リアルタイム閲覧者数:25人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

内定直結インターンシップ【就活】

 経団連の憲章によると、インターンシップ(就業体験)で採用選考を行ってはいけないことになっています。

 しかし、内定に直結するインターンシップは本来、就職活動としても採用選考としても理想的なものです。 一緒に働いてみて、一緒に過ごしてみて、お互いがお互いを良いと思えば握手する。 

 これこそ「入社後のギャップ(イメージとのギャップ)」に悩まされずに済む就活のあり方だと思います。

 経団連はそれを禁止したがります。というのも、内定直結のインターンシップは学生にとって多くの数をこなせないもので、 先にインターンシップに参加させた企業が学生を囲い込んでしまうためです。

 就活で志望企業にしてくれる就活生の母数を増やして優秀な学生を釣り上げたい大企業にとっては由々しき事態です。

 とはいいつつも、人事担当者にとって、インターンシップ生は印象に残り、本選考においてもそれが有利に働く場合があります。 インターンシップでついた印象にしたがって採用してしまうのは人間だから仕方がないのです。

 そんなわけで、内定に直結するインターンシップを実施している会社を紹介します。 あくまでも良い印象によって内定という結果が出るのであって、インターンシップで採用選考をしているのではない ということを断っておきます。

 

大阪ガスのインターンシップ

 個人的に最も理想的な採用活動をしていると思う会社です。 インターンシップ生がすべて採用されるわけではありませんが、内定者にはかなりインターンシップ生が含まれています。 インターンシップ生でもリク面で落ちることはよくありますが、リク面で落ちた、呼ばれなかった就活生も1次面接には呼ばれます。

 つまり、そのときに面接官をした1人の判断だけで不採用、とはしないということです。

 やはりインターンシップ時の活躍があると印象に残り、リク面で落ちても一次面接、二次面接で生き残ると有利に働くようです。

 インターンシップで活躍し、リク面でうまくいくと面接解禁日に内々定をもらえるという、 就活の短期決戦も可能な会社です。そしてリク面でうまくいかなくても敗者復活戦がある珍しい会社ですね。

 しかし大阪ガスのインターンシップは敷居が非常に高く、 インターンシップの面接ですら倍率はかなり高いものとなります。

 

ゴールドマンサックス、UBSなど外資系投資銀行

 アメリカ等では内定直結のインターンシップがよく行われており、 日本で採用活動をするにあたっても内定直結インターンシップを行うことが多いです。

 外資系企業は経団連に所属しませんので、堂々と内定直結インターンシップを行うことができます。 むしろ外資系企業はインターンシップを通じて採用するという理想的な採用選考をしています。 一緒に働いてみて、いい人材だと判断したら内定を出す。これこそ就職後のギャップの少ない採用選考だと思います。

 しかし日本の会社はこういった採用選考を嫌います。エントリーシートを提出させて、面接をして、内定を出したがるのです。 こういう面では外資系企業の就活と日本の企業の就活では大きく違うと思います。

 

電力会社のインターンシップ

 電力会社のインターンシップ内定直結です。 というのは何も「インターンシップに参加したから内定」というわけではなく、 インターンシップの選考でいったん勝ち抜いた人たちがインターンシップに参加できるわけです。

 つまり、インターンシップ参加者というのは面接を一度勝ち抜いているわけです。 そりゃあ本選考でも面接を勝ち抜きますわな。しかし、インターンシップで活躍できなければむしろ参加経験が逆効果になります。 「内定をもらうつもり」ではなく、「電力会社の仕事がどんなものか知りたいから」という理由でインターンシップに参加しましょう。

 

鉄道会社のインターンシップ

 こちらのインターンシップ内定直結に近いものがあります。 インターンシップに参加する=早くからこの会社を意識している ということなので、 熱意はまず伝わります。

 そしてこういった会社は人気なので、大量の志望者の中から選考するにしても、 インターンシップの面接を通過し、一緒に働いたことのある就活生は光って見えます。

 内定者にもインターンシップ生が多く、参加が有利に働く場合があることを示しています。 あなたが仮に人事担当者だったとして、エントリーシートの顔写真しか知らない就活生と、 インターンシップで一緒に働いたことのある就活生では後者のほうが輝いてみえるのも当たり前だと思えるでしょう。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、先輩就活生の情報が蓄積されています。



 

キャリアパーク

 そして、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」