リアルタイム閲覧者数:32人
 

選考とは関係ありません

 就活をしているとよく聞く言葉が「選考とは関係ありません」 「選考とは一切関係ありません」・・・実は真っ赤なウソです 

 

選考と関係がないことをするのは時間とお金のムダ

 自社ビルで行う説明会やリク面だってタダではありません。 対応する社員の基本給が30万円ならば、1日出勤すると1万5000円になります。

 その社員の言うとおり、「選考とは関係ありません」ならば、1人1万5000円もかけて何の成果もなしということになります。 多少はそれでエントリーシートを提出して本選考に進もう!という人が現れるかもしれませんが、 最初から選考を受ける気でいる人には関係ありません。

 社員が時間をかけて会社説明会を行う以上、なんらかの成果を上げる必要があります。 建前上は「採用選考を行ってはいけない」時期であっても、「選考とは関係ありません」と言いながらしっかり就活生をみています。 会話をした社員は後で必ず人事部採用担当者に報告をしていると思っておいた方がよいでしょう。

 

会社説明会での「選考とは関係ありません」

 大規模な会社説明会で質問しても、たしかに選考とはあまり関係ありません。 名乗ったところで誰かが記録しているわけでもなし、覚えているわけでもなし。 参加票や参加記録によって、次の説明会やリク面、座談会等に呼ばれる条件になる程度です。

 しかし、小規模な説明会だと話は違います。 名札をつけたり、5人程度のグループに分けられて座談会、なんてときはほぼ選考です。 その出来具合でリクルーターがついたり、次の座談会に呼ばれたりします。

 少人数、座談会などと書かれていたら、ある程度準備してからいきましょう。

 

リク面での「選考とは関係ありません」

 完全にウソです。1対1(稀に集団でもリク面をしますが)で社員との質問会なんて、 選考をしないわけがありません。しかし、「選考とは関係ありません」と言わなければ経団連の倫理憲章に違反してしまいます。 そのため、とりあえず「選考とは関係ありません」と言います。

 建前ではただ社員対就活生が1対1で会社説明会をしているというわけです。 しかし、こんなことはありえないのです。たった1人のために社員1人を業務そっちのけで派遣するわけですから、 「単に就活生に会社のことを知ってほしい」というだけでやるわけがないのです。

 実際にはこの1対1の質問会、あるいは1対1の説明会は就活において重要な0次面接なのです。 ここで失敗すると先に進めません。なのに「選考とは関係ありません」だなんて、だまし討ちにも等しいです。

 「少人数」「1対1」は事実上の面接だと心得て、相応の準備をして臨む必要があります。

 

選考とは関係ありません、は建前

 社会人にとって本音と建前というものは空気のようなもので、当たり前すぎてあえて断りを入れるようなものではないのです。 そのため「選考とは関係ありません」というのも、リクルーターや説明会に現れる社員は、 とりあえず言っているだけなのです。

 もちろんそれで学生が勘違いするなどということも考えていません。 私もリク面で「わかってると思うけど、選考とは関係ありませんって言わなきゃだめだから言っておくわ」 と言われました。選考に関係大ありなのが前提なのです。

 

ざっくばらん、も半分ウソ

 就活で良く聞く「ざっくばらんに質問してください!」 これにも騙されてはいけません。普通の質問しか許されません。

 単にみんなが質問しやすいようにと言うだけで、 本当にざっくばらんに聞いてもいいという意味ではないのです。 社会は本音と建前であふれています。疑ってかかりましょう。

 相手が就活生だからといって建前で話すのをやめたりはしません。 「ざっくばらん」等と言っている本人が最も「ざっくばらん」でないのですから、笑うしかないですね。