リアルタイム閲覧者数:22人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

なぜ太陽光発電が流行っているのか【就活】

 就活をしているとたびたび耳にする「電力事業もやっています。」 なぜ社会でなぜ太陽光発電が流行っているのか。 

 何も自社ビルの電力をまかなうためでも、自社工場の電力をまかなうためでもない。 電力会社に売るためだ。それではなぜ電力会社は太陽光発電の電気を買うのか。

 再生可能エネルギーの中でも太陽光発電や風力発電は、原発の代わりにはならない

 まず土地がない。どこにでも住宅があり、そのそばで風力発電をしようものなら、 騒音で住民が眠れなくなる。原発一基分の発電を太陽光発電でまかなおうとするなら、 山手線の内側すべてを太陽光パネルで埋め尽くすほどの土地が必要である。

 次に、気候の問題である。台風が来るなど、風もあちこちから吹くので風力発電は向かない。 曇ったら当然、太陽光発電はできない。

 工場というものは24時間体制で3交代制をとっていることが多い。 決して止められないラインがある。そこで曇ったから、台風だからと停電に陥ってしまったらどうなるかは想像するに容易である。

 そんな不安定な太陽光、風力発電の電気をなぜ電力会社が買うのだろうか。

 就職活動中に、とある太陽光発電もやっているという会社のリク面でこんなやり取りがあった。

俺「太陽光発電で得た電力は何に使っているのですか?」

社「電力会社に卸しているんだよ」

俺「なぜ電力会社は電気を買うのですか?

社「うーん、向こうも供給量を確保したいからね」

 何を言っているんだ。法律で決まっているからだろう! 誘導尋問であるが、答えがあまりにもひどい。 曇ったら発電できない太陽光発電がなんの供給量の確保になるというのだろうか。 曇ったらみんなが電気使わないから大丈夫!などとでも言うのだろうか。

 固定価格買取制度というものが、民主党政権下で確立した。 太陽光、風力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギーを用いて発電した電気を、 無理やり電力会社に買い取らせる制度である。 最近電力事業をはじめました!というような会社に電力供給を任せられるだろうか。

 否。電気は一瞬でも飛ぶと工場のラインは止まり、データが飛び、経済活動が数時間停滞する。 その例が四日市瞬時電圧低下事故である。 なんと0.07秒、電圧が低下するだけで100億円という損失を出す企業がある。 ましてや太陽光や風力といった24時間365日同じだけの電力を供給し続けられない電力事業など、 「供給量の確保」の何の役にも立たないのである。 それならば原発をもう一基建設したほうが安い。

 なぜそのような制度が始まったのか。新自由主義に基づく太陽光利権である。 電力会社のもうけを「太陽光発電代」として財界に差し出し、 国家の基盤である電力会社を自由競争に巻き込もうという魂胆である。

 果たして電力自由化はいいものなのだろうか。 電気料金の価格競争で値下げが起こる、というのは聞こえはいい。 しかしデフレの時代に価格を下げるなど一層デフレを深刻化させるものであるし、 第一価格競争でサービスの質が下がるという予想は立てられなかったのだろうか。 極端な例だが、安いコンビニと高級ブランド店のどちらのサービスが良いかと問えば一目瞭然である。

 一定の顧客を獲得できなければもうからない。 もうからないなら人件費やサービスをカットするしかない。 従業員のやる気とサービスの質が低下するとどうなるか。 停電である。

 前述のように停電は経済活動の停滞を引き起こす。 家の電気がつかないくらいは大したことはない。 問題は会社と工場である。会社のパソコンは突然電源が切れ、 工場はラインが停止し、物を作れなくなる。 2,3時間停止した分をどう取り返せばよいというのか。 「2,3時間長く働けば?それができないのが工場である。 24時間3交代制でギリギリまで働いて製品をつくりあげている。 土日も稼働しようものならいつ製造装置のメンテナンスをする? 土日にかかる人件費は? 停電でラインが停止している間の従業員の給与の支払いは? 平日に出来上がらなかった材料が土日に作られれば、加工する工場も土日に稼働しなければならなくなる。 結果、すべての工場が土日に稼働し、ラインが停止している間の人件費に加えて、 土日の人件費まで支払わなければならなくなる。 ここまでならまだ労働者が得られる所得が増えるので、その分買い物をしてもらえば済む話ではある。 しかし土日に働いても足りないほど生産ができなくなってしまったらどうなるだろうか? また停電した分取り返そうとした土日に停電が発生したら納期を完全に逃してしまう。

 停電さえしなければこれらの問題は発生しない。 停電させないためにはどうすればよいか? 電力事業を保護すればよいのである。

 新自由主義はなんでも自由競争にさらそうとするが、 今、自由競争の場にいない企業はその必要があって保護されている。 なぜ保護が必要なのか(だったのか)考え直してほしい。

 

無料で利用できる就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できますので、スカウトをもらっておかない手はないと思います。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」