リアルタイム閲覧者数:25人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

業界絞りは危険【就活】

 業界絞りとは、就活において志望する業界を一つ、複数に決めて、 志望しない業界への就活をやめることを言います。業界絞りは業界決定とも呼ばれます。 

 例えば合同説明会、単独説明会では金融、商社、メーカー、ホテル、鉄道、航空など様々な業界のものに参加し、 リクルーターと会ったり、座談会に出席していたけれども、志望する業界を金融、商社に絞り、 メーカーやホテル、鉄道、航空業界へエントリーシートを出さないと決断することです。

 業界絞りで一本化することは効率がいいようにも思えますが、実は危険です。 実際にエントリーシートを提出して面接に臨む業界を絞って、他の業界にエントリーシートを出さないため、 一つの業界に出すエントリーシートの充実化が図れる一方で、面接を受けられる会社が減ります。

 就活サイトや就活イベント、内定者懇談会などで業界絞りは当然の行為として紹介されます。 「この時期に業界絞りをして、志望先を一本化しました」などと示されることでしょう。

 しかし業界研究、エントリーシート作成などと異なり、業界絞りは必須の過程ではありません。 就活において業界絞りはしなければならないものではないのです。

 

業界絞りはしてはいけない?

 私が業界絞りを危険だと思う理由は以下の通りです。

 例えば、自分では金融業界に向いていると思っていても、実はその会社だけでなく業界自体に向いていない場合もあります。 その業界で働いたことなんてないのだからこういうことはあって当然です。落ちたからと言って悲観する必要はありません。 想像とは異なる業界だったということです。

 しかしその時、業界を絞っていたら悲惨なことになります。全落ちです。

 不親切なことに説明会ではたいてい会社のいいところしか語ってくれません。 というのも、エントリーシート提出数が少ないと人事担当者が会社に「お前仕事してんの?」と言われてしまうからです。 志望者数を増やすため「こんな人は向いていない」という話はしません。

 その業界に向いているかどうかは業界人に判断してもらうしかないのです。 いろんな業界の面接を受けて、判断してもらいましょう。

 以上の理由から、業界絞りはおすすめしません。

 

業界絞りにはメリットもある

 業界絞りにはメリットもあります。 メリットがないなら業界絞りも流行りません。業界絞りにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 業界絞りをすることによって、エントリーシート提出数を減らすことができ、 同業他社と比較してしっかりつくったものを提出することができます。 要は負担の減少です。

 興味のない会社の面接に時間を取られ、入社するつもりもない会社に内々定をもらい、 内定辞退の電話をするという無駄な作業、無駄な疲労を防ぐことができます。 どうせ行かない業界なら絞りにかけて、切り捨ててしまうのも一つの手です。

 「めんどくさいから業界絞り」という側面もないわけではありません。 業界を比較検討して、面白くなさそうと思った業界のエントリーシート作成は身が入らないものです。 時間もかかりますし、手間もかかります。

 しかし就活はめんどくさがると負けです。就活はめんどくさいものです。 上で述べたように、絞って残った業界に向いていないと判断されれば就活は完全に失敗します。

 その結果全落ちなんて悲惨なことになるくらいなら、 複数の業界の同業他社を比較検討してエントリーシートを大量提出したほうが安全です。

 

業界の絞り方

 業界絞り方を解説します。 業界絞りを失敗すると、エントリーシート作成の手間が増えてしまったり、 万一の際にエントリーシート全落ちになってしまいます。

 業界絞りのやり方は、まず第一志望の会社を決定します。 三井住友銀行だったり、富士フイルムだったりすると思います。 第一志望の会社を決めてから、似たようなエントリーシートを提出できそうな業界を選んでいくのです。

 銀行、保険、総合商社、専門商社、メーカー、鉄道、航空、ホテルなど、第一志望の業界を選ぶのです。 メーカーを選んだ場合は、機械メーカーなのか、化学メーカーなのか、薬品メーカーなのか、 どのメーカーなのかを選択しましょう。

 第一志望の業界を決定したら、似ている業界を選びましょう。 似ている業界は、エントリーシートも同じような内容で提出できます。 銀行を選んだ場合は、信用金庫や保険業界も視野に入れて検討しましょう。

 これで何社くらいにエントリーシートを提出できるでしょうか。 足りなければ第二志望の会社、第三志望の会社から同様に膨らましていき、 少ないエントリーシートで多くの会社に提出できる環境を作っていきます。

 コピペで済むならいくらでもエントリーシートを提出するべきです。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、先輩就活生の情報が蓄積されています。



 

キャリアパーク

 そして、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」