リアルタイム閲覧者数:1人

 

就活は顔採用じゃない!


 「就活は美人・可愛い・イケメンが有利」などと言われますが、果たして本当にそうでしょうか。 顔が良ければ恋人にも友達にも困らなくて、仕事すら簡単に見つかってしまう・・・ なんていうほどこの世は厳しくありませんし、顔に甘くもありません。 

 総合職で大事なことは、美人・イケメンであることよりも、仕事ができることです。 高い処理能力、コミュニケーション能力を持っていることのほうが大事です。

 ただのイケメンとただのブサイクを並べたら、確かにイケメンのほうが魅力的に映るでしょう。 しかしただのイケメンと、仕事ができるブサイクならば後者が採用されるでしょう。 会社は顔の良い人を集める団体ではないのです。お金稼ぎをする団体です。

 また一般職は顔採用だから美人じゃないと難しい・・・なんてよく言われますが、 一般職でも重要なのは、実は顔ではありません。

 

一般職は何が重視されるか

 一般職は何が重視されるのでしょうか。

 話しやすさです。一般職の仕事はだいたい総合職から頼まれて、発生します。 いくら美人でも話しかけにくいと仕事も頼めません。 愛想よく接することができる人ほど有利です。

 一般職は電話対応も主な仕事ですし、他部署に何かを依頼するのもたいてい一般職です。 つんつんした美人より、話しやすい女性が依頼したほうが、依頼される側も、 「え~嫌だなあ。でもしょうがないなあ。」みたいに承諾しやすいです。

 

ただの結婚要員を雇う余裕はない

 今どき単に総合職の結婚要員としてだけの目的で採用するほど、会社も余裕はありません。 結婚してすぐに辞められても困るのです。 私の会社も面接会場にいた可愛い女の子がすべて不合格になっていたので間違いありません。

 結局受かったのは、愛想がよくて、依頼を断らなさそうな女の子でした。 顔採用ではないのです。とはいえ愛想がいいとモテそうなんですが。

 

受付嬢が美人でも大したメリットはない

 受付嬢が美人だから契約をする、なんてあほな会社があったらとっくにつぶれてます。 社員旅行でバスを借りたのですが、バスガイドはおばちゃんでした。

 最初はみんな「うわあ・・・」という反応だったのですが、 いざバスが出発すると称賛の嵐になりました。

 というのも、気配りがすごくできるおばちゃんだったのです。 酒を渡して回ったり、乗客と雑談したりできるバスガイドはなかなかいません。

 旅行の終盤では、「もしもバスガイドが美人だったらあそこまでしてくれない」 「あのおばちゃんでよかった」と言っていました。

 

ではなぜ顔の良い人が採用されるのか

 顔の良い人は、顔が良いことで自分に自信を持っていることが多いです。 美人やイケメンは少なくとも自分の顔を苦にして夜に泣いたりしないでしょう。 自信があるからこそ、ハキハキと話せて、明るく楽しい雰囲気を作り出せるのです。 そのため就活もうまくいくのです。

 では顔が良くない人はダメかというと、全く違います。 顔以外に自信を持てる部分を見つける、作り出すことが大事です。 学問であったり、コミュニケーション能力であったり、 「自分は他人とここが違う!」という部分を見つけるのです。

 顔が悪いからダメだなんて思っていたら、顔以外もダメになってしまいます。 自分のいいところを探しましょう。