リアルタイム閲覧者数:50人
 

初任給が高い企業に注意

 初任給が高い企業は多く存在します。 でもちょっと待ってください。初任給が高い=給与が高い企業なのでしょうか。 「大卒初任給25万円!」がうさんくさいのはわりと皆が思うことだと思います。 しかし「初任給19万円」と「初任給21万円」だと後者の方が輝いて見えるのではないでしょうか。 

 常識的な範囲内(20万円前後)であればほぼ差はないものと思いましょう。

 初任給から引かれる税金、保険料、年金等はおよそ2万5000円です。 手取りはどうせ20万円を割るのです。これくらいの基本給の差は各種手当で簡単に埋まります。 独身寮の家賃はいくらでしょうか。家賃補助はどれくらい出るのでしょうか。 こちらのほうが手取りがいくらになるかについて重要です。

 最も注意すべきは、年1回の昇給の額がわからないことです。

 昇給額によっては初任給の差など数年でひっくり返ります。 一般的に給与が高いと言われる企業は初任給を安くしています。

 みずほ銀行の大卒総合職の初任給は「20万5000円」JR西日本は「202,411円」等、 他と比べてフツーです。しかし数年後にはかなりの高給取りになっています。 では企業はなぜ初任給を安くするのでしょうか。

 それは顧客への配慮です。平均年収を安く見せるのと同じです。 株主総会で「初任給が高すぎる!もっと抑えて商品を安くしろ!」なんて言われても困ります。 また最初の1年なんて自分が会社に利益をもたらすなんてことはまずありません。

 利益を出さないのに高い給料を支払う理由はありません。 平均的な初任給は20万円です。これより高すぎる、安すぎると思ったら注意すべきです。

 初任給は安くて当たり前なのです。初任給より昇給額を心配するべきです。 とはいえ昇給額なんて載っていませんし、やはりこんなことを会社説明会で質問しようものなら、 「人による」と言われて終わりでしょう。やむなし。 しかしながら初任給が高いというだけで会社を選ぶのは間違いであるというのは明白です。

 

初任給が高い理由

 初任給高い会社はたくさんあります。 特にIT系やベンチャー企業に多いですね。高い初任給にはどんな意味があるのでしょうか。

 初任給が24万円、25万円となってくると、他にそれくらい初任給を出している会社は少ないです。 たいていの会社は初任給が20万円前後ですので、24万円、25万円となると、 「給料が高い会社だ」と錯覚を起こすのです。

 初任給こそ高いかもしれません。しかし、そこから昇給がなければ、 他の会社の給料に数年で追い抜かれてしまいます。 初任給の高い会社は、給料も高いのでしょうか。

 そして、初任給を高く見せている会社は、残業代や各種手当を含んだ給料を表示している場合もあります。

 ほとんどの会社の20万円には、残業代や手当は含まれていません。 基本給と書かれていれば、手当は含まれていないのです。 純粋に年齢分と職能給です。一切残業しなくても最低限、20万円はもらえるということです。

 しかし、初任給の高い会社の給料欄には「基本給」と書かれているでしょうか。 書かれていない場合は、残業代や手当も含んでいると考えたほうがいいでしょう。

 さて、なぜ初任給を高く見せかける会社があるのでしょうか。

 それは、就活生の人気を得るためです。 就活生以外に、初任給が高くて喜ぶ人はいません。就活生のためだけに初任給を高く表示しているのです。 「25万円」という餌に釣られてはいけません。

 もちろん昇給も高くて初任給も高い会社があればいいのですが、 世の中そんなに甘くはできていません。会社に利益を出せるようになってから昇給額が跳ね上がるのが普通です。 初任給を高くすることに、就活生の人気を取る以外に意味はないのです。

 なぜ初任給を高く見せて人気を取る必要があるのかというと、 人気がない会社だからです。 内々定を出しても他の会社に取られてしまうだとか、そもそも無名企業すぎてエントリーしてもらえないとか、 ブラック企業のうわさがあって誰も近寄ってこない会社などですね。

 初任給の高さに惑わされず、行きたい会社、昇給額の高い会社に行くべきです。 「25万円」は罠だと思いましょう。