リアルタイム閲覧者数:1人

 

一般職の年収


 一般職の年収は、初任給からあまり上がりません。 初任給が月18万円、ボーナスが年に5か月分出るとすると、306万円です。



 

一般職の昇給

 昇給については給料の仕組みで説明していますが、 昇給表にもランクがあり、一般職は総合職よりゆるやかに昇給します。 年に3000円~5000円という場合が多いようです。

 

一般職の昇進

 総合職では入社5年ほどで「主任」の役が付きます。一方で一般職で「主任」になるには数十年かかります。 「課長補佐」まで上がれることは稀です。

 給料は役がつくことによって大幅に上がっていくのですが、 一般職では役がつかず、「主任」では平+α程度の昇給しかありません。 そのため役による昇給は見込めません。

 

一般職の手取り収入

 年金、所得税、住民税等を差し引くと13万円ほど残ります。 しかし一般職の場合は会社の飲み会も免除されることが多く、 また参加してもお金は払わなくていいので、つきあいでの出費がほぼありません。

 また転勤もないので実家に住む、家賃手当を利用するなどで、手取り給料の大半は手元に残ることになります。

 

福利厚生が使いたい放題

 会社の総合職は、一般職に対してかなり甘いです。 有給休暇を取得しようが、定時退社しようが、文句を言われることはありません。

 むしろ会社としては一般職が福利厚生制度を利用することで、 「我が社はこれだけ福利厚生制度が充実しており、去年は○○人が福利厚生を利用しました!」 と宣伝できるわけです。

 

一般職の年収は決して低くはない

 以上を考慮すると、一般職の年収は数字としては300万円であっても、 私生活の充実度、出費、福利厚生では総合職より圧倒的に恵まれています。 バランスがとれていて、悪くはないと思います。