、他人に不快感を与えない人物かどうかのほうがよっぽど重要なのです。 しかし、いくらコミュ力重視とは言っても、コミュ力もあって大学の成績も良い人がいれば、 コミュ力しかない人は見劣りします。

 大学の成績は、就活を始めるころにはもはや取り返しがつきません。 大学の成績を上げなかった正当な理由を考えてみましょう。 うまく説明できればコミュ力の評価もつくものです。

 コミュ力については「コミュニケーション能力で悩む必要はない」も参照してください。