リアルタイム閲覧者数:27人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】会社説明会質問集

 就活では、会社説明会で積極的に質問をするように言われます。 しかし、説明会ではどんな質問をするべきかわからない就活生も多いと思います。 MY就活ネットでは会社説明会の質問例を掲載しています。以下は、就活生が会社説明会でよくする質問を集めたものです。 

「入社後のギャップはありましたか」

「あなたの志望動機はなんでしたか」

「福利厚生はどんなものがありますか」

「残業はどれくらいありますか」

「有給休暇はどれくらい取得できますか」

「仕事していて成長したと思うところを教えてください」

「入社して学んだことを教えてください」

「この事業の将来性についてどうお考えですか」

「どんな後輩に入社してほしいですか」

「この仕事のやりがいはなんですか」

「社内の雰囲気はどうですか」

「会社の強みを教えてください」

「会社の弱みを教えてください」

「あなたの仕事上の失敗談を教えてください」

「あなたの仕事上の成功談を教えてください」

「仕事する上での心構えはどうされてますか」

「一日のスケジュールを教えてください」

「主な仕事はなんですか」←その人が今どんな仕事をしているかの質問

「あなたの夢を教えてください」

「入社してよかったと思ったエピソードを教えてください」

「何社エントリーしましたか」

「他にどのような業界を回られましたか」

「休日には何をされていますか」

「新入社員でも大きな仕事を任せてもらえますか」

「海外進出の予定はありますか」

「新規事業の予定はありますか」

「会社の風通しは良いですか」←上司に意見することができるかどうかの質問

「あなたのキャリアプランをお聞かせください」

「社員の方にはどんな方が多いですか」

「仕事が辛い時、どのようにリフレッシュされていますか」

「おすすめのストレス解消法を教えてください」

「貴方の働く上でのビジョンを教えて頂けますか?」

「OB訪問は受付けておられますか?」

「新卒で海外に配属されることはありますか?」

「最初の勤務地はどこですか?」

「家賃手当はありますか?」

「独身寮や社宅の制度はありますか?」

「3年以内の離職率はどれくらいですか?」

「御社は同業他社と比べてどこが違いますか?」

「教育制度は整っていますか?」

「御社のビジネスモデルを教えてください」

 この質問集には調べればわかるもの、自分で考えなければならないものも多く含まれています。 また、これらはみんながする質問です。おそらくほとんどの企業説明会でこの質問がされていることでしょう。 イラッとさせてしまうかもしれません。 しかしもっと質の高い質問を考え出すのは面倒な作業ではあります。

 

会社説明会で良い質問をする

 会社説明会良い質問とはどんなものでしょうか。 よく言われるのは「入社するかどうかにかかわる質問」です。社員のキャリアプランや、 入社して学んだことについての質問は意味がありません。

 会社説明会での質問は、自分の存在をアピールする意味でも重要ですが、 エントリーシートのネタ作りに使えるということを念頭に置きましょう。 「この会社にはこれがあるから入社したい!」といえるような答えをもらわなければなりません。

 MY就活ネットでは、下記3つを会社説明会の質問黄金3セットとして紹介しています。

 1.「御社はどのような社会を実現しようとしているのでしょうか?

――質問必須の大事な質問です。MY就活ネットでは各ページで「就活は将来の夢だ」と述べていますが、 これは、「会社の将来の夢」を問う質問です。会社の夢と、あなたの夢が一致していれば合格、 一致していなければ不合格です。

 これを社員が答えられないようであれば、そんな会社は入社してはいけません。 目的も目標もなくその社員は会社に通い、ただ淡々と仕事をこなしていることがうかがえます。

 2.「御社が業界1位であるのは、どのような理由によるとお考えですか?

――これも良い質問です。これは単に「売上高が一位だから」ということを聞いているのではありません。 むしろそんな答え方をするような会社には入社するべきではありません。程度が低いです。

 「営業力があるから」「技術力があるから」「強いパイプをたくさん持っているから」 など、今後も一位を継続できそうな理由を回答してほしいのです。この回答があれば、 エントリーシートの「なぜこの会社を選んだのか」に対する答えを作ることができます。

 また、会社を選ぶための質問だけでなく、会社を切り捨てるための質問も有効です。 入社するべきではない会社を見極め、ブラック企業を回避するのに良い質問を紹介します。

 3.「御社が就活生に求める人物像を教えてください

――上にも書いた質問ですが、「こんな後輩に入社してほしい!」ということは、 説明会でもあまり会社側から率先して言ってくれません。 ならば質問してしまいましょう

 しかしこの質問は、「先輩社員」ではなく「採用担当者」に聞くべきです。 採用方針は人事部が決めており、部署間の連携で「こんな後輩を採用しよう」という会議があるわけではありません。 「先輩社員がほしい後輩」ではなく「人事部が考えた良い後輩」が採用されるのです。

 意外と会社って縦割り組織なんですよ・・・

 以下ではその他の良い質問を紹介します。

「会社で一番盛り上がるのはどんなときですか?」

――良い質問だと思います。要は仕事をしていて一番楽しい時はいつかというものです。 これが「飲み会」や「ゴルフ」などと回答されたら、おそらく仕事は楽しくありません。 楽しい仕事は必ずあります。

 この回答を持って面接で「この仕事をして皆と喜びを共有したい」と言うのです。 入社後のビジョンも持っていて良いアピールになると思います。

「御社の労働協約では残業は月に何時間まで認められていますか?」

――定められた残業時間を超えた分はサービス残業になる可能性があります。 長すぎると逆にそれだけ残業するということです。 短すぎても、長すぎてもダメ。40~60時間くらいがふつうでしょう。

 厚生労働省の基準では、残業は原則として月に45時間までです。特段の事情があれば年に6回まで、 残業時間を月60時間まで延長することができます。 しかし社員が「上限なんかあるの?」といった態度であれば、おそらく上限がありません。

 それでも残業代が出ればいいと思う就活生も多いですが、毎日深夜残業というのは想像以上に疲れます。 昼食がのどを通らなくなったり、休日に何もやる気が起こらなくなったり、 ささいなことで怒りを覚えるなど、ストレスで余裕がなくなってしまいます。

 たいてい残業についての質問は「部署による」と答えられて終わりなのですが、 この例のように上手に質問することで回答が得られます。

「今年度、有給休暇を何日取られましたか?」

――取得率なんて人事部以外把握していません。 「取ってる人は取ってるよ」のように適当に答えられても困るので、 会社説明会では「その人が」何日取ったかを質問しましょう。

 残念ながら総合職で有給休暇を年に10日も取れるような会社は多くありません。 特に入社数年のうちは有給休暇はないようなもので、ある程度自分の裁量が効くようになる課長補佐、 課長くらいになってようやく毎月1日有給休暇がとれるくらいのものです。

 会社説明会に来ている社員は若手社員ですから、若手社員が何日有給休暇を取っているかを聞いて、 自分の入社後の生活を想像してみましょう。

「独身寮は何年住めますか?」

――若手社員の可処分所得に大きくかかわることで、 また同期と住む家が同じというのはメンタル的に励みになります。 短期で追い出されてアパート暮らしになるとメンタルの回復がしにくくなるでしょう。

 独身寮がない会社なら、必ず家賃補助、家賃手当について質問しましょう。 これがあるかないかだけで手取り収入は何万円も変わります。 独身寮も家賃手当もない会社は、あまり入社するべきではないでしょう。

 会社説明会質問を考える上で有用なことは 「明日からこの会社の○○課で働くことになった」と仮定することです。

 今自分にはどんな事前準備が足りないか、どんな訓練をすべきか、 この商品を最大限の表現で売り込むためには、どんな欠陥を直すべきか、 この商品は誰に売れているのか等、いろいろ質問が湧いてくるはずです。

 ES面接では「あんな会社やこんな業界もあるけど、その中でもこの会社でないと絶対にだめだ」 と嘘でも言えなければなりません。 質問タイムを有効に活用して他社との比較検討の材料にしましょう。

 

目的をもって質問をする

 「会社説明会では質問しろ」と言われ、言われるがままに質問するのではいけません。 会社説明会では目的をもって質問しましょう。まず、会社説明会で質問する目的はなんでしょうか。

 会社説明会は会社選び志望動機の作成のために参加します。 同業他社との比較することを意識して質問を考えてみましょう。

  • なぜ御社は○○社よりシェアが大きいのですか?
  • 御社はどういう戦略でこの地域の販売に力を入れているのですか?
  • 御社の強みはなんですか?
  • 一番のライバル企業はどこですか?

 このように会社選びの判断で重要な要素、志望動機のネタになりそうな要素を、 会社説明会の質問タイムを利用して仕入れるのです。

 逆に、このような質問に対して明確に答えられない会社にはあまり将来性がないでしょう。 社員が会社のビジネスモデルを理解しておらず、目標もなくただ与えられた仕事をこなしているだけの可能性があります。

 社員は経営者ではありませんので、ビジネスを考える仕事ではありません。 しかし、少なくとも社員は経営者の考え方は知っておくべきですし、どういう戦略で何に力を入れているくらい言えないようでは、 経営者と社員のコミュニケーションが円滑に行われていない可能性が高く、もしくは経営者が仕事をしていません。

 

質問のタブー

 上記の量産型、汎用性の高い質問は、私が採用担当なら一発レッドカードを出したいものも含まれていますが、 質問を受ける社員の方も、就活のころはこういう質問をしていたはずなのでタブーではありません。 私の同期もみんな上記のような質問をしていたそうです。

 しかしながら、会社説明会の質問には、タブーがあります。

 給料に関する質問
 話し相手の給料を知る、というのは失礼にあたるそうです。 仕事をする代わりに給料をもらうわけですから、給料の仕組みについてはしっかり聞いておきたいところですが、 なぜか聞くのは嫌がられます。

 休日に関する質問
 「部署による」と答えられて終了です。自分の部署では~ということも言ってくれません。 企業によっては社員の方が若干キレ気味で返答されていました。おそろしや。 就職先を選ぶにあたってかなり重要な要素だと思うんですが。

 残業に関する質問
 ↑と同様。「部署による」と返されてしまいます。

また、女子就活生がよくする質問なんですが

「女性の働きやすい環境は整っていますか」

「結婚、出産しても働き続けられますか」

「女性も昇進できますか」

これらは意味のない質問だと思います。性別による差別は憲法で禁じられており、 男女雇用機会均等法によって私法レベル、民民関係においても差別は禁じられています。 実際には内心で「女の子だからなぁ」と差別的取り扱いを受けることもあるとは思います。 業界の性質上、体力がないときついとか、会社が男ばっかりで女性幹部がいない会社もあるでしょう。

 「いいえ、うちは女性差別します」

なんて堂々と法律違反を宣言する会社なんてありえないし、 「法律違反してませんよね?」なんて質問されて不快に思わない会社も存在しないでしょう。 どこの会社説明会でも「女性の働く環境整備には力を入れています」という答えしか返ってきません。

 また一番最初の学内企業説明会以外は全てスーツです。 私服を着て行って恥ずかしい思いはしても、スーツを着て行って恥ずかしい思いをすることはありません。 「私服で来てください」と指定されない限り、私服可でも、服装自由でもスーツで行ったほうが無難です。 私服で行くことはタブーだと思っておきましょう。

 会社説明会で質問しても意味のないものもあります。 意味のない質問をしても人事の印象に残らないばかりか、 悪い印象を与えてしまう場合もあります。

「社内の雰囲気はどうですか」

――良いことしか言いません。「明るく楽しい」だとか、「時には冗談も飛び交う」 などでしょう。残念ながら雰囲気も部署によるのです。 私のいる部署はまさに明るく、冗談も飛び交いますが、 同期の中には「配属されて以来、一番しゃべってるのは昼休みに来る保険屋のねーちゃん」なんて人もいます。

「新入社員でも大きな仕事を任せてもらえますか」

――幹部候補生の総合職なんだから当たり前です。 私が最初にした仕事は、2億円の契約書にサインをすることでした。 正直、手が震えました。

「会社の風通しは良いですか」

――社員としては「良い」と答えるしかありません。 人事のエライ人を前にして「悪い」なんて言えるわけがありません。 「良い」なんて言われても、実際は暗黙の了解が多々あって、 数年は何も意見しないでただ従っているほうが無難です。でなきゃ「あれはないぞ!」と怒られるだけです。 意見できるのは入社10数年たって、管理職になったときでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」